topimage
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 日々のこと
CATEGORY ≫ 日々のこと

地域創生、地域活性って、、??

昨日のこと、面白い記事があったよ、、と教えてくれたネットニュースの記事。
思わず、その通り!と一言一句になっとく!!
ケンシロウに秘孔を突かれ動けなくなった心境ですわ。

その記事はコレ!
ずばり!「地方は儲からないイベント地獄で疲弊する」ってやつ。
(興味ある人はこちらをクリックしてね!)

そして、この方の書く記事はすべて興味深い、、
(興味ある人はこちらをクリックしてね!)

これから先は、愚痴りまくりのブログ、、。
愚痴っていうか、私の本音かも、、。
辛口痛烈批判毒舌、吐きまくりのブログだけど興味ある人は読み進めてみてねん!

-------------------


私たちのように、廃れた観光地で事業を始める若者は、町おこしだ!地域創生だ!と駆り出され、
あれこれ会議や集まりに出て意見を言わされ、言ったらやらざるを得ない状況に追い込まれる、、。
それに、若いから参加して、、と言われ興味もない事業を手伝わされても心から楽しめないと続かない、、
いやいやながらするから、アイデアも出てこない、、。

この記事の著者も書いてるけど、

地域活性の現場は、本業がある中で、ボランティアとして協力する人がほとんど、
ある一定の量を超えると、これ以上はできない、、と若手がますます離れる。
活性事業ばかりに付き合いすぎて、本業が傾いてしまったという事業者もいる、、。

う~ん、これは他人ごとじゃない!

ちょっと一度立ち止まって、あれこれ整理整頓しないといけない気がする。
私もちょっと突っ走り気味だけど、冷静になってみる必要もあるのかな?
もちろん、勢いや、熱意、突っ走ることも必要、、冷めて冷静であっても、これはこれでスタートを切れない。

それにしても、

今どんなエリアも地方創生、観光、インバウンド、、日本全国おんなじことをしている。
よその真似事、、行政は数字が命、、数字といっても収入ではなく、どれだけ来たのか、、
通り過ぎた人までカウントし、数字が伸びたというけれど、、
それじゃ、潤わないんだよね。
大山だってそうでしょ、、、大型バスで来る、大きなグループのインバウンドの受け入れを!
と言ってるけど、それじゃ、私たちは苦しいだけ、、
これでは、何も改善しない、、。
潤わないから体力(資金力)もなくなり、気力(やる気)もなくなり、人手(若者)もなくなり、
イベント(古来からの祭りなど)も、事業(廃業)すらやめてしまう。

でも、
人通りのない大山寺エリアを夕方歩くと、誰もいないさみしさより、
静寂の森を一人であるく贅沢を、そして遠くに見える米子の夜景に、海に消える漁火に心を癒される。
誰もいないっていいな、、、
ここにあふれるような観光客を呼びたいのかな??
と自分自身に問いかける。

きっと景気の良かったころ、どこも人にあふれ、賑わい、商売繁盛だったころの、幻想をみんなが覚えてるから、
なんか、その時代にもどらなきゃ、、と無理やり思ってるんじゃないのかな?
なんでそんなに地域活性が必要なんかな??

なーんて、、商売してるのに、そんな考えじゃダメですね!

若いころ、広告代理店で働いてました。
商品のパッケージデザインからイベントの企画、、まさに、地域おこし活動をやってました。
シャッター街の問題、祭りの復活、、
今から20年も前の話ですよ、、。
私が携わってたシャッター街は、今でも変わらずシャッター街、、。
な~んも変わらん。

当時若者が地域活性だ!とオープンした店はすべて消え、
相変わらず、昔からある店が、細々と商売している。
そこにゲストハウスができて、若者たちが地域おこしをして盛り上げてるけど、
もう地域おこしはエンドレス、やっても次々とノルマが与えられる、営業マンみたい、、
そう、営業マン。
ノルマに追われ、残業に追われ、ストレスを抱えていたサラリーマン時代、

10年先に光が見え、やっててよかった、、と言えるのなら私は会社を辞めない、、

と言ったのだけど、上司に、何年たっても変わらない、、といわれ辞表を提出!
そう、、不毛な世界、負のスパイラル、、、。
地域活性の先には何があるんだろうか???

それにしても、何で、そんなに活性しないといけないの??
誰が言いだして、誰が操ってるの??

まぁ、、観光地で食べてる私ですからね、そんなこと言っちゃおしまいだけど、、
ちょっと改めて考えてみる。

10年以上も前のこと、大型老舗温泉旅館が立ち並ぶ、おとなり島根県の玉造の話。

景気のいいころに、コンサルティング会社が、
どんどん設備を大きくし、旅館の中ですべてがそろう囲い込みという手法で儲けることを提案。
大きな借金を抱え、どの旅館も大きく設備投資をした後に、景気が傾く、、。
お金を貸してくれた銀行からそっぽを向かれ、倒産、、。

そんなことがありました。

もしかして、地域創生という補助金に群がる都会から来たコンサルティングうんぬんが
地域活性の名のもとに金儲けをしてるんじゃないのか??
(↑疑いすぎ!こうなると何も信じられなくなるけど、、)

我々、そういったものに踊らされてないのだろうか??

セミナーやら、シンポジウムやら、なんからかんやら、たくさんお誘いが来るんだけど、
そんなのに、出てくる人はみんな、地域創生なんとかプランナーとかいう肩書。

正直、成功例を聞いてもあんまり参考にならない、
いかにその人が、復興に尽力したかって話ばかり、、
失敗例を聞いてみたい、、
きっと、潰した事業の上の ほんの一つの成功例だけなんだろうね、、、。

あぁ、、、こんな話をしてたら朝から心がすさむ、、。


ま、いいか、私は自分で事業を起こし、お金もなんとか回して、とりあえず何とか食っている。
お金はないけどアイデアと、支えてくれる仲間とお客さん。
こんな場所を作ってほしい、、というみんなの意見を参考に、ちょっとづつ手直し。
資金もあまりかけずにできる範囲で、ちびちびと、、。

大山全体がよくなって盛り上がっていきたいけど、
先ずは、自分の目の前のことをやっていくべし!
どか~んと大きなイベントをするよりも各事業所が、
先ずは、自分のお客様のために、、何をするべきなのかを考える、
そしたら、そのお客さんが人を連れて来るんだから、、、

先ずは、そこんとこが大事!

新しい商品開発も大事だけど、物のつながりよりも人のつながり、、

そう、、先ずは、そこんとこね、。


まだ朝の10:00、心の奥に詰まってた、泥と毒を吐いたらすっきり!
大山も姿を出してきた、、西の空は青空だ!
気持ちのいい、暖かい光が差してきた!!

よし!週末、またにぎわう大山エリア、、寿庵もにぎわいます!

先ずは大山ファンを増やす活動を、私の使命として、頑張っていくぞ~!!

IMG_2068.jpg

初スキーは14歳、、
そう言っていた長期滞在のSさん。
大山でのスキー歴は、大山のスキー場の歴史とかぶるでしょうね、、。
去年から滞在、、数回のお休みを経て、今日で72泊目。
すでに、寿庵のスタッフのように、お客さんの相手をしてくれます。

こういった大山をこよなく愛する大山ファンをもっともっと大事にしていきたいですね!

--------------

登山学校開校!!
自分なりの地域活性!
大山ファンを増やす活動の一環ですね!!

登山学校についてはこちらのブログをチェック!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビール好きにはたまらない!!

atc_1488451568.jpg

はじまりました!
地ビール飲み放題!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゲレンデ情報は
だいせんスキーリゾートのHPを参考にしてくださいね!!

【ゲレンデ営業についてのお知らせです】

豪円山エリア・上の原エリア・国際エリア・・・・・・・・・3月20日(月祝)まで。
中の原エリア・アクセスリフト・・・・・・・・・・・・・・3月26日(日)まで。

【レストラン営業】

ロッジ大山・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3月20日(月祝)まで。
中の原スキーセンター・・・・・・・・・・・・・・・・・・3月26日(日)まで。
豪円山ロッジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・終了

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豪円湯院・温泉営業について

入浴料
大人(中学生以上) 380円
子供(小学生) 300円
幼児(未就学児) 無料

フェイスタオル 1枚 100円
レンタルバスタオル 1枚 200円

営業時間
温泉・売店 
【月~木】 11:00~20:00(受付19:30まで)
【金~日・祝前日】 11:00~21:00(受付20:30まで)
食堂
【全日】 11:00~18:00(ラストオーダー17:30まで)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月まで(5月いっぱい)の予約を受け付けています。
ひそかに春の予約を受け付けてるんです~。
でも、今まだ冬のことで手一杯なので、ひっそりと受け付けてます~。
GWは早めのご予約がお勧めですよ!!!

ご予約はこちらをクリック!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎朝5:30にアップ。
その時間の大山寺エリアの様子、山の上の様子、花の情報などを掲載しております!
寿庵FACEBOOK ページは、
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

インバウンドのお客様をどうもてなすのか、、。

旅に出かけた時に、記憶に残るものはなんでしょうか?

風景?

もちろん、風景も、かもしれませんが、
例えば10年も前の旅を思い返した時に、私は風景の記憶はおぼろげで、
それよりも、その時に出会った人や、助けてもらった思い出の方がより記憶に残っています。

きっと素晴らしい感動するような絶景を見ていて、その時はものすごく感激したんでしょうけど、
今、思い返そうとすると、天気の悪い日や、ハプニングのあった日のことの方がより記憶にとどまってますね。

山もそうだわ。
数年前のお天気のいい絶景は記憶の中から消え、20年以上も前の北アルプスの土砂降りは今でも鮮明!

私だけ??
きっと皆さんもそうなのでは???

先日、シンガポールからのMさん。
大山での出会いにすごく感動し、電車の中からのメール(彼女の日本語の原文を掲載)には、

「また大山へ行きたい気がします。Ju-Anで泊まってとても良かった、悔いはないです」

「大山を登ったり、皆さんと出会って、色な話をかけて、それが元々一番の経験です」

きっと、大山での思い出は、
日本各地を回るMさんの中でもより思い出深いものになったのではないかなぁ?

先週末、寿庵の宿泊のお客様が全力でMさんをサポート。
もちろん、寿庵に集う仲間たちも!!!
雪山散策に、夕食時の国際交流に、観光まで、
私一人では対応できなかった部分を、フォローしてもらいました。

旅先で同室になった人と、一緒にご飯を食べ、一緒に観光をする、、
私もそんな旅をずっとしてました。
一人旅の良さはそこにあります。
一人だからこそ、話しかけやすいし、話しかけてもらいやすい、、。

20歳の女の子が、一人で、初日本に、初の雪体験。

そりゃ、みんなサポートしたくなりますよね!
幸い日本語が堪能だったので、より皆さんと交流がスムーズだったのかもな、、。

これが英語だと、ちょっと会話が途切れ気味に、、
でも、みなさん片言の英語で、国際交流を楽しんでいらっしゃいます!

さて、今週末はタイのお客様です。
どこまでサポートできるかわかりませんが、せっかく遠くから足を運んでくださいます。
またみんなで楽しく国際交流ができたらいいな、、、。

P3110034.jpg

Mさん様になってますね!
まるで山ガールです!
もちろん、Mさんはシンガポールからです。
山の装備はもっていません。
寿庵の仲間たちやお客さんが持ち合わせの装備を提供。
そして、一緒に山歩きを楽しみました。
(* いつも、できるわけではなく、その日、集った皆さんがサポート!)


インバウンドを受け入れろ!と国も行政も言うのですが、
じゃあ、来てもらった皆さんをどうもてなすの??
誰が案内するの??
アクセスはどうなるの??
(要注意!今月3月10日から14:50の米子駅行きバスがなくなりました!)

寿庵は大型予約サイトを利用してません。
そのため、海外からの問い合わせも少ないです。
だからこそできるのですが、
予約が確定するまでに、何度もメールのやり取りをします。
どこから来るのか、どうやってくるのか、何が目的で大山までわざわざやってくるのか、、。

そのあたりを問い合わせのあった時点で必ず確認します。
何に困ってるのか、何が寿庵でできるのか、、すでにいらっしゃる前から、あれこれサポートをします。
ネットで情報を入手してくるのですが、時々、古い情報についてメールをいただくことも、
(ネットは古い情報も出てるので混乱しますね!)
今はもうやってませんよ、、今は、そのバスは運行してませんよ、今は、そのお店は冬季休業中ですよ、、
と教えてあげることもあります。
そして、何よりも、大山に上がってきたらコンビニなどがないことを伝え、
どういったアクティビティが楽しめるのかの情報を提供します。

宿がそこまでしなくっても、、と言われますが、
私もそうやって助けてもらって旅をしていました、、なので、出来る限りのことはしてあげたいですね。

大山に来るまで、そしてお帰りになるまで、、、気になってしょうがない!
ついつい、旅のコンシェルジュになってアドバイスします。
(大丈夫なお客さんにはそこまでしませんよ~)

う~ん、誰かやってくんないかな??
英語ができて、旅のアドバイスができて、
大山を満喫してもらうようなプログラムをやってくれないのかなぁ、、。

そこんとこ、今の大山にかけてる部分じゃない??
それは冬だけでなく、グリーンシーズンも一緒。
山も、スキーも、観光も、、
大山に来るお客さんをもっともてなすことができないもんかなぁ、、、。

何も海外のお客様だけの話じゃない、、日本のお客様にも、、
何かもっとできることがあるんじゃないかな?

な~んてことばかり考えてると、次の事業展開を考えてしまう。
いやいや、、今は宿でいっぱい!
新しい事業を立ち上げるなんて無理、、
あ、NPOとか??
なんか、インバウンドってことで補助とかあったりして、、、、

あ~、ダメダメ!もう宿に専念しなきゃ!!

そう、、誰か熱意のある人に、そういった組織を立ち上げてやってほしいなぁ、、。
だって、、ニーズあるもん。
海外のお客様は着実に増えてるもん、、
有名予約サイトを利用してない寿庵ですら、海外からのお客様の問い合わせがあるくらいだもん!

そう、4月も、5月も、6月までも、、
すでに海外のお客様の予約が入りだしていますよ~!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、
実はすでに7月まで(6月いっぱい)の予約を受け付けています。
ひそかに春から初夏の予約を受け付けてるんです~。
でも、今まだ目先のお客様のことで手一杯なので、ひっそりと受け付けてます~。
GW、山開きは早めのご予約がお勧めですよ!!!

ご予約はこちらをクリック!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビール好きにはたまらない!!

atc_1488451568.jpg

はじまりました!
地ビール飲み放題!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゲレンデ情報は
だいせんスキーリゾートのHPを参考にしてくださいね!!

【ゲレンデ営業についてのお知らせです】

豪円山エリア・上の原エリア・国際エリア・・・・・・・・・3月20日(月祝)まで。
中の原エリア・アクセスリフト・・・・・・・・・・・・・・3月26日(日)まで。

【レストラン営業】

ロッジ大山・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3月20日(月祝)まで。
中の原スキーセンター・・・・・・・・・・・・・・・・・・3月26日(日)まで。
豪円山ロッジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・終了

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豪円湯院・温泉営業について

入浴料
大人(中学生以上) 380円
子供(小学生) 300円
幼児(未就学児) 無料

フェイスタオル 1枚 100円
レンタルバスタオル 1枚 200円

営業時間
温泉・売店 
【月~木】 11:00~20:00(受付19:30まで)
【金~日・祝前日】 11:00~21:00(受付20:30まで)
食堂
【全日】 11:00~18:00(ラストオーダー17:30まで)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎朝5:30にアップ。
その時間の大山寺エリアの様子、山の上の様子、花の情報などを掲載しております!
寿庵FACEBOOK ページは、
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

真冬に逆戻り~。

お昼、時計を見ると13:00、、気温マイナス4℃

さっぶ~!

外を見ると吹雪、、、

さっぶ~!!

ゲレンデのカフェへ気分転換に出かけようと思ったけど、この風の中、この気温の中、この雪の中、、
出かける気力がない!!!

本気で、さっぶ~!

3月に入り、春めいてきてたので、身体がこの冬への逆戻りについてこない!
春スキー(雪がグサグサ)を覚悟のスキーヤーも思わぬ雪に喜んでるでしょうね。

でも、今現在ホワイトアウト状態、。
ゲレンデの人も、今頃きっと建物内に避難中かもな、、。

宿周辺でこの風にこの気温、
さすがに、山の上はやばいくらいの風とやばいくらい寒そうだわ、、。

IMG_2038_20170307124358d9a.jpg

大山まだまだ雪景色。
今月いっぱい、雪を見れそうですね!!!

さて、、麓の方では、いつものこれが始まってますね!

atc_1488451568.jpg

でた~、地ビール飲み放題!
私は(お酒を飲めないので)あんまり恩恵にあずかれないですが、
運転手を頼まれる代わりにおごってもらうこともしばしば、、
ということでは、恩恵にあずかり中~!
この春もゴチになります!

さて、4月になると、ちょっとお休みをいただきます!
4月第2週目、ん?第3週目なのか?
10日午前10:00~15日午後15:00までお休みいたします。
この期間、留守がちになります。
Facebookもお休みする可能性が!
みなさま、何卒よろしくお願いいたします!!!!

4月16日(日)大山の春の一斉清掃です。
今年もチーム寿庵で参加予定!

4月23日(日) 登山学校の第一回開催日です。
詳しいことはすでに決定いたしました!近日中に募集を開始いたします。
定員数は6名~10名まで、野外活動内容によって募集人数は変更いたします。
こちらも楽しみにお待ちくださいね!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゲレンデ情報は
だいせんスキーリゾートのHPを参考にしてくださいね!!

【ゲレンデ営業についてのお知らせです】

豪円山エリア・上の原エリア・国際エリア・・・・・・・・・3月20日(月祝)まで。
中の原エリア・アクセスリフト・・・・・・・・・・・・・・3月26日(日)まで。

【レストラン営業】

ロッジ大山・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3月20日(月祝)まで。
中の原スキーセンター・・・・・・・・・・・・・・・・・・3月26日(日)まで。
豪円山ロッジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・終了

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豪円湯院・温泉営業について

入浴料
大人(中学生以上) 380円
子供(小学生) 300円
幼児(未就学児) 無料

フェイスタオル 1枚 100円
レンタルバスタオル 1枚 200円

営業時間
温泉・売店 
【月~木】 11:00~20:00(受付19:30まで)
【金~日・祝前日】 11:00~21:00(受付20:30まで)
食堂
【全日】 11:00~18:00(ラストオーダー17:30まで)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月まで(5月いっぱい)の予約を受け付けています。
ひそかに春の予約を受け付けてるんです~。
でも、今まだ冬のことで手一杯なので、ひっそりと受け付けてます~。
GWは早めのご予約がお勧めですよ!!!

ご予約はこちらをクリック!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎朝5:30にアップ。
その時間の大山寺エリアの様子、山の上の様子、花の情報などを掲載しております!
寿庵FACEBOOK ページは、
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

快晴の大山です。

DSC04155.jpg

今朝のご来光です。
ご来光登山の後はゲレンデへ、、、大山を満喫中のIさんから写真をいただきました。

そして、元谷のKさんから早速写真が送ってきました。

17124795_1757631731220869_1115832408_n.jpg

青空~!!!

日があたるとぽかぽか気持ちいい、、。
館内でじっとしてると寒いけど、外はあったかい!!

朝から多くの人が山へ登っています。
Sさんから寄贈していただいた、、コレ↓↓

IMG_2032_20170304112407ff9.jpg

夏山登山道を行きかう人が見えますね。

ゲレンデへも多くの人が向かっています。
いいお天気です。
つい手を止めて、外を見ちゃいますが、急いで掃除をして今日の準備をしないと、、。

急げ~!
時計を見るともう昼前、、、

急げ~!
間に合わなくなっちゃっう~!!

今夜もにぎわいそうです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゲレンデ情報はだいせんスキーリゾートのHPを参考にしてくださいね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豪円湯院・温泉営業について

入浴料
大人(中学生以上) 380円
子供(小学生) 300円
幼児(未就学児) 無料

フェイスタオル 1枚 100円
レンタルバスタオル 1枚 200円

営業時間
温泉・売店 
【月~木】 11:00~20:00(受付19:30まで)
【金~日・祝前日】 11:00~21:00(受付20:30まで)
食堂
【全日】 11:00~18:00(ラストオーダー17:30まで)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月まで(5月いっぱい)の予約を受け付けています。
ひそかに春の予約を受け付けてるんです~。
でも、今まだ冬のことで手一杯なので、ひっそりと受け付けてます~。
GWは早めのご予約がお勧めですよ!!!

ご予約はこちらをクリック!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎朝5:30にアップ。
その時間の大山寺エリアの様子、山の上の様子、花の情報などを掲載しております!
寿庵FACEBOOK ページは、
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

大山は誰のもの??入山料は??

さて、大山は誰のものか考えたことがありますか??

みんなのもの、、と言いたいし、私だけの、、とも言いたいけど、
きちんと所有者がいるわけですよね、、。

なぜそんな話を急にしたかというと、、

こんなニュースをネットで読んだからです。

「霊峰・富士山は誰のものか?」

以下、そのニュースを添付しますね!
この記事を読んで、皆さんはどう考えますか????

*今日のブログは活字だけ、、。
しかも添付した記事のみ。ネタがないわけじゃないけど、書く時間がない、、ということで、
本日は手抜きブログですね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 霊峰・富士山の頂上は誰のものか?

日本人の心の山としてあがめられてきた象徴だけに、一見、国有地だと思われがちだが、
正解は富士山本宮浅間(せんげん)大社(静岡県富士宮市)の所有地であるという。
 8合目以上の多くが浅間大社の境内にあり、何十年と争われた裁判でも「私有地化」の判決が示されている。

富士山は県境も明確になっていないが、富士山に限らず、ハイカーに人気の山や国立公園内にも
個人や法人の民有地が複雑に入り組むケースが珍しくない。

そうした山では環境保護などの協力金名目で入山料を徴収されることがあるが、
必ずしも登山客の理解は得られていないようだ。

 国内には33カ所の国立公園があるが、全体の約4分の1は「民有地」といわれる。
例えば、ミズバショウの群生で知られる尾瀬(群馬県片品村)特別保護区の多くを東京電力が保有している。

 2011年3月の福島第1原発事故以来、世間の非難にさらされているが、
東電が尾瀬一帯で水力発電の建設を進める中、
この地の植生保護に「企業の社会的責任」として尽力してきたことはあまり知られていない。
至仏山を望む「東電小屋」(冬季閉鎖)は、東電が管理・運営する山小屋として
ハイカーらに現在も親しまれている。

日本の環境保護の発祥地としても知られる尾瀬に、かつて入山料の導入が俎上に上がったが、
「入山者減につながりかねない」と観光面での打撃に配慮して入山料構想は断念となった経緯がある。

そもそも入山料には入山客を規制して、周辺の環境負荷を抑えるという狙いがあり、
日本では屋久島(鹿児島県)や白神山地(青森と秋田の県境)などの世界遺産で導入されている。

年齢を問わず登山ブームが広がる中、登山者の自由意思で「入山協力金」という形で徴収する所もある。

ここ数年、首都圏のハイカーに人気の「長瀞アルプス」(埼玉県長瀞町)。
多くの私有林を抜けて宝登山の山頂に向かう途中、「環境整備協力金」のポストに遭遇する。
地権者の一人は「環境保護や山道の維持管理のために協力金という形で負担をお願いしているが、
こちらが整備を始める前からハイカーらによって道が作られた」と内情を明かす。

 山の地権者は「私有地である山に入るな」とは言わない。
なぜなら、「山の公共性」に理解を示しているからだ。
一方、100円という廉価な額だが、協力金を徴収する意図を理解できずに
素通りするハイカーは少なくないようだ。

 拝観料は当然のように支払うが…

「日本百名山」の一つ、標高1377メートルの伊吹山(滋賀県、岐阜県)でも、
2015年5月から1人300円の「入山協力金」が本格導入された。
ところが、2年目に入ると、協力者数と総額のいずれも激減した。
伊吹山は日帰り登山可能な低山のため、登山口周辺にはマイカー利用者への
駐車場(1000円)の看板も目立つ。
駐車料金に加え、入山の協力金…次々と負担を強いられるためか、一部の登山者から不満が絶えないようだ。

一方、「京都のお寺に拝観料があるように、登山にも入山料が必要」と持論を展開するのは
登山家の野口健氏である。
神社仏閣を訪れるたびに数百円単位の拝観料を払うことに抵抗しないのに、
日本が誇る山岳風景を維持するための入山料・協力金を渋るというのは寄付の精神という点でバランスを欠く。
言葉は悪いが、さもしく映る。

「山の日」(8月11日)施行から2年目を迎える中、
登山に対する知性や教養、そして「登山は無料ではない」という発想の転換が
すべての登山者に突きつけられている。
登山を楽しみながら、山の環境問題とどう向き合うのか。
入山料を徴収する側も、わずかなお金とはいえ「用途」をはっきりと示すことは最低限のルールといえるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もし、大山に入山料が必要になったらどう思いますか??
そして、山が誰の所有か知ってますか??

大山は林野庁の所有だと聞いています。
そこへ、県の管理している登山道と小屋があると聞いています。
つまり、林野庁の管理下にあるってことですね。
(う~ん、、私も結構あいまい!環境省のレンジャーのAちゃんに聞かねば!)


今、大山隠岐国立公園は環境省の国立公園緩和政策のモデル地域になってます。
多くのインバウンドのお客様を受け入れるために、今までの規制を緩和して、
もっともっと人を呼びこもう、、と国がしています。

多くの人に大山を知ってもらいたいし、大山を満喫してほしい。
でも、みんなの大山をめちゃめちゃにしては欲しくない!
大山には来てほしいけど、
自然が好きな人だけに来てほしい、、
ゴミを出してほしくないし、汚してほしくないし、
静かに鳥の声を聞きたいのに、大声で話をしないでほしい、、。


商売を考えたら、じゃんじゃん来てね!

と言いたいけど、誰でもかれでも来てほしいわけじゃない。
複雑だなぁ、、、。

そして、入山料も、、。
払うべき、、という気持ちの方が強いけど、
じゃあ、自分が毎週大山に来るのに、その都度負担を強いられたら、来る回数が減るかもなぁ、、。
などとも考えてしまう。

ニュージーランドでは、一年間のパス券を購入して、それで、トレッキングを楽しんでました。
当時、10年前で4000円くらいだったかな??
テント場でテントを張るときに、パス券をわかるように提示。
これで、一年間、カテゴリー2以下(カテゴリー1はミルフォードのような有名ルート)の場所なら、
どこでもテン場でテントが張れた気がします
持ってなかったらその場で罰金を徴収されました。
これが、入山料みたいなものだったのかもしれませんね。

なんかそんなようなものを考えたらどうかなぁ???

一回くらいしか来ない人にはその都度、入山料をもらう。
でも、毎週、毎日来る人には年間パス券を購入してもらう。
例えば、5000円とかね。
そのお金が大山のために有効に使われる、、と考えたら、惜しいお金じゃない気がしますね!

どう?
納得??
そうでもない??

でも、これは、本気で話し合う時期に差し掛かってるんじゃないでしょうか??
山ブームになっている昨今、登山者が増えるからこそ、対策が必要なんじゃないかな????

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゲレンデ情報はだいせんスキーリゾートのHPを参考にしてくださいね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豪円湯院・温泉営業について

入浴料
大人(中学生以上) 380円
子供(小学生) 300円
幼児(未就学児) 無料

フェイスタオル 1枚 100円
レンタルバスタオル 1枚 200円

営業時間
温泉・売店 
【月~木】 11:00~20:00(受付19:30まで)
【金~日・祝前日】 11:00~21:00(受付20:30まで)
食堂
【全日】 11:00~18:00(ラストオーダー17:30まで)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月まで(5月いっぱい)の予約を受け付けています。
ひそかに春の予約を受け付けてるんです~。
でも、今まだ冬のことで手一杯なので、ひっそりと受け付けてます~。
GWは早めのご予約がお勧めですよ!!!

ご予約はこちらをクリック!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎朝5:30にアップ。
その時間の大山寺エリアの様子、山の上の様子、花の情報などを掲載しております!
寿庵FACEBOOK ページは、
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)