topimage
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP日々のこと ≫ まちづくり視察〜玉造温泉〜

まちづくり視察〜玉造温泉〜

大山春の一斉清掃のご案内

4月17日(日) 9:00〜 雨天決行

毎年恒例の一斉清掃です。
大山寺の大型駐車場周辺のゴミ拾いを行います。
ゴミ袋、軍手は配布します。
大山ゲストハウス寿庵で申し込みます。4月6日(水)までに、ご連絡ください。
メールで、、Facebookのメッセージで、、電話でもOKです。
ご協力よろしくお願いします。

………………………

雨降りの場合は合羽を着ての作業になります。
9:00に博労座 第4駐車場 に集合となりますが、まずは寿庵に集合でもOKですので、
気軽にご参加くださいね!!
作業自体は簡単なゴミ拾いです。2時間程度で終わると思います。
お弁当持参でいらっしゃったら、お茶、珈琲、おやつ はご用意しますので、
食べながら山の話でもしましょう〜!

…………………………………………………

4月2日(土) ブナの森ウォークしませんか?

地元の山屋さんが、一緒に歩きませんかと声をかけてくださいました。
健康の森(大山南壁を望む奥大山の景勝地、鍵掛峠にほど近い登山口)より入山します。
車からでたらすぐ、ブナの森ですよ〜!
まだ雪がありますので、雪の上を歩く装備できてくださいねー。
装備と言うと大げさかな?
私も行くつもりなんだけど、、長靴で行こうと思ってるくらいです。
もちろん、登山靴、スパッツなどあった方がいいですよ!

9:00に寿庵集合。
15:00ごろに、解散予定。
お弁当(わたしゃ、お湯とカップラーメンとおやつかな?)持参でよろしくお願いします。

*雨が降ったらやめます!!という軟弱な計画です。

好評であれば、
月1くらいで 寿庵に出入りする山屋さんと一緒に歩こう、、という他力本願な企画をしようかしらん!
まぁ、、地元の山屋さんが山へ行くタイミングが合えば、行こう、、くらいな自己責任の企画ですので、
そこんとこ、よろしくお願いします。

………………………………………………

本日、大山寺の旅館さん、飲食店さん、観光協会さん、、と一緒に、
お隣島根県の玉造(たまつくり)温泉へ、視察へ行ってまいりました。
先週は出雲大社の神門通りへの視察もありましたが、連休直後の日だったために、
万が一お客さんが入ったら出れない、、、、と思い参加しませんでした。
(連休最終日、、お客さんはなかったんだけどね、、)

で、今回はさすがに、飛び込みもないであろう閑散期!喜んで( ← 自虐的に) 行って参りました。

ヅラヅラと書けば切りないくらい、涙なくしては語れない?
やっぱ、努力の賜物が今の町の活性に繋がっている、、と言うことを実感しました。

今回、すごく為になりました!
私にとっては明るい未来を見ることができました、、いえいえ、私だけじゃなく、
大山寺エリアにとっては希望が見えたのではないでしょうか?

と言うことで、以下は私の今日のまとめ的ブログ、ほとんどつぶやきや愚痴?ですけど、興味あればどうぞ!
読む気がなければ、再び****** 以降をお読みくださいませ。

**************


(桜が咲き始めてました、お天気も良く、思いっきり観光客気分を味わいました)


(川沿いをのんびり散策、ポカポカ気持ちよかったですね)

私の地元は島根県です。
玉造、、、といえば、子供会のプールで夏休みに行ったことがあり、そして、家族で泊まることもありました。
もう30年近く前なので、きっとまだ賑わっていた頃なんでしょうけど、
でも、当時の私の印象は、怪しい夜の町、、、、でした。
なんだか、怪しげな店があり、おじさんたちがうろついている、、、
そう、団体旅行で、しかも男性目線の町づくりだったんじゃないでしょうか?
確かに、そんなのが流行ってた時代があったんでしょうね、、、、。

書きたいけど、書くなんてハレンチだわ!ってな感じの店、、わかりますかね?

で、大型の旅館が立ち並ぶ印象ですね。
出雲大社の大遷宮の前に、玉造の大きな旅館が倒産した!と言うのは大きなニュースになったのですが、
まさに、その頃(平成19年あたり)は、今の大山寺エリアのように疲弊していたと思います。

その時に思ったことは、
大遷宮があるし、観光客が来るだろうに、、倒産したんか、、
だったと思います。
でも、玉造はすでに寂れた感じがあったので、大遷宮があっても、特に関係ないかな、、、
とも思ってたと思います。

で、平成25年の大社さんの大遷宮の時に、大山の宿に来るリネン屋さんが、
「玉造が忙しすぎて、リネンが間に合わない!大山寺に回すレンタルリネンが足らないので、キープするんが大変!」
と言われました。
「もう、先1年くらい満室らしいわ!」
とも、、。
へぇーそんなに来るんだ!さすが、出雲大社パワー!
当時、大山寺の宿もおこぼれがあり、出雲大社へ行ったお客さんの宿泊もありました。
今思えば、大神山神社だって、大社さんと同じ大国主を祀っています。
その辺を無理くりつなげてでも、アピールすれば、
おこぼれ、、ではなく、お客さんも来てくれたんじゃないかなぁ、、。
(まぁ、、後の祭りですけど)

でも、玉造も聞けば大遷宮の恩恵だけではなく、努力もしっかりされていたようです!(当たり前か!)

そこに、やっぱりリーダーシップを発揮できる人材があったことは大きなことだとは思います。
経営コンサルティングなどと、他より呼んできたわけではなく自分たちでいろいろ考えたようです。
もちろん、平成19年以前はそういう専門の人を呼んで、アドバイスを受けていたようで、
その考えが、
宿を大きくして、宿の中で全てができるような囲い込み方式にして、
自分の所だけが儲かるというやり方へシフトさせていったようです。
バブル崩壊以前の儲かってしょうがない、、、という状況であったわけで、
もっと儲けたい、、という欲が破滅に繋がったのかもしれないなぁ、、、
あぁ、、これは、耳の痛い話じゃないですか?(大山寺エリアの皆さんも!)
そんなような、コンサルティングのおかげで、バブル崩壊後、一気にどん底へ落ちて行った温泉街。
囲い込み作戦をした為に、小さな店が潰れ、歩いても何もない温泉街、、、になったんです。
あぁ、、どこにでも起こるよくある話。
自分の所だけが、、という考えが、やっぱ、破滅する伏線を描いてる気がしますね。

「歩いてもつまらない温泉街」

を打開するために、まずは、補助金利用の店舗展開を始めたようです。
確かに、、補助金があれば初期投資分が助かるので、それで店をバンバン増やせばいいじゃない!
と、ついつい私も思いますね。
だって、大山寺エリアを歩いていて、店がないなぁ、、空き家ばっかりでつまらない!って思いますもん。
そんなら、店増やせばいいじゃん!って、、私でもそう思ってます。
立ち寄れる楽しい場所があれば、、、、と。

ところが、
補助金を出しても店は倒産してしまい、結局どこも閉店したようです。

だって、、《結論》歩いている人がいないから、店に入る人がいない、、、、だったようです。

ドキっ!大山寺エリアもそうじゃんか!季節が季節なら誰も歩いてないじゃんか、、、。
店があればいい、、って問題でもないのか?

で、
新しく地域を盛り上げるためのプロデュース・マネジメントを任された観光協会の方(*)が、
目をつけたのが、「来る目的、、を作る」
だったようです。

*この人のリーダーシップと着眼点が素晴らしい!
結局はプロデューサーになる人の熱意と能力か?ってな気になってしまうわ。

ターゲットを決め(都会から癒しを求めてくる女性20代〜30代)、そこへアピールできる何か、、。

それが、今では有名になった「願い石・叶い石」なのですが、
もともと神社にあった願い事を叶えると信じられている「石」をうまくアピールに成功。
口コミで徐々にお客様に広がって行ったようです。

ん?
まてよ、まずは「目的づくり」なんだけど、
大山寺エリアって、、いっぱいあるじゃんか!!何も今更改めてアピールしなくっても!!
だって、、
まずはそびえる「山」がある!!
勝手に広告塔してるじゃないですか?広範囲に渡って見ることのできるまさに巨大看板?です!
それに、「お寺に神社」!
そんでもって「スキー場」!!

玉造が「願い石・叶い石」を売り出した時に、るるぶ という有名観光雑誌にのせてもらい火がついたようですが、
編集部の方に、
「ようやく、雑誌で取り上げたいものが出てきた!」
と言われたようです。
私も、ちょっとは編集の仕事をかじったことが、、ネタがあればどこにでもいきますよ!
だって、雑誌などに載せる面白情報は常にアンテナを張ってるわけですから、、

大山の記事を旅行雑誌で見ることはあるのですが、ネタは基本おんなじ。
だって、雑誌としていい感じに紹介できるものはもう限られてます。
旅行者に興味を持ってもらえる、そんな場所や体験、美味しい食事、、、いくらでも取り上げてくれるはず!
でも、大山寺エリアの情報が少ないってことは、、取り上げたくない、、てことだよなぁ、、。


(平日だけど人が歩いてますね。お店も常に人の出入りが、狙ったターゲット通り、若い女性が多かったですね)


そして、私が今回、感銘、、というか、そうそう!と頷いたのは、

「温泉に敬意を払うこと」

とおっしゃった時です。
儲けとか、売れるにはどうすればいいのか?商品が売れて、利益がいくらあるのか、、
などと算盤ばかりを弾いてた時には、温泉に敬意を払う、、という感じではなかったようです。

温泉があるから、、、、○○できる、、

それから着眼点が変わったようでした。

そう、私たちは、山があるから、、雪が降るから、、、
という気持ちを持って、敬意を払わないと行けない気がしますね。
(もちろん、常に敬意を払ってます!寿庵は山があっての宿ですから!!)

そして、

「働く人が楽しく」

玉造の観光協会さんや地元の温泉旅館が出資して会社を立ち上げたようですが、
最初はなかなか起動に乗らなかったようですね、、
(ドキっ、、大山寺にも同じような経緯でできた合同会社があったんですが、、、、、うーん、いまどうなってる?)
今では売上もよくなり、スタッフもたくさん雇用しているようですが、
そのスタッフが辞めない、、というのです。

あぁ、、わかります!

正直、お客さんももちろん大事ですが、スタッフを大事にしない会社はロクな会社じゃない!
と言うのが私の、それこそ20歳くらいからの考えです。

やっぱり以前ブログにも似たようなことを書いたのですが、本当に、スタッフが自信を持って、そして楽しく働いている、、それって、すごくお客さんに伝わると思います。
そんなスタッフから、ホスピタリティは生まれるわけで、いくら、マナー講習会だわ、ホスピタリティー研修会だわ、、
挙句にはてには、フィロソフィーだわ、、と経営哲学ばっかりを語る、、そんなもんは卓上の世界。
お客さんを目の前にして、どう対応できるかが大切なんじゃないのかね?
(よかった、、私は、、、経営とかを勉強しないただのバカで、だから単純に頑張れる!)

フゥ〜、、興奮してしまった!

そして、
私がもう一つ、これだよ!
と思ったことは、

「お客さんの声を聞く」

です。
来たお客さんが何を求めているのか、どう言ったものがあったら喜ばれるのか、、、
観光協会の人のみならず、町で働くみんなが、お客さんの動きを意識して、何を求めているのかを理解し、
それを一つ一つ形(商品、場所、看板など)に変えた、、と言うことのようです。


(遊び心満点の看板、、これだけでも写真を撮っちゃうわ)

あぁー!

大山に来る大山ラバーたちはいっぱいいますよ。
グリーンシーズンには、グリーンシーズン客の意見が、
スキーシーズンには、スキーシーズン客の意見が、、
寿庵では、いつもお客さんとそんな話になります。
とくに、何十年も通ってきているお客さんほど、いろんなアイデアに意見をもっていますね。
それを一個一個、形にして行けばいいじゃんか!!

なんだよ、大山寺の町おこしは全て揃ってんじゃんかよ!!
なんだよ、簡単じゃんかよ!!


うーん、今まで散々、同じような視察旅行とか研究旅行とか、勉強会とか、、
有名なコンサルティングの先生とか、料理研究家とか、どっかの大学の先生とか、、、いっぱい来たじゃんかよ!


でも、まぁ、、かけているものがあるとすれば、、、
この大山寺でリーダーシップを発揮し、みんなを引っ張るリーダーがいないこと、、なのかなぁ、、。
そして、地元の熱意、、、(最近はやばい!と思ってるから多少は必死になってきてるかな!)

そんでもって、「大山に、、雪に、、この自然環境に敬意を払ってない」んじゃないかな?
当たり前すぎる環境に、今日の空気は美味しいな、、とか、星が綺麗だな、、とか、
山が美しいな、、、ってちゃんとありがたいって思ってないんじゃないかな?
(思ってくれてると信じてはいるけど)


「儲けると稼ぐは違います。儲けるではなく稼ぐんです」

って今日言われたけど、
稼ぐは、
禾へんは、「稲穂」で、それを「家」にもってかえって分け与える、、
でも、
儲けるは、
自分の全部懐に入れる、、、「丸儲け」なんて言葉があるくらいですもんね。

つまりは、みんなの努力でみんなで稼いで分け与える、、
自分の所さえよければの儲けではダメってことなんですよー。

寿庵の開業前の事業計画書には、

「地域との連携をもち、相乗効果で地域がよくなる、、、云々カンヌン、、」

と書いてます。
考え方としては同じなんじゃないかな?
地域全体が良くなってこそ寿庵も集客ができるんです。

今回、もっとも、きっと今日の担当者が一番言いたかったのが、

「来て良かった」
「また来たいね」
「誰かに紹介したいね」

と言ってもらえるようにスタッフ、地域のみんながお客さんのためにする、、という部分です。
綺麗事かもしれないけど、
でも、自分のやっている仕事の効果がいかほどのものか、自分が会社にとってお役に立ててるのか?
なかなか実感がわかない時があるのですが、

「数字で結果を見るのではなく、その言葉をお客さんからいただいたら、
効果があった、お役に立てたんだ!とわかることができる」

という、スタンスでみんなが仕事をしている、、、ということのようです。

あぁ、、
何て素晴らしい考え方!!

うちだってそうですよ、やってることを数字で判断したら、やめたら?って結論に(涙)
でも、そうじゃない!
何臭いこと言ってんの?そんなん理想でしょ?
って言われるかもしれなけど、

「来てよかった、また来たいね、誰かに紹介したいね」

と言われた方が嬉しいかもしれない!
まだ、どんな風にやって行くべきか多少迷いのある私ですが、この言葉をいただいたら、

『自分の進もうとしている方向は間違ってない!』と自信にもつながります。

そして、

「喜んでいただいた結果のご褒美が売り上げにつながる」

と言われ、本当にそうだな!って思えました。
そう、その結果なんです。
最初っからソロバン弾いて、今日はいくら儲かった、利益が何%で、、、なんてばかり考えてたら、
そのうち、お客の顔が、札束に見えるんじゃないの?

いや、、もしかしたらそんな考えで商売してる人がたくさんいる町は発展しないんじゃないの?
だって、お客さんだって気づくはず!
そんな店には、金を使いたくないもんねぇ〜って、、。

と言うわけで、本日の結論。

****************

「町おこしはゴールがないんです」

確かに今は集客に成功し、どこも売り上げが伸びている玉造温泉ですが、
また、下降する可能性は0ではありません。
常に新しいアイデアで、どんどん展開もして行かないとダメですよね。

そして、
町全体が、

「来てよかった、また来たいね、誰かに紹介したいね」

と言われるようにやっていく、、つまりは心からのホスピタリティですね。

で、

「喜んでいただいた結果のご褒美が売り上げにつながる」

そうそう、儲けだけを考えてたらダメですね。

そして、

玉造では、お湯への敬意をはらう、、、でしたが、

大山にいる私的に言うのであれば、

「山への敬意をはらう」

ですね。

そう、寿庵ですることはまずはこれらのこと。
そうなるにはどうすればいいのか?
私は基本、同じような考えでやってきたつもりです。
でも、このように言葉で言っていただけて、自分の進むべき道はますます明確になってきました。

「継続しないと意味がないです」

と言われましたが、それを継続させる方が大変なんですよね。
玉造では、平成19年からの事業が平成25年の出雲大社の大遷宮に後押しされ、
そして、10年目、今だその熱が冷めやらない、、
というか、もう、大社さんを持って来なくっても玉造温泉のみなさんが継続していた事業が、
きっと実を結んできたのでしょうね、、。

そう、寿庵だって、継続させねば、、まずは3年、そして、5年、10年ですね。

そうなんだよね、、
寿庵だけであれば、私一人のことなので、正直簡単かもしれません。
でも、大山寺エリア全体で盛り上がらないといけない、、、、
そこが結局はまちづくりとして考えた時に難しいんだよなぁ、、。

今はバラバラとそれぞれがそれぞれでやっている感じ、協力しているようで、なんだかそうでもない、、。
祭りをやってても、イベントをやってても、清掃活動をやってても、
誰のためにやっているのか?
頼まれたから渋々やってるのか?
面倒だけど仕方なくやってるのか?

そう、お祭りや清掃活動であれば、お寺や神社、そして、信仰の山である大山に敬意を払わないといけない。
そして、イベントであれば、お客様のためにやらないといけない。

まずは、そこからの改善が求められる私たちかもしれないですね。

基本的な所、、そこがまずは町おこしの一歩なのかもしれませんね。

あぁ、、、
なんか言いたいことを文章にするってあれこれ混乱するなぁ、、、
伝わったのかいなぁ、、、、文章が長くって伝わらないよね!!

ってな人は、

地方創生!玉造温泉ビフォーアフター

で、今日聞かせていただいたお話をyou tube で見ることができまーす!!
おーい、、最初からこれを見せてくれー!ってな感じですね。
引っ張ってごめんなさい!
私の文章は、今日の話を私的に解釈したものですので、多少違ってたらごめんなさいねー!

でも、
結論は「熱意・情熱」のある人間がどれだけいるか、、、という気もしてきた。
熱意はあっても、でも、一人だけでは意味がない、
やろうとする情熱のある人間の足を引っ張らずに、周りがサポートし協力し、一丸となる、、。

足を引っ張らない、、、、、か、、、

そこが一番難しかったりして、、、、(苦笑)

それにしても、
迎え入れてくださった観光協会の方達のもてなしが素晴らしかったわ。
あの姿が、お客さんにも伝わってるんでしょうね。

ほんと、今日は勉強になることがたくさんなりました!

玉造のみなさん!お世話になりました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


GWの問い合わせが増えてきています。
問い合わせフォームのみでの問い合わせは予約確定ではありませんので、ご注意ください!!


6月までのご予約承り中〜!

GWのご予約を受け付けています

宿泊予約の方はこちらをクリック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月16日(水)の
登山情報!

大山ガイドクラブさんの情報提供 ヤマケイオンラインへ。
*更新されてない場合もありますので、日付を確認しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寿庵FACEBOOK ページ♩
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)