topimage
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP日々のこと ≫ 問われる山でのマナー(ガイドクラブさんより)。

問われる山でのマナー(ガイドクラブさんより)。

昨日のブログの冒頭を引用させていただきたい、、。

一日一日でこうも天気が変わるのか、、
というくらい、昨日と打って変わって、快晴! → 雨模様!
青空! → 灰空!白い山 → 見えない山!

本当に自然相手とは言え、コロコロ気分がお変わりのようで、、。

街中で建物内で勤務していたら、雨なのか晴れなのか、それすらわからない。
それと比べたら、季節を感じることができ、匂いも温度も体感できる。
館内で作業中ではあるけど、窓を開ければ、大山が、、、。
幸せですね。




さて、
山屋さんの話を引きずりますが、
東京からいらっしゃった、Nさんはかなりのベテラン山屋さんのようでした。
全国へ、講習のために飛んで行き、冬山の技術を伝授されているようでした。

たまたま偶然にも、同じ日に飛び込みのYさんとTさんは地元の若者。
山岳会などには所属せずに、冬山を登っているようでしたが、
お酒を飲みながら、Nさんと山談義。
得るものがきっとたくさんあったはずです。

20歳のころに、山の会に所属していた私は、冬山へ行くのなら、訓練が必要といわれ、
それが面倒で、冬山をやらなかったのです。
生意気ですね!
今思えば、冬山の訓練や当時熱心に進められたテレマークをやっておけば、もっと幅が広がったかもなぁ、、。



IMG_3544.jpg

Nさんの持つ道具は全て年季の入った素晴らしいものでした。
ピッケルは30年もの。

使い込んで手入れして、、。

そして、フル装備を揃えがちないまどきの山屋と違って、
毛糸のセーターにヤッケを羽織る姿に、思わず
萌え〜。

私も始めた当時はセーターに高校時代の体操ジャージ。

これで、よかったんですよね。


さて、
写真と情報はガイドクラブさんより。
2月16日(月)の最新情報です。

IMG_1727.jpg

IMG_1738.jpg

IMG_1733.jpg

IMG_1737.jpg

立春を過ぎて、まもなく雨水が来ようとしている時期ですが、
この「雨水」は「空から降るものが雪から雨に変わり雪が融け始める時期」という意味だそうです。

ただ積雪量はまだまだ増えるようで、6合目避難小屋はとうとう雪で埋まってしまいました。

したがって登る目安として「とりあえず6合まで登って考えよう」というのは通用しません。
ただ傾斜が続くだけですので、平地もありません。ご注意ください。

服装を整えたり、アイゼンを履いたり、休憩するのは5合目が適当だと思います。

この5合目を過ぎると6合目手前まで潅木が少しありますがそれより上はもう何も目印はありません。
指示ポールを立てていますが、次のポールが見えない時は無理をせずにそれ以上は登らない方が賢明です。

6合目から上はその日の天候にもよりますが、別世界です。
西からの季節風がいきなり強くなり、体感温度も一気に下がってきます。
足元もアイスバーンになり、トレースも風で消されてしまいます。
すなわち自分の歩いてきた足跡があっという間に消えてしまうわけです。


山頂避難小屋の中で焚き火をした跡があるとのこと。

確かに登ってみて小屋に入ると、きな臭い匂い。
藁を焼いた跡が残っており、ざっと掃除はしてくれていましたが、
今の避難小屋が完成して30年近く経つと思いますが、初めての経験です。

しかもその焼いた藁は「頂上を保護する会」が山頂の
保全作業に使用するために持ち上げた藁です。
たぶん日曜日の夜か、月曜日の朝に焚き火をしたようです。

山でなくても常識の範囲を超えています。
今の山に登る人のマナーがここまで落ちたのかと信じられない気持ちになりました。

何かこの件で情報をお持ちのかたが居られましたら、連絡頂けたらありがたいです。

山頂避難小屋は周りが積雪で埋まり、内部が暗いです。
一部の有志の方で、明り取りの窓を2ヶ所ほど掘り出してもらっています。
ザックのすぐ取り出せるところにライトを入れておいてください。

またアイゼンは小屋の外で外してお入りください。
もちろん出る際も外でアイゼンを履いてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


セレン・寿庵のコラボ企画。

IMG_1605.jpg

「冬のスノーシューピクニック。

白銀の世界で、野外飯しよう!」



詳しくはこちらをチェック!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山の最新情報です!
登山の方は必ずチェック!!!


2月16日(月)の山頂付近、登山道の様子は、
ヤマケイオンラインより。
*情報が更新されているか確認しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゲレンデ情報はこちらをチェック!
だいせんホワイトリゾートのHPです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宿泊予約の方はこちらをクリック!

でも、忘れちゃいけない!皆様!寿庵はゲストハウスですよー!

一泊二食でも、客室で飲んで騒ぐとか、、そんな宿ではありません!
素泊まりで、部屋は布団しかありませんよ!
一日中半袖で過ごせるくらい、ぬくぬくではありませんよ!
快適なスキー宿では決してありません!!

もし、ご不明な点があれば、遠慮なくメールで、もしくはお電話で、お問い合わせくださいね。
来てから、こんなはずじゃなかった、、と思わないためにも、事前に知っておくことは大切ですね。
何卒、よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寿庵FACEBOOK ページ♩
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)