topimage
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP日々のこと ≫ 雪原歩きと雪根開き。

雪原歩きと雪根開き。

0064.jpg
巨大ミズナラの前で、、。



2日もお休みをいただいたので、スノーシューにでかけました。
お誘いいただいたのは山仲間のM氏。
大山の南側、鏡ケ成(カガミガナル)より、烏ケ山近くを歩きます。

久々にスノーシューを履くけれど、履くだけで息が切れる、、、(涙)

歩けるのかな?と、ちょっぴり不安になりながらもみなさんについて歩きました。

参加者はM氏、私のブログの改善をしてくれたYさん、
そして、トップ画面の「雪の大山」の写真をいただいたSさん、
スノーシューイベントにはよく参加されているOさん。
皆さん、地元の大山マニアです。
Sさん、Oさんは初対面。
でも、一度会えば、もう仲間です。


それにしても、気持ちがいい、、、。
真っ白な雪原を歩いて行く。
ウサギの足跡。かわいい、、。
鳥のさえずりも、、。

この時期、働くことが中心の日々ですが、時には、山へ行くのいいなぁ、、、。
キリッとした冷たい空気を、いっぱい吸い込むと、身体全体が、すーっとリフレッシュ。

冬は、こういったスノーシューイベントも考えたいですね。
ゲレンデを気持ちよく滑るのもいいけれど、自分の足でしっかり雪を踏みしめて歩くのもいいな、、。
雪があるから歩ける、、。
普段なら、こんなところ歩けやしない、、。

今回の最大の目的は、
ミズナラの巨木と、ブナの巨木に会うこと。

地図をみて、あっちでもない、こっちでもない、、、と言いながら。

どの木も、それなりに大きなサイズ。
きっと、森が古いのでしょう、、。

ミズナラの巨木に出会った時、その大きさにビックリ。
キノコ狩り行く時に、時折大きなものを見ますが、比べものにならない、、。
本当に、立派。
カメラに収まり切らないですね、、、。

ブナにも会えました。

木々からパワーをたくさんただきました。

ストレスを抱えた人、悩みがある人、、、
山を歩いてみてください。

無心になって、一生懸命歩きます、、、、時にはガムシャラに、時には苦しくって、大きく息を吸いながら、、
そして、山頂へついたとき、、、山頂へ行かなくっても、素晴らしい風景を目にしたとき、
花々、木々、鳥の声、遠くに見える家々、、、、。

色んな悶々としたことが、不思議なくらい、消えて行きます。
そして、また明日から頑張ろう!!!
きっと、前向きになれるはず、、、、。

私はいつもそうでしたよ、、、、。


さて、雪根開き、、。
聞き慣れない言葉。
冬、雪の中に佇む木々のまわりのゆきがとけ、ぽっかり穴が空いていることがありますよね、、。
これを雪根開き、とか、根開き、、と言うそうです。

北国の言葉、、
春の訪れを告げる風景、、ということですね。

木々の周りの雪が溶け、穴がどんどん大きくなる頃、
私も次の一歩を踏み出している、、。

その頃に、また巨木に会いに来たいなぁ、、、、、、。

0061.jpg
烏ケ山が見えてます。目指すは、左のちょっと丸みを帯びたところ。1180m地点です。

0062.jpg
みんな〜まって〜!

0063.jpg
道に迷ったぞー!地図を出せぇー。

0065.jpg
ようやく、目的の1180地点。眼下に広がる鏡ケ成。

0066.jpg
下るぞ〜!!
見える岩肌は烏ケ山、、ものすごい迫力でした。
残念ながら、写真では伝わりません、、、、、。

0067.jpg
雪根開き、、、、、
周りの雪の白さに比べ、木肌は黒っぽい。そのため、太陽の光をうけ、木の表面が熱をもつ、、、
そうすると、徐々に周りが溶けて行くのだそうです。
でも、「木」自体が生命力にあふれ、それで暖かいかもなぁ、、、。






日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)