topimage
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のこと ≫ 乗り越えられない壁、、。

乗り越えられない壁、、。

昨日はやたらとテンションが高く、元気(カラ元気?)だったのだけど、
夜になって、一人でいろいろ考え出すと、どんどんネガティブになってきたわたし。

ネガティブなんかにならない人生をひた走っていたのに、
自業自得、自己嫌悪、、、
ネガティブワードが次々と出てきてしまう。

冬のスキー場の住み込みバイトを終えてから、
ほとんど休まずに来ているので、もしかしたら、体力的な問題なのか、、。
息抜きをし忘れて、酸欠状態なのか、、。

それとも、やっぱり頭の中の問題だろうか、、。
脳みその容量が如何ほどかわからないけど、
私は何Mバイト?それともGバイト?の単位が使える?
フロッピーディスクくらいの容量しかないのだろうか、、、。

アナログな考え方で、一つ一つを確認しながらゆっくりとやっていくのが私のスタイル。
コピーして、ペーストするんじゃなく、
手書きで一文字一文字書き綴っていきたい、、。


え?
何が言いたいの??

ってことですよね。

同じミスを何度も繰り返す、申請書類。
わかっているはずなのに、どうも理解していない、、。

昨日の夕方。
消防署に呼び出され、ニコニコ顔のFさんが、適合通知交付をもって、渡そうとしてくれたのに、、、
喉から手が出るほど欲しい、交付書だったのに、、。

再提出した私の申請書が、私の優柔不断さが、いやいや、、認識の甘さなのか、、
またもや、おかしなミスをしている。

消防署員が3人で、私を待っていてくれて、
ようやく、交付できますよ、、、的なちょっと微笑んだ顔をしてくれていたのに、、。

私の書類を見て、
「なんでそーなるの?」
と、心の中でズッコケたに違いない!!!


何で、消防署員がズッコケタかと言うと、、、、。

昨日のブログで*マークをつけた。
客室定員数に関する話題に戻ります。

(以下長くなるので、見なくってもいいのですが、、、)

私的には、防火管理者の必要のない、旅館業定員数29人で申請したいところ。
これ以上になると、法的(消防法)な複雑な問題が出てくるので、MAX29人(当直スタッフ含む)が理想。

もちろん、一人でするので、そんなに受け入れることはなく、ベストはMAX22人。
稼働率が10%なら、一日2、3人ってとこ。

当然この話は、今になって決めたわけじゃない、、。
ずーっと前から決まっていたこと。

ただ、旅館業営業許可申請の書類上で22人で申請すると、実際28人(プラス1人=29人)を泊めることは、違法行為に当たってしまう。
だから、消防法でも、旅館業でもベストは29人と判断し、それで申請するつもりでした。



ところが、昨日検査にきた、西部総合事務所の担当Tさんから、衝撃的な話が、、、。

こだわりの相部屋の定員が、

「ベット数は6ありますが、部屋のサイズが16m2未満になるにで、定員数4人になります」

え!?
私が持っている図面では8畳が16m2(へーべ)だったので、
旅館業で定められる3m2に一人、、という規定からいうと相部屋には5人ということだった。

本来は6人定員とかんがえていた、相部屋ベットを泣く泣く5人部屋に変更したばかりだったのに、、、。


ヤヤコヤシイ、、。

とはいえ、旅館業の方の定員数で申請すべきなので、しょうがない、、4人ということに、、。
で、6畳は3人が定員、、。
これで申請すると、2階客室部分が21人。
で、一階の談話室もいざという時に客室できるように、申請、ここが10畳定員数5人。
私を含め、27人ということか、、、?

ヤヤコヤシイ、、。

でも、こだわりの相部屋、、すごく残念だ、、、と落ち込んでいると。

Tさんから、、

「旅館として申請せず、簡易宿所で申請しては?そうすると、1,5m2に1人になりますよ、、」

と、、
なるほど!
じゃあ、そうしようかなぁ、、、そうすると、せっかくのベットもフルに使える!

それなら、消防も、旅館業許可申請も29人で申請すればいいわ、、、。

と、急遽書類を「簡易宿所」と書き直し、提出。

「じゃあ、あとは、適合通知交付があってからですね、、」

ふぅ、、、ホッと一息。

のはずだったのだけど、、、、。


消防署へ、変更した申請書を提出したところ、、、。

「簡易宿所で申請されたら、また規制が変わりますよ!!!それこそ、単純にへーべ数で人数を出すので、
定員が今の2倍になるので、いくら、定員が29人と言われても、消防的にはそう判断はできません!」



??????
つまり、私が簡易宿所で申請すると、消防法にのっとって、新たな規制がかかってくる。

?????
まぁ、、簡単な話、振り出しに戻ってしまったってこと、、。


そうなんです、
旅館業許可申請には、消防署の適合通知交付がないと申請できないので、
お互いが連携しているように思っていたのですが、
この2つの間では、なんの連携もなく、書類のやり取りだけ。

基本的な定員数に関する部分が、それぞれ微妙に違う、、。
消防署的には、ベットの部屋はベットの数だけの定員数。へーべ数はあんまり関係ない。
なのに、和室になる3,3m2となり、旅館業許可申請よりも厳しくなる。

まぁ、、それを把握してきちんと書類を書いて申請するのは、私たち申請者のすべきこと。


Tさんにしても、Fさんにしても、申し訳なさそうな感じなのですが、、

そりゃそうだ、、、
規則だもん!
誰を責めることもできない、。

責めるなら、無能すぎる私を責めねば!!!!!


ということで、
自業自得、自己嫌悪中なのですよ!!!!!

あぁ、、私にも休暇が必要、、。
ショートした頭を、冷やさねば、、。

幸い(?)、役所は土曜でお休み、
ってなわけで、月曜日、、出直してきます。


446.jpg

飲食店営業での指摘。
ふすまにペンキを塗った場所が、私の中では、厨房ではなかったのだけど、
検査員いわく、厨房の壁とみなされ、防水パネルを貼るように指示。

447.jpg

夕方ホームセンターにいき、パネルを購入。
自分なりに、張り込む。
うーん、こんなことなら、苦労してペンキ塗りしなくっても良かったなぁ、、。

445.jpg

それらしくなった、フロント部分。
ハコモノはどんどんできているのに、、、
私がついていけていない、、。

本当に、今、頭が限界ですー!







日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)