topimage
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のこと ≫ 鳥取県のゲストハウス。

鳥取県のゲストハウス。

この頃、ゲストハウスブーム。
べつに、このごろってわけじゃないけど、、
ようやく、ここ山陰にもゲストハウスの波が到来!!!

「京都では、毎月のように誰かが開業しているみたい、、」
などと聞いたけど、京都市内、ゲストハウスが増えてきている。
沢山あるのに、稼働率は70%だと聞くから、いかに観光客が多いかわかりますよね。

先日行ってきた、岐阜県は高山。
ここも、私が現役山小屋バイト時代(かれこれ15年前)にはユースホステルしかなかったけれど、
今は、ゲストハウスが数軒立ち並ぶ。
そして、
「結構流行ってるよ、、」
と。
稼働率は40%だと聞いたことがある、、。
でも、数年前に聞いた稼働率だから、今はもっと繁盛してるかも。


私たちの親世代が、ユースホステルブームの頃。
当時はすごかったみたいね、、。
私は、ゲストハウスとユースホステルの違いとかよくわかんないけど、、
海外のことを言えば、ユースホステルがちょっと割高で綺麗なイメージかな、、。
国によっては、本当のユース(若者)しか泊まれないなんてことも。
ユースホステルの会員だと、様々な割引が受けられる国も、、。
だから、最初っからユースホステルの会員登録をしてから、旅に行くことだってある。
ゲストハウスはピンキリだけど、ユースホステルよりゆるい感じ。
東南アジアだと、まぁ、、それなりな感じ、、でも、マニアックな旅人に出会えそう。

あ、、日本のゲストハウスのクオリティーは高いですよ。
綺麗だし、おしゃれだし、、そして、安い!

私もそこんとこ目指したいけど、なんてったってセンスがない。
まぁ、、徐々にクオリティーを高めて行きます。


実は大山寺にも以前はユースホステルがあったのだけど、
無くなったってことは、やっぱりブームは去ったということか、、。
安宿、、なのに、無くなった、、ということは、
私にとっては、正直脅威。
つまり、他人事じゃない。

まぁ、、正直、大山周辺で廃業される宿がたくさんある中で、
これから開業、、というのはある意味チャレンジャー。

でも、私だけじゃない、、
大山バックパッカーズさんだって、、、。

お互い相談したり、アドバイスしあったり、、切磋琢磨できる相手があって、
私もほんとうに、心強い。

大山バックパッカーズさんが、
「鳥取県のゲストハウスを検索すると、まずは、湯梨浜町の「たみ」さんが、ヒット、それから大山バックパッカーズのようですよ、、」
と。

私も頑張らねば、、、。
鳥取県のゲストハウス、せめて3番目に名前を連ねたい!!!!

でも、開業したいって人の話を、この頃よく聞きます。
どんどん増えていって欲しいな。
みんなやりたいんだよね!
だって、、いい仕事だもん。
仕事っていうか、生活の一部、、でもなくって、
私のこれからの人生全部ってことだよね。

人生をかけてでもやりたかったのが、
「大山ゲストハウス寿庵」


まぁ、、そんなわけで、そろそろ本格的に始動するか、、。
(ようやくですか?)

416.jpg

それっぽい?

417.jpg

それっぽいでしょ?
でも、敷きカバーが既存のものでは入らない!!!
買わねば、、、(涙)

418.jpg

厨房のシンクが洗面台に、、、。
なかなかいい感じじゃない?

419.jpg

台所の排水部分がガタガタになってたので、モルタルで修復。
これは、ガス屋のYさんがボランティアでやってくれました。
感謝です。
これで、飲食店営業許可が申請できるはず、、。

410.jpg

こんな感じで、書類を広げております。
①消防の申請。
②旅館業営業許可の申請。
③飲食店営業許可の申請。
④環境省の申請。
・・・・・・・(涙)


405.jpg

わーい。同級生のMちゃんから差し入れ!
わーい。



日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)