topimage
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP日々のこと ≫ 予約サイトについて考える。

予約サイトについて考える。

7月のイベントまで掲載です。
観察会、祭、あれこれピックアップ!
ぜひ参考にして、春から初夏にかけての大山を楽しんでくださいね!!

春のイベント情報こちらへGO!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

花の名前や、木の名前はなんとなく憶えてきたけど、やっぱり鳥はわからない、
鳴き声を聞いて、覚えようとするけど、どれもおんなじ鳴き声に聞こえてくる。

IMG_3169_20170526084001077.jpg

毎朝、寿庵前の電線にいるんだけど、誰??

この子だけよくわかる、

IMG_3203_20170526084002883.jpg

ジョウビタキですね。
でも、鳴き声では判別ができない、姿色形でやっぱり把握してますね!


この頃ブログを毎日書いてない。
なんとなく、パソコンの前に座ってかき出そうとするんですけどね、、。
筆の滑りが悪い、、(滑る時はいらないことまで書くんですけど、、)

これからは、気が乗ったときだけに書こうと思います。
(と、偉そうに言ってみる)

昨日のこと、有名予約サイトの営業マンが寿庵を訪ねてきてくださいました。

寿庵は今のところ、4つの予約ルートをもっています。
言わずと知れた、自社HPからの予約メールフォーム、
そして、開業時からお付き合いのある「高枕」さんという予約サイト。
あとは、大山観光局からの送客、昨年始めたばかりの今流行りの民泊サイトです。

分析(らしき分析はしてないけど)の結果を見ると、
自社HP(電話含む)が8割~9割、民泊サイトが1割~2割かな??
観光局からの飛び込み客はこのごろさっぱり、、そして、高枕からもさっぱり入ってこなくなりました。
後者の2つに関しては10%の手数料が発生、民泊サイトはそれよりも低く、利益率が気持ち高め、
もちろん、自社HPからの予約が手数料が発生しないので、ここから入るのが一番望ましいですね。
自社HPに関しては、口コミがかなりの割合を閉めます。
〇〇さんから紹介された、とか、以前○○のグループで利用したことがある、、など。
電話での予約もほとんど口コミからの予約かリピーターさんですね。

で、昨日の話。

有名予約サイト、、たくさんありますね。
みなさんもきっと利用してるでしょうね、じゃらん、楽天、るるぶ、、そのほかにもたくさんありますね。
そして、海外のお客様がよく利用する、Booking.com、ホステルワールド、、など、、。
その中の一社の営業マンがいらっしゃいました。

「そういうの利用した方がもっと集客に結び付くよ、、」

とお客さんからアドバイスをいただきます。
どうしてもネット検索すると、有名サイトがトップに出てくるので、その中に入ってない寿庵は
存在自体がわからないようです。

海外から来るお客さんからも、

「たまたま見つけることができたからラッキーだった、、もっと、わかるように利用したらいいのに、、」

と、、。

う~ん、よくわかってるんですけどね。
商売しててなんですが、開業4年目に入ろうとする今年、、
宿の年間稼働率は17%と相変わらず低い数字を誇っております。
つまりは8割の部屋が使われてないってことなんですよ。
年間8ケ月分の部屋が遊んでるってことになるのかな?
(↑稼働率を出しても、それがどういう意味なのかあんまり理解してない!)

ビジネスホテルが60%切ると、成り立たなくなる、、と言われる中での17%です。
すごいじゃん!よく倒産してないわ!
いや?もしかして倒産しそうなのかもしれないけど、私がバカだから気づいてないのかな??
実は倒産してるんかな?(笑←笑えない!)

みなさんから説得されるのに、かたくなに拒む理由は何なのか??
かたくなってわけじゃないけど、気が乗らないんです。

今、寿庵に来てくれるお客様はみなさんどことなく感覚が似ている。
寿庵がどういった宿かある程度わかってから来てくれています。
民泊サイトも、高枕という予約サイトも、そして観光局からの送客も、
大山がどんなところで、寿庵という宿がどんなところなのかがきちんと明記してあります。
(民泊サイトに関しては、ただ、山のきれいな写真を並べてるだけ。
でもその風景を見たい!という海外のお客様が連絡をしてくれます)

ところが、それ以外の予約サイトは、宿の金額がクローズアップされてるだけ、、
宿のロケーション、どんな人を対象としてるのか、宿主の思い、など
あんまり触れてない気がします。
だからこそ、予約時点でのマッチングがすでにうまくいっていない、、
だから、口コミも悪くなってくる、、苦情も出やすくなる、、
だって、、望まない宿を予約しているわけだもんなぁ~~。

そりゃ、、五つ星くらいの高級宿であれば、どんな人も満足するかもしれないけど、
寿庵はそうはいかない、、ちょっと対象を間違えたら、苦情をうけることに、、。
出来れば自己防衛じゃないけど、苦情は受けたくない!
精一杯自分なりにやってる(つもりな)のに、
その上で苦情を言われたときの精神的ストレスを考えただけで、

泣きながら、宿を飛び出して、こんなつもりじゃない~!
と叫んでしまう可能性がある!

もちろん、苦情を未だかつて受けなかったわけじゃない、
忙しすぎてメールでの返信ミスによりお客様に不愉快な思いをさせてキャンセルされたこともあるし、
季節に変わり目に衣替えが間に合わなくって、寒かったり暑かったりと、
調節がうまくいかなく苦情を受けたことも、、。

その都度、落ち込むし、反省、、。
次は気を付けよう、、と思い直し真摯に対応。
当然自分の落ち度なので、落ち込むとはいえ、受け入れて反省!!

でも、
以前の宿で受けたような、
虫がいる!
風の音がうるさい!
テレビの映りが悪い(大山は地デジになりますます映りが悪くなる)!

こんな理不尽(?)なことを言われたら、
わめきながら、宿を飛び出して、なんなんだよぉ~!
と発狂してしまう可能性がある!


まぁ、、
これは明らかに、どんなロケーションに宿があるのかを把握せずに来ている可能性が大きいですよね!

つまり、予約サイトを使うということは、そういった苦情を受ける可能性があるってことですね。
神経質に考えすぎかもしれないけど、
楽しく仕事したいし、些細なことでストレスを感じながら、いやいやながら仕事をしたくはない、
なので、
予約サイトを使わない大きな理由が、

自己防衛

かもしれませんね。

ってなわけで、せっかく寿庵の集客に貢献しようと、遠く大阪から来ていただいたのですが、
そんな私の自己チューの考えから成果を上げずに帰ることに、、
すみません。
もちろん、集客をしたくないわけじゃないけど、ここんとこ結構デリケートな問題なんですわ。

でもまぁ、、自社HPと口コミで検討してる方なのでは?
インバウンド、と言われてすでに数年たち、本来であればそっちへ照準を合わせ着実に集客して
成績を伸ばすべきなんだろうけど、、、

日本人の、そして大山好きのお客さんの数を着実に、堅実に、年々伸ばしていることは
将来に必ずつながることだって信じて、長い目で見ていくべきですね!!

そ、、
急に集客したってボロがでるだけ、、あたふたしてままならない対応になるだけ、、
ただ単に、数をこなし、数字を見てほくそ笑むようなそんな人生が送りたいわけでもない。
大山が好きなファンを増やす活動をしていった方が、
健全で、より、やりたい自分の理想に近づくことの近道な気がしますね。

な~んて、
偉そうに言うけどね。

いっつも常連さんにお客がいなくって愚痴って泣きついてるからなぁ~。
でも、まぁ、、あいかわらずだなぁ、、と気にせず私の愚痴を聞いてくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今現在9月まで(8月いっぱい)の予約を受け付けています。
8月11日(祝)は、山屋さんの集いを計画中(まだこれから決める!!)、
キーワードは山・山・山、、山一色の日にするぞ!!

ご予約はこちらをクリック!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎朝5:30にアップ。
その時間の大山寺エリアの様子、山の上の様子、花の情報などを掲載しております!
寿庵FACEBOOK ページは、
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)