topimage
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP日々のこと ≫ 大山の地形図を見る。

大山の地形図を見る。

先日からちょっと思うことがありまして、、。
いつだったかお客さんと大山の話になりました。
あ、、って大山の話はいつもだね!

私はあんまり地形とか数百年前の大山の形とか、、そんなことについて詳しくはないけど、。
大山はもともと4000Mあった、
、とかいう仮説(実際かもしれないので、仮説とは言えないけど)の話になりました。
富士山が日本で一番高い山として有名ですが、
大昔は八ヶ岳や御嶽山、先日噴火した阿蘇山がカルデラの大きさなどからみても、
現在より大きかった、、という話に、、でも、有史ではないので、実際は憶測かもしれません。

で、こんな地図を添付してみました。

大山地図
(Wikipediaより)

左の大きな茶色の塊が大山です。右に続く塊は蒜山です。
すそ野の広がりを見るとかなり大きな一つの山に見えますね。
海岸線の丸みなんてとくに、山のすそ野そのものじゃないですか??

鳥取砂丘の砂の下には古く大山の火山灰が堆積していると聞きます。
そして、どこだったかな?
鳥取市のほうだったかな?大山から飛んできた石を祀ってる場所があるって聞いたことも。
いずれにせよ、大きな噴火を繰り返してたんでしょうね。
大山はもともと火神岳と呼ばれてたらしいから、そのあたりも火山たるゆえんでしょうね。

でも、ほんと、この地形図すごくないですか???
お客さんには大山は上から見るとアルファベットの「Y」になってますよ。
と説明するのですが、、(これは山仲間のYさんが教えてくれたこと)
よく見ると、「Y」が横になってるのがわかりますね!
「Y」の下の部分が枡水の円錐形で、
「Y」の横が 北壁や南壁で、
「Y」の広がったところがちょうど甲ケ山の山並みと烏ケ山の山並みですね!

でも、ここまで広範囲にわたる地形図を見ると、大山の大きさがよくわかるなぁ、、、。

きっと、数千年、、数万年前は、4000M級、、もしかしたら5000M級の山だったのかも!!
やっぱすげぇ、山なんだな!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋のイベント情報はこちらをクリック!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月まで(3月いっぱい)の予約を受け付けています。
スキーシーズンの連休は予約が早く入りますので、検討している人は早めに問い合わせくださいませ!!
(2月はすでに満室の日があります!ご了承ください!)

ご予約はこちらをクリック!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みんなに考えてほしい、山のこと。
「個の時代」、頼りはSNS・・・今どきの登山事情
(詳しくはこちらを読んでみてください。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新登山情報!

山頂小屋勤務のUさんがアップしています!!
伯耆大山山頂小屋Facebookで最新情報をゲット!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎朝5:30にアップ。
その時間の大山寺エリアの様子、山の上の様子、花の情報などを掲載しております!
寿庵FACEBOOK ページは、
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)