FC2ブログ
topimage
2018年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年01月
ARCHIVE ≫ 2019年01月
      
≪ 前月 |  2019年01月  | 翌月 ≫

たまにはまじめに?愚痴ります!

正月が過ぎ、次の三連休まで、ち~っと中休み中の寿庵です。
でも、「休み」を宣言して休めるわけでもなく、ダラダラと仕事はしてます。
だって、決算やら、なんやらかんやら、そして勉強もする(って全くしてない!)、、とかなんやらかんやら、、
正直、すべきことはたくさんあるんですけど、、
お客さんがないとつい、つい、、ダラダラ、、。

で、

パソコンの前に座って、
ちょいとブログでも書こうか、、という気になる。

んでもって、たまには、愚痴ネタも聞きたいでしょ~!

昨年末、
観光局の総会なんかがあり、これからの大山について話し合ったりする。
会のたびに、「これからの~  」の話にはなるのだけど、、
何をしたいのかはあんまり私には見えてこない。

その中でも一押しは、
海外のお客さんの受け入れ、、ってやつ。
もうかれこれ3年前くらいからの議題になるんだけど、
だから、何かが変わったか、、と言われると、
多言語の看板が増えたのかな、、、というくらいでしょうね。
あ、、そういや参道にWi-Fiが設置された、、
でも、今の人は、自分でWi-Fiの何かを持ってきてるので、別になくってもいいみたい。
あ、、それから、
なんだか、参道を歩いくと、多言語で建物の案内を聞けるような機械の導入もしてたけど、
今じゃ、話題にも上らない、、。
予算が出るたびにハード面の設置をするけど、
数年経つとその存在すら忘れてしまう、、。

もちろん、
海外の人は増えています。
何かプロモーションしたからってことではなく、韓国からのフェリーやら、香港便やらも増えたので、
必然的に、人が来るようになった、、だけかな?
あ、、でも、便数が増えたのは、当然、
観光客を誘致するために海外に向けてのプロモーション活動の結果なんでしょうけど、

寿庵だって、そんなに積極的に海外へ向けては情報を発信してないけど、
外国からのお客さんがちびちびと増えています。
という意味でも、確実に増えているし、今後ニーズは出るのでしょうね。

でも、
せっかく海外から足を運んでもらうのに、何を私たちは提供し、楽しんでもらえばいいのか、、
の話し合いなどはまったくありません。
決済システムの導入、看板設置、多言語通訳システム、多言語パンフレットと、、。
そんな話し合いばかり、、
まぁ、、予算が出るうちに作ってしまえってことだろうけど。
(私も便乗して、英語のパンフレット作ろうか?でも、作ってもあんまり意味ない気も、、)

来てもらうというのはいいけど、、
私たちは何を提供してあげるべきなのか、、の内容が今一つ見えてこない。
「大山」があるからいいかな、、と思うけど、
来てよかったな、、と思うようなサポートがなされているのだろうか??

そして、
いまみんな(鳥取県の観光系で働く人たち)が話題にしている
スマホ決済システム導入は、お金を使う段階で必要であり、
お金を使う目的(何に対し金を払うのか?)がなければ、
スマホ決済することはないので、システム導入を急ぐのは、何かしら補助金が出てるからだし、
なんかよくあるコンサルティングだかの会社が入り込んでるからなのかなぁ、、、と思ったりもする。

でもね、、
時代の流れなのか?それとも、流行の波なのか?世の中の流れなのか?
何かよくわからないけど、
自分はそれに巻き込まれたくなくっても、周りがどんどんそっちへシフトしていくので、
否が応でも巻き込まれそうです。

今、鳥取県の観光として力を入れているのが、
スマホ決済?だか、QRコード??だか、なんだかペイ??とかいうやつ。

私自身が疎い分野なもんで、正直よくわからない。

でも、鳥取県として、なんだかペイペイ???に力を入れるって言ってるから、
いずれ、その渦に巻き込まれて、ペイペイ言わなきゃいけなくなるのかねぇ~。

正直、
逆らえない雰囲気になりつつあるからなぁ、、。

でも、
大山でお金を落とすって何??
もちろん宿にお金を使ってもらうんだけど、それ以外に何がある????

先日、
今、大山エリアが集客に必死になっている、中国のお客さん。
その中国のお客さんは、
何をしに、日本に来てるのか?
という話をお客さんとしたときのこと、、

「日本でおいしいもの食べて、カラオケで歌うのがブームみたい」

とのこと。
買い物自体は少し落ち着いたと言われ、
今は、そういったことが日本での流行らしいですね。
(もちろん、それがすべてじゃないけど)

大山に中国の団体客が来たら何をするのか???

ふむ、、なんだかターゲットが違う気がしてきた!

もちろん、
ゲレンデへの誘致はいいと思う。
一日時間を何に費やすのかが明確、そして、お客さんが体験し、経験し、
楽しいと思えば、また来てもらう要素が満載な気がする、、
それに、
しっかりお金も落としてもらえるしね!

DSCN6360.jpg

中国のお客さんだけじゃなく、特にアジア圏で雪の降らないエリアのお客さんの集客には
やっぱりゲレンデが核になるんじゃない??

DSCN6361.jpg

週末なのに閑散としたゲレンデ、、。
これを盛り返すには、もう海外頼みなのも納得!
北海道だって、信州だって、、どこもそうだもん。
ただ、今更遅い感もあるけど、、
どうなんだろう、、まだまだいけるのかな?
(ただ、日本のお客さんが完全に離れるリスクもある、、そことこ難しい??)

DSCN6362.jpg

お金をしっかり使っていただけるのであれば、誘致にも意味がある。
スキー以外のシーズンは、
きっと、大型バスできて、鍵掛峠くらいに行って、写真ぱちぱち取って、砂丘へGO~!
と、素通りかな??
でも、それでいい気がするわ。

静に山を楽しみたい、そして参道の静けさが好きなお客さんが、
団体客がガヤガヤしながらあるく大山参道を見たら、
とうぶん来ない、、と言いかねない!

ってな意味でも、大山は素通りでいいかな、、って気がします。

自然が好きで、山を楽しみたくって、静かな環境でのんびりしたい、、、
そう思う、海外からのお客さんを集客する方が、いいんじゃないかねぇ、、。

ってなわけで、

先日も宣言した通り、
積極的に海外の集客に結び付けることはあんまり考えてなく、
来てくれたらいいかなぁ、、、くらいの規模で、受け入れ、
主たるターゲットはやっぱり日本人に絞り、
日本人の集客の方を中心に寿庵としてはやっていく予定。

ただ、宿泊客を淡々と受け入れるだけではなく、
今年は、
大山で何を楽しむことができるのか?
何が体験できるのか?
今まで以上に、その部分をもっともっと掘り下げて、
自分も、目いっぱい楽しめる大山の魅力を発掘!
自然や歴史やあれこれ勉強もしっかりしつつ、
見つけた素材に、うまいこと付加価値というスパイスで味付けして、
皆さんに提供できるように、
やっていけたらな、、って思います。

ペイペイ言わなくっても、キャッシュを用意してでも参加したいって思える、
内容濃いものを探すのが
私の2019年の中心となる仕事かもしれないですね!
わお!
楽しそう!!!
やっぱ仕事は楽しくなきゃ!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寿庵オリジナル企画・共催企画・大山エリアのイベント情報

寿庵の「登山学校」についてはこちらのブログをクリック!
*冬の教室(2月、3月)の日程変更をいたしました。

1月~3月のエコツアーは「スノーシューハイク」です。
スノーシューハイクのついてはこちらのブログをクリック!

寿庵「とりクラブ」については、こちらのブログをチェック!

「公園財団」のイベント情報はこちらのブログをクリック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来年3月末までのご予約を受け付けています。
ご予約はこちらをクリック!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎朝5:30にアップ。
その時間の大山寺エリアの様子、山の上の様子、花の情報などを掲載しております!
寿庵FACEBOOK ページは、
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓↓こちらのアイコンをぷちっとクリック!
日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)