topimage
2014年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年08月
ARCHIVE ≫ 2014年08月
      
≪ 前月 |  2014年08月  | 翌月 ≫

本の話。

子供の頃に、両親から毎年、ダンボールに入った本をプレゼントしてもらっていました。
兄弟3人で読んだのだろうなぁ、、(記憶は曖昧ですけど)
世界の名作とか、日本の名作、、とか。

だからと言って、読書が趣味、、などと思ったことは一度もないのですけど。

本を読むと、頭がよくなる、、と言いますが、残念ながらそうではなかった、、(涙)
でも、本は好きな方だったと思います。

高校の時には、図書室に入り浸って、片っ端から本を読んでいました。
司書お姉さんは、私たちの4歳年上、先生、、というより、ほんとうにお姉さんでした。

いろんなタイプの本があり、
有名人の書いたようなエッセイだったり、雑学の本だったり、、
それまで、物語のようなものしか読んだことがなかったので、とっても刺激的でした。

そういや、村上春樹なんかもその頃、高校生には、内容が把握できなかった記憶が、
赤川次郎もはまったなぁ、、。
古典ものにも、、。
詩集にも、、。

その司書のKさんが、私が開業をしたことを心から喜んでくれて、
一度覗きに来てくれました。

その時に、私が欲しがっていた、

632.jpg

これ、、、を持って来てくれました。

なんでしょ?

「ブッカー」と言われるもの。
図書館などで、本にかかっている透明なカバーのこと。

不特定多数の人が本を扱えばどうしても痛んでしまう。
それを防ぐのが目的。

わーい。

以前来てくれた時に、かけ方を伝授してもらって、さて!自分でするぞ!って思ってたけど。
なかなか集中して、作業に向かうことができない、、。
そんなこんなで、そのままに。

そのブッカーをかけるために、お盆期間に入り再び寿庵に来てくれたKさん!

手つきな鮮やか、サッサとかけて行く。

私は相変わらず、掃除や洗濯でバタバタ中。せっかく来ていただいたのに、話もゆっくりできずでした。
時折手を止めて、話をする。

懐かしい先生の話、担任の先生の話、、今時の高校生の話、私たちの頃の話、、。

あー懐かしい。


Kさんありがとうございます。
高校の図書室みたいに、いろんな本をもっと集めて、
お客様が雨の日にでも楽しめる、、そんな談話室にしたいですね。

本を読みに寿庵に来る、、、、それも一つ宿のあり方かも、、、。

よし!ワンゲル部も図書部も作るかなぁ、、、、、。




高校の時に買った英語の辞書。
ボロボロでページが一部紛失、、。
それでも、今でも使い続けてます。

旅先にも連れて行った辞書、、

590.jpg

今じゃ簡単にスマホとか使って調べるんでしょうね、、、。
私は今でも、辞書を開きます。

辞書は好き。

読み物として、広辞苑を読んでいた学生時代。

広辞苑の一番最後の文字は、「んとす」だったはず。
意味は覚えてないけど、、、

まぁ、、役に立たない知識ですけど、、、、。


寿庵HP♩詳細、予約はこちらから☆
http://www.daisen-guesthouse-juan.com/about.html

寿庵FACEBOOK ページ♩「いいね」お願いします!
https://www.facebook.com/juan.guesthouse


寿庵に来てくれた旅人がFacebookに「いいね!」をしてくれると嬉しいですね!
もちろん、友達の友達の友達、も!
つながる輪です。

昨日のゲストさんは、萩の暁屋さんから。
バイクの旅人さんでした。
つながるご縁です。

そして、飛び込み客が計4名!!!!!わーい!!!!!





日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)