topimage
2014年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年08月
ARCHIVE ≫ 2014年08月
      
≪ 前月 |  2014年08月  | 翌月 ≫

嵐のあとのそのあと嵐?

台風が過ぎ去ったあとも、なんだかスッキリしない大山です。
でも、今日は、山肌が見えてますね、、。
完全に姿をみせてはないですが、清々しいひんやりとした風が心地よく、登山には良さそう。

昨晩お泊まりの登山のお客様は、まだ暗いうちに出発。
弥山に登った後に、ユートピア方面へ行くとのこと。
7〜8時間くらいはかかると伝え、水場がないので、水の調達をアドバイス。



さて、嵐のあとの嵐とは?

すごい縁とタイミングの話。


昨日、相部屋希望の男性の飛び込み客が、直接電話で予約をくださいました。
一時間後に、また一人、そして、また一人。
相部屋に3人のお客様。

実は、相部屋に3人泊まるのは初めて、、。

今までは、部屋がふんだんに空いてたもので、別に一部屋に入れなくても、、
という私の変なおせっかい心から、個室をご提供していました。

でも、昨晩は、急なことで別の部屋は洗濯物を干していたり、布団があったり。
この時期、飛び込みもあるので、個室をすべて提供もできない、、。

もちろん、お客様は相部屋を希望。
私が余計な気を回すのも変な話。

ただ、
最初にチェックインされたのは登山のお客様。

「可能なら朝4時ごろに出発したい、、」

他のお客様が、どういうタイプのお客様か、、、。電話予約だけではわかりかねる。
声の感じから、若い人、、というのは把握。
登山?旅人?観光?


後の2人は、チェックインの希望の時間を過ぎるとご連絡が、、、。

さて、次の一人が到着したのは、夕方6時。
スクーターで熊本から静岡へ行くという学生さん。
いいなぁ、、、学生の頃の旅は、得るものがいっぱい!
どんどん旅してね!

さて、もう一人、、、
「実は、スクーターが調子が悪く、山道を上がることができない、、、ちかくの宿をあたってみて、そこで泊ります、、、」との連絡。

バックパッカーズさんが近いと判断し、そちらを紹介。
でも、よくよく聞けば、そこにも辿り着けない、、。

うむ、、。

私は今まで旅をして来た中で、色んなトラブルや問題が生じたことが、、
でも、その都度、人に助けられて旅を続けました。


「いま、迎えに行きます!!」


と、思わず返答。


偶然にも、寿庵には、その危機を乗り切れるメンバーが揃ってました。

連泊のお客様がマッサージを希望。
寿庵にいつも、マッサージに来てくれるKちゃんのお父さんに軽トラを借りる。

そして、これまた偶然にも、寿庵に遊びに来てくれていた、
岡山の旅宿の「旅のあしあと」のご主人が、軽トラの運転をかってでてくれる。
奥さんのAさんが、お客様の対応をしてくれる。
「うちの嫁さんは、女将ですから、任せてください!」


すみません!
私の判断が正しいのかわかりません。
いつも、お客様のトラブルを解消できるかわかりません。
今回は偶然にも、周りにいた仲間がサポートしてくれたのです。


軽トラと、私の桃色ステラちゃんで夜道を迎えに走る。

麓で待っていた、スクーターの旅人を無事救出。

いや、、無事というか、、
重いのね!スクーターって!!!四苦八苦、ほんとうに旅のあしあとさんがいたから救出成功!
山道を、スクーターを乗せて、ゆっくりと走る。
ステラで後ろからついて行くけど、冷や冷やもの、、。


でも、不思議なご縁。
救出の彼は、東京からでしたが、なんと、大山町の町おこしグループのまぶやさんをご存知。
そして、寿庵の後に、旅のあしあとさんへも泊まる予定に、、。
なんとも不思議なご縁。


夜遅くに私たちが帰った時には、談話室でマッサージをしているKちゃん、
食堂では、旅のあしあとの女将さんのAさんが、お客さんをおもてなし中。
そして、学生の旅人が、マッサージ中の両親にかわり、子供ちゃんの遊び相手に。
子供ちゃんが興奮して、大きな声を出すたびに、
みんなが、

「し〜!!登山の人が寝てるから、みんなも小さな声でね!」
と言ってくれる。

スクーターの旅人同士が、旅の話で盛り上がる。

2人とも、次の目的地は「旅のあしあと」さんに決定。


その、旅のあしあとさんは夜遅くに、帰られました。
本当にお世話になりました。
でも、寿庵から岡山へ、岡山から鳥取へ、、旅のルートができました。
いいご縁。
つながるご縁。



さて、登山のお客様。
相部屋希望でしたが、一番奥の離れたお部屋をご案内。

「いやぁ、、、実はイビキがうるさいもので、、ちょっと心配してたんです」

いえいえ、、朝4時前に出発でしたら、ゆっくりと寝ていただきたい、、。


寿庵は立地から、色んなタイプのお客様がお泊まりになります。
早寝早起き登山客。
子供ちゃんのいる家族連れ。
遅くまで語り明かしたい旅人。

みんなが快適に過ごすには、お互いの配慮も必要になります。
寿庵のルールを守って、みんなが楽しく一つ屋根の下での「一期一会」。

昨夜の様々な出来事は、これからの私の方向性を考えさせられる、いい日となりました。

日々勉強、日々努力、、
笑顔でもてなす、、、

精一杯頑張りますね!

*それにしても、電動スクーター?これで来るのは間違っている!断言いたします!
ダメですよー!大山へこのタイプは!!!!
今後助けられるとは思えません!!!!!自力でお願いいたします!



バイク

(ただいま充電中!*これだって、特例!別途いただきますよ)






























日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)