topimage
2014年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年08月
ARCHIVE ≫ 2014年08月
      
≪ 前月 |  2014年08月  | 翌月 ≫

人生を左右する出会い。

雨ですね。
ぐっと気温が下がり、21度。
寒い、、、と思わず思ってしまう。

それにしても、ここまで土砂降りだと、誰も歩いている気配もない、、。
こんな日は、普段しない書類の整理でもするかなぁ、、、。
いや、、普段しないものは、こんな雨の日、、、ますますやる気が起きない。

ということで、ちょっと、グータラするかな、、。



14年前だったかな、
山小屋で知り合った、Nちゃん。
2時間離れた隣の小屋で働いていたNちゃんに出会ったのは、私が休暇で訪れた時。

「カナダにワーホリに行くよ」

と聞いて、えー!行きたいな!!
と、私が言うと、

「おいでよ!」

この言葉がきっかけで、本当に、Nちゃんを追っかけて、カナダへ行った私。

当時、英語がさっぱりで、、(あ、、いまも、さっぱりになっちゃいましたが、、)、
何から何までNちゃんに頼りっぱなし。
Nちゃんはバンフで仕事をしていたので、いつも相手してもらうわけにもいかない、、。

一人で、バスに乗り、旅本を片手に、西はバンクーバー、東はトロント。
そして、ナイアガラの滝の近くのゲストハウスで出会った男の子に、

「シアトルでイチローの試合があるよ。4日後だから間に合うよ」

と言われ、その言葉の通り、約3日バスに乗り、国境を越えシアトルへ。
マリナーズ一年目のイチローを、知らないアメリカ人に囲まれる中、一緒に観戦。

私にとっては、ドキドキの旅の連続。
色んなハプニングも、トラブルも、言葉が通じないが故の勘違いも、、。
今思えば、かなり強烈な体験となった、カナダ。

Nちゃんの、「おいでよ!」がなければ、行ってなかっただろうなぁ、、。

カナダに行って、英語の必要性を再認識。

次の年、ニュージーランドへ留学をすることに。

今度は、その私を訪ねて、Nちゃんがニュージーランドへ、ワーホリに。
違うエリアに住んでいたので、実際に向こうで出会ったのは半年くらい経ってから?だったかなぁ、、。

山好きだった私たち、当然、ニュージーランドの有名どころのトレッキングを歩き回る。
3泊4日が主流のコース。
町で買い出しをして、4日間山へ、そして、再び、買い出しをして、洗濯をして、山へ4日間。
これを繰り返し、丸一ヶ月、山の中をひたすら歩き回りました。

また、数か月後に再会し、同じようにトレッキング三昧。

一番長かったコースが80K。
食糧を担ぎ、寝袋を担ぎ、、
総距離にしてどれっくらいだろう、、、2人でとにかく歩いた山旅でした。
雪が降った時も、凍りついた岩場を歩いた時も、
川の中を歩いたときも、沼地で腰まで浸かりそうになった時も、、
海を横切ったこともあったな、、、。



Nちゃんの、

「おいでよ!」

の言葉がきっかけで、自分の人生が大きく変わった気がします。

ゲストハウス開業も、Nちゃんとの出会いがなければなかったかもしれない、、本当にそう思えます。



旅先で出会った人との縁で、人生は大きく変わります。

「人は迷った時に旅に出る、、、」
「自分探しの旅に出る、、、」

まさにそうだと思います。

綺麗な風景をみた、雄大な自然を体験した、、もちろん、それらの中から学ぶこともたくさん。
でも、旅に出れば多くの人に出会います。

きっと、「人に出会う」ことの方が、風景を見る、、ということよりも、人生には重要だと思います。


『私は多くの旅人の気持ちを背負って宿をやっていると思っています。
旅宿とは・・・、人生を左右する仕事と思っています』

これは、旅宿をされているSさんからのメール。


あー!なんか本当に旅っていいですね。

旅に行きたいなぁ、、と時折思うけど、

でも、旅の中で見つけた結論をただいま実践中の私。
という意味で、私は迷いも、人生の不安も何もないのです。

ということは、、、、私が旅*に出る、、と決めた時は
また何か次のことを探しに出かける時、、ってことでしょうね。

(*旅=1ヶ月以上の長旅のこと)




昨晩のお泊まりのお客様はNちゃんのご両親。

「あの子がいたら、きっとここに来てくれてるよ、、、」

Nちゃんとの山旅は、たくさんの旅の中でも最も大切な思い出です。






二層式洗濯機がフル稼働。
よく働くわ。
節水できるし、時短だし、、。
お利口さん!

657.jpg

使わない客室が簡易の乾燥部屋に。

658.jpg

ありがたいことに、化繊の混じった包布、一日あれば乾きます。
アイロンはかけてません。
ちょっとシワがよってますが、ごめんなさい。
肌に触れるシーツ類、カバーはそのつど洗濯。

659.jpg

お客さ〜ん、サービスのタオルは一人一枚で!
一人3枚も使っちゃダメですよー!


寿庵HP♩詳細、予約はこちらから☆
http://www.daisen-guesthouse-juan.com/about.html

寿庵FACEBOOK ページ♩「いいね」お願いします!
https://www.facebook.com/juan.guesthouse
日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)