topimage
2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      
≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

宿の予約サイトのこと。

例えば、じゃらん、とか、JTBとか、楽天、、とか。
もちろん、他にもあるんだろうけど、
ネットで宿を予約する、、ということは、今やあたりまえのこと。

先日、講習会があった、るるぶトラベルもまさにこれ。

自社のホームページをどうしたらヒットするようにするのか、ターゲットを絞り込む売り出し方は、、とか。
もちろん、多くの人にホームページを見てもらうことや、
お得なプランを打ち出して、お客を確保する、、というのは大事なこと。
よーく、わかります。

広告代理店で働いてましたので、そこんとこ、重要なのはよく知っている。


でも、寿庵に必要なのだろうか、、?

お客を選んでいる、、なんて、悠長なことは言ってられない懐事情、、。
でも、ターゲットを間違えたら、致命的なことに、、。

京都のゲストハウスで、

「安い、、ということで自分のところがヒットして、ゲストハウスとは何なのか?
ということを理解せずに泊まりにくる、、そうすると苦情や、トラブルになるんです、、、」

わかるなぁ、、。
旅館じゃないんですから、、、ゲストハウスはやっぱりゲストハウスで、違うんだなぁ、、。

そんな今までの話から、ネットサイトの掲載にはちょっぴり否定的な私。
でも、、宣伝力はすごいです!
それは理解しています。
時代の流れ、、、アナログを押し通すことは難しいのかもなぁ、、、、。


ということで、
なんと、このワタクシが、サイトに掲載を決意!!!

本日、取材がありました。

西日本の素敵な宿「高枕」というサイトです。ご存知ですか?

実は、大山寿荘さんも、こことはおつきあいがありました。
パソコン環境もなかった女将さんが、唯一、気の許せる(?)サイト、、という事です。

私にも、

「とても誠実でいい方で、ご兄弟でされてるのよ、、」

と何度もおっしゃってました。


でも、今日お会いして、よくわかりました。
とにかく、じっくりと取材をされます、
写真も何度もアングルを変えて撮影をされ、
そして、

私がなぜ宿をやりたいか、、どうして大山なのか、、、

とじっくりと話を引き出されました。

世間話から、宿の話、、、たわいもない話の中から、私がどう言った人物で、どういった宿なのか、、
ほんとうに、じっくりと取材をされましたよ、、。


高枕」のサイトを見たときに、
私は寿庵のホームページを作っていただいた、くらしアトリエさんを彷彿とさせたんですよ。

ステキなサイトです。
ここに掲載してもらえるなんて、、、ちょっと光栄です!

そして、私のホームページのフォトギャラリーをみて、山仲間Yさんの写真に興味津々。

「高枕で大山の特集を組みたいと思うけど、写真を提供してもらえませんか?」

と、、。
なんと!Yさん!!写真家デビュー?

でも、山の上の写真は、登った人にしかわからない風景。
下から見上げることはできるけど、あの風景は、あの時期に、あの瞬間に、登った人だけの風景。
それを、ちょっとおすそ分けです。


他にもいませんか?
我こそは!大山の写真を提供します!!、という方!!!

CDにいれて、「高枕」さんの事務所に送っていただけたら、、。もちろん、、私に一報ください!

大山の良さを全国にアピールしようではないか!!!!!!

image.jpeg

烏ケ山から、大山を望む。

0052.jpg

甲ガ山を歩く。

0053.jpg

一ノ沢~二ノ沢~三ノ沢を歩く。

山仲間M氏からの写真。
ホームページの写真は仲間からの提供写真。


みなさん、改めまして、ありがとうございます。


















日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)