topimage
2014年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月
      
≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

ゲストハウス開業に向け行動開始です!!!

営業許可申請というカテゴリーを作りました。

これが的確な名称かわかりませんが、とりあえず、ややこやしい書類に関する話題はここにブチ込みます。

ちなみに、大山バックパッカーズさんのブログでは、「お役所関係」のカテゴリーわけが、、
確かに、、、お役所に出入りして、、ってことですもんね。
的確だわ、、。



なんだか、これから色々と申請したり、許可証が必要になったり、、、
お金の次に、色々と難しいと思われる分野。
でも、これらを突破しなければ、開業ができません!!!!
ということで、避けては通れない部分です。

早く行かないと、、と気になりながらも、なかなか行動に移せなかったのですが、、

リフォームをしてくれる大工さん(山仲間です)から電話があり、
「材料を購入したいけど、工事したあとで、消防の許可が通らないでは困るので、消防の方に確認して、材料に関する何か 特別なことがあれば、聞いておいてください」と。

そうです、、消費税が上がる前に、材料を調達しなければ、、、。

ってなわけで、
アポイントも取らずに、大山消防署へ突入!
正直、どこが管轄の消防署かすらよくわからず、前持って役場に電話。

*大山バックパッカーズさんが色々と営業に関する許可について、ブログに書いておられます。
一瞬、開業の虎の巻(大山バックパッカーズさんのブログ)を確認!と思ったのですが、
人に聞いたり、頼ったり、では、自分で理解できないと思い、自分で役場に電話をして、
一つ一つこなして行かねば!!と決意*

まずは、第一歩の消防署へ。

材料に関すること、リフォームのおおよそのアイデアについて相談。
この辺りは、問題点はない、、とのこと。
相部屋の蚕棚ベットの目隠しにするカーテンを、防火タイプのものにするように指示は受けました。
インドのサリー生地なんかいいなぁ、、と思ってたけど却下、、防火対策サリー、、聞いたことがない。

あとは、消化器、非常ベル、漏電なんだかかんだか、、(6点くらい言われましたが、、、)
現在のオーナーが昨年12月にしっかり点検されているので、問題はない、、とのこと。


「ところで、、、防火管理者資格は持っておられますか?」と。

いえいえ、、とんでもない、、何も持っておりませぬが、、

「これがないと、ダメですよ、、」

え、、???

「講習があるけど、、あ、、締め切りがすぎてます、、次は5月ですね、、」

ちょぉっと、まったぁぁぁぁー!!!!!

私、4月下旬をプレではありますが、オープン予定にしてます。
これでは、、オープンが出来ない、、、、。
ゲゲゲ、、、。

「宿泊の定員は、、、宿の畳数からみると、定員は28人ですね、従業員は?」

一人です。

「じゃあ、29人ですね、、、ということは、防火管理者資格いらないですね、、」

へ??

あ、、でも、今現在のオーナーは持っておられますけど、、、宿泊の定員は22名のはずですが、、、。

「それは、、食堂営業されてますからね、、、不特定多数の利用ですよね、、」

なるほど、、調べてみると、30名以下の受け入れ旅館であれば、資格は必要ないらしい。
といっても、冬場はもしかしたら30名を超す可能性も、、、、
何はともあれ、講習だけで取得できるらしいので、次回5月の講習に参加予定。



あとは、、灯油の地下タンク(6000リッター)を閉鎖して、外付けで200リッターのサービスタンクをつけるんですけど、、

「200なら問題ないですよ、、」

本当は200では、不安なので、400付けたいのですが、、

「400になると、色々と規定がありますよ、、でも、200を2台なら問題ないですよ、、ま、、設置費が高くなりますけど」

わかりました、、、業者に200を2台で、見積もってもらいます。

「また工事される前に、必ず相談にきてくださいね、、」

はい、、、、。


まぁ、、長くなりましたが、こんなやり取りを本日しました。
でも、もう一度、どう言った工事をするのか、タンクをどうするのか、決定したら、最終確認に伺うことに、、。

工事が終わったあとに、消防署の立入検査を受け、OKが出たら、
ようやく、役場に旅館許可申請をすることができます。

いやぁ、、、
まずは、第一歩。

こんな感じで、開業に向け、頑張りますね。

0107.jpg
今現在の図面です。
工事が終わったら、新しい図面を提出、、、。
リフォームするのは、相部屋と厨房の一部。
なんか、自分のやりたいようにリフォームができるのですから、、、、ワクワクします。
あ、、もちろん、予算の中ですけど、、、(涙)
日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)