topimage
2014年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月
≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

また雪ですー。

昨晩から降り始めた雪が、朝まで続いていました、、。
あー、、また真っ白。
2、30cmは積もりましたよ、、ってことは私のステラちゃんがまた埋れてるってことね、、。

春だなぁ、、などと言ってたのに、、。
また、季節が冬に逆戻り。

セキレイが巣作りをしようとやってきて、昨日まで騒がしかったのに、、、。
今日は、鳴き声もしない、、、。

冬眠から目が覚めた、カメムシも、アリンコも、、、また姿を見せなくなりました。

さて、お陰様で、宿泊客で賑わっている、ビューハイツ、、
夜10時を回り、ようやく、自分の部屋でほっと一息。
朝から、仕事に没頭し、昨日までの頭の疲れを吹き飛ばしました。
いやぁ、、肉体労働が向いてますわ。
トイレ掃除、風呂掃除、、楽しい、、、。

来週入ったら、また本格的に開業に向けての準備に入ります。

まだまだ、ほんの入り口にすぎない、、
トンネルを抜け出た時、私を待ち受けるのはどんな風景だろうなぁ、、。

0133.jpg

赤いジムニー。
郵便局の車です、、雪のゲレンデを物ともせず、駆け上がってきます。
さすが、、ジムニー、、、
お?おやおや???
ハマってしまった、、。

0134.jpg

ビューハイツの送迎車、通称「おにぎり君」出動です!!!!
無事、ジムニーを助け出しました。

助け合い、、お互い様です。
こんな過酷な場所ですから、いろいろトラブルが起こります。
助け、助けられて、お互い支え合って、やっていかねば。

日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

大きく一歩前進です!

昨晩も、書類を前に、あーでもない、こーでもない。

我らがビューハイツのY社長も、
「5000分の1の地図がこれ、断面図がこれ、、この書類は使えるぞ、、」
と、付きっ切りでご指導。
なんか、受験前に、必死になって勉強する我が子を見守る、、父親のよう、、、。
感謝。

一人であれこれやっていても、しょうがない。
わからなければ、確認するのが一番。
分からないもの同士で話し合っても解決しない、、、
何度でも足を運ばないと、、、、
と、Y社長から言われたので、環境省へ再び出向くことに、、。


で、本日、朝の一仕事のあと、
環境省へいざゆかん!

担当のSさんと、再びの対面。

前回、揃えるように言われた資料を見ていただきました。
縮尺1:25000の地図、1:5000の概況図、写真、1:1000の各階平面図、二面以上の立面図、断面図、構造図、意匠配色図、給排水計画図、施設の配置を明らかにした1:1000配置図、経営に要する経費、収入支出の総額、事業計画書、収支予算書、資金が調達できることを証する書類、工事見積り、土地の使用許可、関係法令、、、、、、
ふぅ、、なんかいっぱいなのですわ。

「図面ありましたか、、良かったですね、、。あ、、これで十分かと思いますよ、あとは、意匠配色のですね、、
これに、色を塗ればよさそうですね、、断面図、、あぁ、こっち側がないですね、、
でも、まぁ、大丈夫でしょう」

ほっ、良かった。

で、もう一度資料を整理し、まとめて、提出したあとに、
環境大臣から許可が出るまでまって、それから西部総合事務所に営業許可を申請すればいいですよね、、。

「いえ、、同時に営業許可は申請されていいですよ、、環境省があとの認可でもいいです」

あれ?前回、公園事業主になってからじゃないと、営業できないと、、。

「いま、現在されている宿ですし、そんなことはないです。
そういえば、前回、宿の規模を聞きませんでしたよね、、あぁ、、畳数から言えば、定員は21ですか、、、この規模なら、公園事業主にならなくても、、、」

前回、新規開業は、必ず、、とおっしゃいましたよね、、。

「まぁ、、環境省としての希望です。皆さんが公園事業主になられて、共に公園をよくして行くのが理想ですから、、」

なんと、、

「そういえば、、あんまり資金がない、、とおっしゃってましたよね、、」

はい、、お恥ずかしい話でござんすが、そうでやんす。
でも、銀行から、融資を受けますので、なんとか回転資金が用意できます。

「いやぁ、、安定した資金がないとなると、、、、、ちょっと、、公園事業主として、認可されるかどうか、、、
せっかく、いろいろ資料を揃えていただきましたが、無駄足になっては、、」

と、ワタクシメの事業計画書と収支予算書をコピー、、。

「ちょっと確認してからご連絡します」

、、、あ、、えーと、あと、付帯設備というところで、新規に油タンクを設置するのですが、
これを許可をお願いしないといけないですけど、、で、、確か、設置後に目隠しをするんですよね、、。

「いえ、、カタログを見ると、クリーム色ですね、、、目隠しはいらないですよ、、かえって、目隠しを作られて、敷地からはみ出る(上部から見て、屋根からはみ出る設備はすべてアウトなので)方がまずいです」

おおぉぉぉぉぉ、、、、、
なんとなんと、、、なんかよくわかんないけど、、何とかなりそう、、。

昨日までモヤモヤしてたものが、ちょっとなくなったぞ、、。
「環境省」というこの堅苦しい漢字が、私を身構えさせていたけど、、案外といい感じなのね、、。
担当のSさんも、とっても親切にご説明いただきました。



ということで、立ちはだかる、、と思われていた環境省の問題がちょっとクリア。


人生甘くはない、というけど、案外と辛くもない、、、、
周りの人がいつも支えてくれ、助けてくれている、、、
役場の人だって、鬼ではない、、、
こっちが必死に頑張っている姿をみれば、助け舟を出してくれる、、
あぁ、、、、皆様感謝、感謝。



ちゅーか、
私って、早とちりのトンチンカン。
じっくり話を聞いていれば、環境省の許可のことだって、理解できたはず。

あぁ、、反省であります。

愚痴愚痴ネチネチ言ってごめんなさい。
環境省、、、いいところです。

0131.jpg

それにしても、、頭を使ったわ。
活字をじっくり読んで理解する、、、なかなか難しいことだわ。
日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

一歩進んで二歩下がる?

さて、急ぐ申請書類を本日提出。
あぁ、、これで終わったわけではない、、ほんの入り口の穴をこじ開けた程度。
穴の先は、まだまだ真っ暗。

まずは、何を急ぐのか、、、。

自分が、どこをリフォームしたいのか、設備はどうするのか、、、。
今までは、こんなところを検討中でした、一体いくら予算がいるのか、誰に頼むのか、、。
業者を呼んで、見積もりやら、設備の話やら、いろいろ聞かせてもらいました。
まだ、確定ではありませんが、
私がどこにお金をかけて、手直しするのか、、おおよそ決めることができました。
もちろん、工事が始まってからも、ああでもない、こうでもない、、と言い出すかも、。
とは言え、湯水のように金が用意できるわけではないので、
本当に優先すべきことのみ、今回させていただきます。

いずれ、自分が希望するすべての部分に手を加えられるよう、
それは、自分がどれだけ頑張ったか、、結果によりますね。

で、、次は何をすべきなのか、、。

今回工事をするに当たって、どうしても、行政の許可がいるものが、、。
それが、今まで何度か話題にしている、
「灯油タンク」の設置です。

200リッター2台を設置、これは確定事項。
そして、見積もりを依頼、金額、まぁ、、なんとかクリア、、。
周辺施設との兼ね合いもあるので、妥当な見積もりでしょう。

まずは、希望する場所に、タンクが設置できるのか、、、。
先日、灯油タンクのことで業者にきていただき、設置場所も確認、
その上で、引き込むためのラインの長さも確認、、これでほぼ、決めていたのです、、、
が、、がっがっがっ、、、、
念のため、消防に電話で再度確認。

200のタンクは2台設置しても、規制はなかったですよね、、、。

「いえ、、200なら規制が入りますよ、、」

?? はぁ?

あ、、でも、前回確認したら、200を2台なら大丈夫だと、、、。

「いえ、、200から規制が入ります。「200カラ」ですよ、、」



「199ならいいですよ、199、2台なら、、」

なんのこっちゃい。

あぁ、、わかりました。
で、2台を並べて設置予定ですが、、。

「並べるなら、間が1M開けないといけないですよ、、」

う、、、、。

「とにかく、設計図もって、必ずきてください。電話では勘違いもありますからね、、」

はい、、(涙)

どうも、振り出しに戻った気がするなぁ、、、。
いやいや、最初の駒より一歩は進んでいるはず。

ということで、再び業者立会いの元、設置場所を再度確認いたします。
で、キチンとした図面を書き(私が、、)、今度は、消防署へ足を運びます。
消防署からGOサインがでたら、
図面とその他諸々の申請書類を持ち、
「環境省」へ、タンク設置の要望をいたします。

で、許可が下りるのが、一ヶ月先?二ヶ月先?はたまた三ヶ月先??????

まさか、、そんなわけないよね(涙)。








日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

開業するって大変なのね、、、、。

悪戦苦闘の日々であります。

膨大な書類(許可申請、図面、見積もり、事業計画書、、、、)に目を通し、慣れない活字に悩まされ、
専門知識が必要な、業務用の設備の話に耳を傾け、書いたことのない図面に線を引く。

うぎゃ、ただでさえ勉強嫌いなワタクシ、、。
肉体労働が向いているわ、、とつくづく感じる日々であります。

でもでも、これを乗り越えねば、、何も始まらぬ。
毎日毎日、自分に言い聞かせています。

それにしても、開業するって大変なのね、、。

昨日のこと、
業者に設備の話を聞きながら、見積もりやらなんやらしていた時に、私を訪ねて来てくれた方が、、、
大山バックパッカーズのSさんです。
実は初対面!
メールでは何度もやり取りしていましたが、お会いするのは始めて。
私のような小っちゃな女性でした。
初めてあったとは思えないほど、意気投合。

リフォームの苦労話、お金の苦労話、、あぁ、、聞けば涙の物語、、、。
やっぱり大変なんだな、、。

でも、話を聞いて、私はまだまだ楽な方だとわかりました。
国立公園内ということで、申請には手間取りそうですが、
買い取る宿は、現在進行形、、つまり、空き家にならずに済むのです。
Sさんの買い取った宿は、3年の空白時間が、、。
その、たった3年と思われる空白時間が、家の寿命をぐっと縮めているのだと、わかりました。
とにかく、開業に向け、2年という年月をかけリフォーム、、セルフリフォームだから、、かもしれませんが、
長い時間をかけて、コツコツと直してこられたようです。
その間、セルフと言いながらも、かなりのお金をかけて手直ししたようでした。
以前メールで、
「生きている家っていいですね、、」と。
本当です、私は生きている家を引き継いだのです。


生きている家だから、
私は、無謀にも4月下旬の開業を宣言!
しかも、何も行動に移さずして、高らかに宣言!
無知と書いて「バカ」と言うのか、、、。

バカでした。
妄想と現実は違ってました。
4月1日から23日、、、、、そんな短期間で開業だなんて、、、。
バカバカバカ、、、。

お恥ずかしい、、、。

みなさん、ごめんなさい。

でも、精一杯、開業に向け現在進行形。

そして、焦らず、じっくり、よくよく考え、
一歩一歩確実にやるべきことをこなして、開業へ突き進んで行きます。

山と同じ、歩みは遅くとも、必ず目的地には着くのです。
もちろん、天候が悪くなることも、道に迷うことも、
もしかしたら、一度引き返さないといけない時も、
無理せず、自分のペースで、そして、自分の歩幅で進んで行きます。

ご予約いただいている、皆様。
その時までに、開業できない可能性も、、でも、ぜひ、お泊りにきてください。
料金はいただかなくとも、私は皆様をお待ちしています。


0124.jpg

この頃頻繁に町へ。
町から大山に向かって、移動中。
雪なんて、全くないね。

0125.jpg

おぉ、、少し雪が、、、。

0126.jpg

やっぱ、ありますね。

0127.jpg

木々の間から大山が、、、ちょっとわかりにくいかな、、。

0128.jpg

雪が緩んで歩きにくい、、
まだまだ、長靴必要です。

0129.jpg

ゲレンデが見えてきました。
うーん、まだあるなぁ、、、。
でも、このポカポカ陽気、、、、時間の問題か、、、。




日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

ガスVS灯油。

あぁ、、、わからん。
ガスVS灯油、、、、。

本日、ガス関係の会社の方、灯油関係の会社の方、両者に時間差で来ていただき、施設内を見て、
イニシャルコスト(設備投資)、ランニングコスト(毎月の経費)について、じっくり話を聞かせていただきました。

本当は、ここにVS電気、、というのが加わるはずだったのですが、
電気関係(例えば中電など)の方に声をかけてなかったので、
ハイ消えた!という感じでとりあえず、目先の選択肢から消えました。
というか、、
電気設備工事にきていただく方に、電気は高いよ、、エアコン?寒冷地仕様でも効かないよ、、。
と、聞いてたので、選択肢から、ハイ消えた!ということです。

さて、それぞれに言い分はあるもの。
私はいずれにせよ、全くのド素人。
「奥さん、、いいのありますよ、、」(こんなイメージ、、)
などと、言われたら、
へぇーそうなんだ、、じゃ、お願い。
と、言ってしまうレベル。

これではいけないので、
ビューハイツのY社長を味方に、ちょっと詳しいですよ、、風を吹かせてみる。

まずは、
灯油のお話。

今現在、すべてを灯油で賄っている寿荘さん。
客室の全館暖房、お風呂、台所のお湯、食堂の大型ストーブ。
昨日まで、その設備でお客様を受け入れていたわけです、、、。
正直、何の問題もない、、。
しかーし。
今、問題視すべきことは、建物の地下に埋まっている6000リッターの地下タンクのこと。
消防の検査に、次回絶対引っかかることがわかっている。
地下タンクを維持することは大変なこと、、。
閉鎖した方がいい、、というのは、皆さん周知のこと。

じゃあ、冬の期間に3000ー4000リッターを消費すると聞いているが、その燃料をどう確保するのか、、。
ここが問題点であったのですよ。

で、灯油関係(ガソリンスタンド)の方の言い分。

「200リッターの外付けタンクを2台つけます。計400ですよね。給油は頻繁にできますよ」

現オーナー「今シーズン、一ヶ月に約1000消費してます」

ん?っつうことは?
一ヶ月約10万の灯油代金か、、。。

「1000ですか、、じゃあ、給油を頻繁にすれば、問題ないですね、、、」

あれ?そういうこと?
設備投資そんなにしなくっていいってこと?

あ、、でも、ボイラーが古くって、改修工事とかは、、?

Y社長「まだ、14年らしいので、十分使えるよ。新しいボイラーだぞ」

え、、そうなんですか?

「もったいない、、このままで十分ですよ、地下タンク閉鎖と外付けタンク2台設置、、それだけです」

おや?なんだかあっさり解決??????

いえいえ、、
私が思う灯油の問題点は他に、外付けにするタンクに対する環境省の許可が取れるか、、です。
申請書類を提出し、見えないようにする囲い、配色、、色々と許可が必要。
消防の許可は問題ない(200を2台でOKいただいてます)ので、環境省の許可次第。
それと、全館暖房は、一部屋だけを温めたいのに、全館温めないといけないというロスが、、。
たった1人のお客でも、全館暖房ですよ、、。
安宿なのに、、もったいない気が、、、、、。

とりあえず、タンク閉鎖費、外付けタンク2台設置の見積もりをお願いいたしました。


さて、次はガス。
ガス給湯器を新設し、お風呂、台所でお湯が使えるように工事します。
うーん、イニシャルコストがかかり過ぎるかも、、。

ランニングコストは?

「灯油が1ヶ月1000ですか、、。今、ガスの方が高いので、ランニングコストも1.4倍します」

え?じゃあ、灯油を給湯に使うべきですか?

「そうですね、、、、給湯は灯油がいいかと、、ボイラーも新しいですし、、」
「でも、客室は、FF式のガスヒーターの方がいいかと思いますよ、
換気いらずですし、安全です。温めたい部屋のみをピンポイントで温めることができますよ、全館暖房は無駄ですよね」

そうなんです、私もそれは考えていました。
寒くなると、循環させている水が凍らないように、常に機械を動かさないといけない、、、。
とにかく、お客がなくっても機械を動かし続ける、、そして、音がうるさいという欠点が。


「ガスは瞬間的に暖かくなるので、部屋があったかくなるのは早いですよ」

実際使っておられる旅館に聞いたら、すぐにあったかくなるし、いいよ、、とのこと。



なるほど、、、
それぞれに利点があります。
さてさて、どっちがいいものか、、、。


正直、灯油は年々値上がり中。
いずれ、逆転する可能性も、、、。

うむ、、これは決めかねる。

見積もりを比べて、じっくり考えますわ。


0130.jpg

日が沈む頃まで、出かけていました。
仕事は、今日は休ませていただきました。
ということで、ただいま、穀潰しの身。
週末はまた仕事しますー。


日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

40年の歴史。

大山寿荘さんが、
本日をもって、長い歴史に幕を降ろされました。

旅館を始める前は、タクシー会社をあの場所でされていたらしいので、
それを含めれば、もっともっと長い間、大山寺にいらっしゃったことになります。

今日は、別れを惜しむ、常連さんが入れ替わり立ち替わり、挨拶に来られていました。
スキーに来たわけではなく、別れの挨拶をしに、ご夫婦に会いに県外からいらっしゃった方も多数、、。
ものすごく、愛されていた宿なんだなぁ、、、。


あぁ、、、私みたいなものが受け継いでよかったのだろうか、、、。
お客さんも複雑な気持ちで、新たに入り込む私を見ているのではないだろうか、、、。
いろんな思いが駆け巡った日でした。


寿荘さんとの関わりは、まだ一年にも満たない短いもの、、。
でも、この数ヶ月で、知らない40年の歴史をお客様を通して見ることができた気がします。


「寿荘」から「寿庵」に、、
経営者は変わりますが、思いは同じ。

愛されてきた宿が一つ消える、、、のではなく、また愛される宿を目標に、私なりに頑張って行きたいです。

皆様、よろしくお願いします。

さて、、
愛され度数がわかる出来事が、、、。
午前中、ユニットバスのショールームへ行く前に、宿に立ち寄った時のこと。

できれば、お風呂を寒い時期にも暖かく利用できるように、ユニットバスにしようかと考えています、、
と、私が話をしていると、それを聞いていたお客様が、

「今のお風呂でも、十分。寒いなんて思ったことないよ、、狭いけど、設備に関しては何の苦情もないよ、、
だって、快適な宿にきているわけじゃなくって、会いたい人がいるからここにきている、、」

つまり、「オーナー夫妻に会いにきている、、」と。

設備の不備や不便さは、オーナー夫妻の人柄でカバーしているということ。
そして、誰もが、
「寿荘LOVEですから、、」と、口を揃えておっしゃってました。

ここまで愛される宿作り、、
まさに理想とする宿がここにあります。

私、、、頑張らないと、、。
比べられる宿が目の前にあるのですから、、、、プレッシャーも感じます。
でも、やりがいがものすごくあります。

オーナー夫妻には叶わないのはわかっています。
でも、いつか追いつけるように、精一杯努力します。
40年後に、
今日、見させてもらった、風景、、
つまり、お客様がひっきりなしに、挨拶にくる光景、、、
こうなれるように、そして、これを目標に頑張りますね。


40年、、、、
まてよ、、80歳?
80で現役女将、、、?
そこまでできたら、本望ですわ。






日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

ガス、灯油、電気、リフォーム。

今日は、朝から、素晴らしい天気でした。
山が綺麗で、真っ白で、、青い空によく映えていました。
そして、夕方、、夕日が山肌を照らし、ピンクに染まる、、。
オレンジ色の夕日が、木々の間へと消えて行く、、、。
ほんとうに、綺麗でした。

あー!!!!
写真におさめてブログにアップ!
と、思ってたのに、、、。忙しくって、それどころじゃなかった、、、。

ただいま、夜の10時過ぎ、、
ようやく、仕事が終わり、これから、明日以降の予定を整理。

今現在、灯油でお風呂を沸かしているのですが、その灯油の地下タンクを撤去するので、
それにかわる燃料として、ガスを使うことに決定。
それには、ガス給湯器が必要だな、、。
ガス屋さんは、月曜日にきてくれることに、、、館内をチェック、何が必要なのか、見ていただきます。
それから、タイル張りのお風呂でシャワーを使うのは、そうとう寒い。
予算的にOKなら、ユニットバスを入れたいなぁ、、、。
ということで、
明日、町の方のショールームで、ユニットバスなどの展示会を開催してると聞いたので、行ってみることに。

私もゲストハウス内で生活をするので、自分だって快適な方がいい。
今のお風呂は、昔ながらのタイル張りで風情はあり、けっこう好きな感じなんだけど、、、。
でも、快適に勝るものはない。


それから、、
電気配線の工事をしなきゃ、、、。
今、様々なものに電気が必要。
まずは、台所で、電気ポット、電子レンジを使うでしょ、、。
ドライヤーも使うし、各部屋で、暖房するにも電気が必要。
今のままじゃ、容量が少なくって、すぐにブレーカーが落ちる。
それを避けるためにも、全館工事をいたしますよ、。
で、明日の午後、電気屋さんがやってくるので、館内を見ていただきます。
なんとか、予算内で見積もっていただけたら、、、。

で、それに合わせて、大工さんがきてくれます。
台所にカウンターを作るし、客室を2部屋をリフォーム。
電気屋さんとのやり取りも必要なので、大工さんも午後に登場。

それとそれと、、灯油の地下タンクを閉鎖するのだけど、まったく灯油がないわけにはいかない、、、
客室の暖房に、
ストーブ、ファンヒーターを考えているからなぁ、、。
200リッターのタンクを新しくつけることは考えているけど、200じゃ不安、。
やっぱり、200を2台つけるかなぁ、、、。
月曜か火曜あたりに、来ていただける予定。2台の見積もりを頼まねば、、。


で、ワタクシ、並行して、役場提出の書類を準備しないと、、、。
これも、かなり急かされています。
こうなることはわかってたんだけど、、、
尻に火がつかないと、動かない私。
火がついたどころか、ただいま、燃え上がって、鎮火させるのに、大変であります。




さて、、今日はひとまず、寝るとするか、、。

明日は5時おき。
ひと仕事してから、ステラちゃんで、町へいってきます。
今日は雪降ってないからな、、、除雪しなくっていいはず、、、なんだけどな。






日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

引き返す勇気も必要です。

大山の遭難。
3名の尊い命が奪われました。
予定が、一日ずれていたら、なぜ、あんな吹雪の日に、縦走を試みたのか、、。
結果論でしかないけど、避けられたことじゃないのかなぁ、、といつも思ってしまう山岳事故。

大山の登山ガイドのKさんのコメントがネットニュースに、、。

「登山には『ベテラン』というものは存在しないと思ったほうがいい。
何十年の登山経験があっても、油断は禁物」と指摘する。

本当に、そう思います。
私みたいな、冬山は経験がほとんどない者でも、、天気さえよければ真冬に大山に登ることだって、、、。
初めて冬の大山縦走を体験した山仲間のYさんだって、登山歴は私より浅い。
経験が浅いから、、ベテランだから、、、
そんなものは通用しないのが自然の恐ろしさ。

もちろん、とっさの判断はベテランの経験が生かされる、、。

でも、わかるなぁ、、、

ここまで来たから、あともう一歩、、。
あぁ、、山頂が見える、、
あと一息、、、、。
これが最後の百名山、、何としても登頂するぞ、、。
明日は仕事、今日中にあの小屋までたどり着かないと、、、、。

この気持ちわかります。

いつ、断念して引き返すのか、、難しい判断です。
「でも、引き返す勇気も必要」
山の人は、合言葉のようにこの言葉を言います。

亡くなった3人も、わかっていたと思うなぁ、、。



「事前に天気図や高層天気図を見るなど、天候を十分に調べることが必要。
ガイドを付けたり、天候が下り坂になれば引き返す判断など、雪山に挑む際の基本的な知識の習得が欠かせない」

わかっちゃいるんだけどなぁ、、、。

まさか自分が、、、
みんな、そう思って、出かけるんだから、、。


0122.jpg

ステラちゃんが、、、
まさか、、、こんなことに、、。

0123.jpg

雪かきに30分、
まぁ、、30分程度ならたいしたことはない、、。

でも、約15分、麓に下れば、雪は全くなし、。

自然の厳しいところだわ、、、、。



日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

環境省へようこそ!

さて、、私が昨日ぼやいていました、
「姉さん、事件です、、」
まさに、私には事件、、だったのですよ。


先日、環境省へ行って参りました。
もともと、環境省へ用事があったわけではなく、
何度も話題になっている、生活環境局へ行った時のこと。

まずは、Step2の、営業許可申請のことで、
フルネームで言うとすれば、
鳥取県西部総合事務所、生活環境局、環境・循環推進課、環境衛生担当のTさんとお話。

そして、Step3の、飲食店営業のことで、
鳥取県西部総合事務所、生活環境局、生活安全課、食品担当のIさんとお話。

さて、その次に、国立公園内での営業、、
看板設置に許可がいる、と常々聞いていたので、その看板設置の相談に、
鳥、生、生活安全課、動物・自然公園係のNさんとお話、、、、
の予定で、これをStep4と考えていた私。

そのNさんから、
「環境省の方へまずは、行ってください、、」
と。
その日はあいにく環境省の担当者が留守、、
で、次の日出直してまいりました。

肩書きを書くと長くなるので、割愛。
担当のSさんと、ご挨拶。

まずは、国立公園とは何ぞや、、のお話。
当然、伐採はできない、植物採取はできない、、等々の一般的なお話。
で、
私は看板設置のことしか頭になく、その話を切り出そうとするのだけど、
話は思わぬ方向へ、、、。

「国立公園内での営業ですので、公園事業となります」

公園事業?

「国立公園内のすべてのことが国で管理はできないので、民間の方にも、ご協力いただいてます」
つまり、
「利用のための施設ということで、宿、レストラン、食堂、売店などの種類があります」

はぁ、。

「宿をされるんですよね、、」

はい、ゲストハウスです。

「大山寺宿舎事業ですね、、」

??

「公園内での事業は許可が必要になります、、」

???


私が理解した内容としては下記の通り。

国立公園内での宿の運営は、環境大臣の許可を受けて執行することができる。
つまり、国の委託事業みたいなもの????
通常は、いろいろな規制があるが、事業者になることで、特別優遇措置がある。
山菜などを採ってもいいってこと?
そして、国立公園になる前から営業している旅館などは、この公園事業ではないということ。
つまり、山菜をとっちゃダメ?
新規で開業する場合は、絶対に許可を取らないといけない、ということ。


あ、、あのう、、、申請してから許可されるのはいつなんですか、、、?

「3ヶ月です、、」

?????
ちょおっとぉ、まぁたぁぁぁ、、、、、、、。

え?4月下旬に開業予定なんですけど、、、、。

「・・・・とりあえず、早く申請しましょう」
「環境省のHPみてください。申請書類がダウンロードできますよ」

(涙)

さて、帰ってから、さっそくHPを開く。

「環境省へようこそ!」


申請、届出等手続き案内>自然環境・生物多様性 自然公園>「国立公園事業の執行協議(許可申請)」

「国立公園事業の執行協議(許可申請)」
クリック。ぽち。

あぁ、、もう見たくない、、。
またもや、提出書類が山のよう、、、。
あぁ、、、だれか、、助けてー!!!!!!


さて、Step1~4がどれが最優先事項?
はっきりいって、公園事業じゃないのか????

わからぬ。


さてさて、プレオープンに間に合うのか?
はたまた、開業できるのか?
今まで強運で掴み取ってきた人生、運はここで尽きるのか?

乞うご期待!

0120.jpg

数日前の晴れやかな天気。

でも、今日は雨風、、そして、吹雪、、。
あぁ、、私の心の中のようだわ、、。






日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

飲食店営業。

朝5時半に起床。
6時から、朝食の盛り付けの仕事。
6時半に自分たちの朝ごはんをかきこみ、
7時から、接客。
片付け、皿洗い、、。
で、9時から仮眠休憩。

でも、寝ている暇はありませんわ。
ブログを更新、、、、
眠い、、
10時、、あ、、部屋掃除の時間です、、。
ブログ途中投げ。

まぁ、、こんな感じ。
でも、時間を作ってでもブログを書くことで、色々なややこやしい申請について、自分でも理解。
理解、、、してるつもりなんですけど、、、(涙)

さて、私の考えるStep1が、「消防法令適合通知交付申請書」(消防署管轄)。
で、Step2が、「旅館業営業許可申請書」(生活環境局管轄)。

で、Step3とするならば、
「食品営業許可申請書」と、なるでしょうか、、。
管轄は、こちらも生活環境局というところ。

ワタクシ、何度も言っておりますが、
食事提供はいたしません。
でも、コーヒーをお客様にお出しすること、お菓子をお出しすること、、それは今後、想定できることです。

駄菓子菓子(だがしかし)、
これらをするには、「食品衛生責任者」の資格を取得し、飲食店営業の「営業許可申請」をする必要があります。
何故?
買ってきたコーヒー豆を使い、ドリップするだけじゃん!
買ってきた駄菓子や菓子を袋からあけて、出すだけじゃん!
いえいえ、、違うのですよ。

私の汚い唾液が、ドリップの途中で混入し、お客様が腹痛を訴えるかもしれない!
私の汚い細菌だらけの手で、触ったお菓子で、お客様が食中毒になるかもしれない!
なんのこっちゃ、、、。
でも、そう言うこと。
その場合の責任の所在は?ってこと。

そのため、食品衛生責任者がいないとダメなのです。
この辺りは講習を受ければ、問題なし。さっそく、4月10日の講習に申し込みを、、、。
で、
相変わらず高い、、、7000円なり〜。

そして、いつものように、手続きに関するプリントをいただきました。

まずは、事前相談①です。
営業施設基準に適合しているか、、(これは大丈夫でしょう、、だって、ただいま営業中ですよ)

そして、申請②、
営業開始の10日前までに申請すること。

・営業許可申請書(OK)
・営業所付近の100m以内の見取り図(たしかある)
・営業施設、設備の構造、大きさ等を記載した図面(これも、たしかある)
・申請手数料(涙、、、17600円、、涙) 、食品衛生協会に加入に場合は協会費も、、(涙、、、9000円、、、涙)
・食品衛生責任者設置届(講習が終われば大丈夫)

そして、調査③、
設備に不備があれば改善後再検査。
この調査に関する項目が、多すぎる、、、、、手洗い場、床、壁、とにかく、いろいろチェック。
書くのが面倒なので、割愛させていただきます。

いよいよ、許可④、
10日くらい、かかるらしい、、、、。役所ですから、、。
連絡あれば、印鑑を持っていざ出陣!許可証をただきます。ごっつぁんです。

ふぅ、、、、これがStep3、、、、。


で、Step4が、環境省の看板設置について、、、、。
実は、、、ここで問題が発生、、、。問題?
頭がいたい問題です。
私の頭の問題なのか?

「姉さん、事件です、、」(高嶋政伸 風に、、)





・・・・・仕事が終わって、ただいま夜の10時。

ようやく、自分の時間であります。

いやぁ、、、一日早すぎる。
24時間では足りませんな、、。
ワタクシ、ネズミのように心拍数が早いとか?
それで、一日早いのか?

さて、明日は5時おき。
寝る前に、もう一度、書類に目を通すかな、、。
これが、なんとも良く寝れる、、
目を通した途端に、瞬殺です。

専門用語の乱立に、眠気が一気にくるのですわ、、。

日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)