topimage
2014年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2014年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

不惑。

みなさん、オリンピック見てます?
残念ながら、私は、テレビを見る時間がない!!!
でも、メールする時に、ネットニュースでちらり。

4年に一回、、、。
誰が決めたのか、、、、4年に一回。
その時期に、自分の身体、技術をピークに持って行くのは難しいよなぁ、、、。
タイミングがよかった、、運が良かった、、、とも言えるかも。

フィギュアの真央ちゃんだって、
天才少女(今でももちろん天才だけど)と呼ばれたあの頃に、オリンピックに出てたら、
金だったかもしれない、、。
でも、年齢的に出れなかったんですよね、、。
あ、、もちろん、今回「金」かもしれない、、頑張って欲しいなぁ、、。

そう思うと、
葛西さんはすごいなぁ、、、。
「レジェンド」とか「中年の星」なんて、書かれてたけど、、、
選手生命短いスポーツの世界で、7回?も出てるなんて、、ずっとトップを走り続けてるんですよね。



ん!?、、中年の星????40ってそんな歳?
私だって、もう中年!?

実は、葛西さんの活躍が年齢を引き合いに、色々言われてることの方が、なんか変な感じ。
私が思うに、葛西さんだって、そんな自分の歳のことなんて、考えてないと思うなぁ、、、。
頑張れてる最中は、ずっと現役だし、衰えるなんて思ってないはず。
きっとまだまだ、若いって思ってる、、。
私だってそうだわ。
まだまだ、夢を追っかけてる、、、人生終わったわけじゃない。
40代、、人生これから!

40は「不惑」の歳、、と言われる、、
何のことかなぁ、、と思ったら、
ものの考え方に、迷いがない、、自分の考えに自信を持って、迷わないで進んで行く、、。
と、いうことらしい。

自分が選んだ道が、ぜったい正しいのかよくわからない、そして自信があるわけでもない、
でも、今は、迷いはない。

もう、進むべき道ははっきりしている、、日々、クリアに明確になってきている。

よーし!
私もレジェンドと呼ばれるように頑張るわ、、。
レジェンド、、伝説??なんのこっちゃ、、、。









日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

引き継ぎのご挨拶。

土曜日のこと。
夕方の接客時間に抜け出して、大山寿荘さんへ。
常連の出雲スキークラブさん、そして、毎週末くるという、超常連のMさん夫妻、、、
とにかく、紹介したいから、、来て欲しい、、と。
目先のことより、今後のこと、、、私にとっては大切なことです。

クラブの面々とご対面、、。
初めて見る顔、顔、顔、、、、キンチョーです。

でも、同じ出雲人、、、、(私は出雲市出身です)
話し出せば、同じ「ずーずー弁(出雲弁)」。
すぐに、緊張が溶けました。
近所の話で盛り上がり、山の話で盛り上がり、私の母を知ってる方まで!!!!
いやぁ、、、ご近所さんのノリでした。
それにしても、年齢も様々、、、でも、同じスキーの仲間。
みなさん、とってもいい雰囲気。

オーナーのN夫妻がいつもおっしゃってました。
「お客さんがよかった、、お客さんに助けられた、、」と。

そして、Mさん夫妻、、、
なんだか、スタッフのように、お手伝い、、。
お、、お客さんですよね?
でも、楽しそう、、、。

寿荘さんの、今までの、お客様との関わりがよくわかりました。
とっても、蜜なお付き合い、、。

私がオーナーになっても、いいおつきあいを今後して行きたい、、、。
ただ、宿のスタイルがガラッと変わります、、。
受け入れることができない方もいるかもしれません、、、。
でも、私なりに精一杯、頑張りたいです。

みなさんお酒も入り、盛り上がっていた途中でしたが、
仕事を残して出て行ったので、
ご挨拶を済ませ、雪の中、急ぎ足で帰ってきました。

あー、、それにしても、皆さんいい方ばかり、、、。
ホッとしました。




カテゴリーに
「スキー」を追加しました。
子供たちに、スキーの楽しさを知ってもらいたい、、と、熱く語っておられた
出雲スキークラブのMスポーツさん。
イベント、スキー合宿、、、
今後(来シーズン)、寿庵と色々とコラボを予定しています。
なので、お知らせがある場合は、こちらのカテゴリーに入れますね。

Mスポーツさんとは、 持田スポーツさん。
ブログで、情報発信中。
ぜひ、見てくださいね。



0086.jpg

数年前にオープンした、モンベル。
中国地方初出店が、大山の登山口横とは、、なかなかイカス選択だわ!
山用品はもちろん、スノーシューにテレマークスキーなど、、
アウトドアに関する、様々な商品がありますよ。

定休日なし、夜7時まで営業、、。

ぷらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?






日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

理想だけでは、食べていけません、、。


妄想も、理想も、想像も、、、
頭の中で、あーだ、こーだと、あれこれ考える。
あーしたい、こーしたい、、
トイレ掃除をしている時、黙々と皿を洗っている時、、
私が静かにしている時は、なにか、想いにふけっている時。

ゲストハウスを開業する、、わけなのだが、、
まだまだ、半分以上が、理想だったりするわけです。

山仲間M氏が、スキー仲間を連れて、レストランをご利用。
で、私を見つけて、
「ちょっと、ちょっと、、、」と。

部屋掃除に追われてたもんで、頭の上に埃をかぶっての自己紹介。

なんでも、そのお仲間は、経営に関するプロらしく、
私の、のん気さを、心配したM氏が、紹介してくれました。

正直、私は、経営に関することは、まったくのド素人。
掃除のおばちゃんが急に、経営者になる、、わけですよね。

とりあえず、想像力と妄想力は持ち合わせているのだけど、
経営力は、0ですわ。

そんな私を捕まえて、どういう計画ですか?
と。
出てくるのは、
取ってつけたような、ウル覚え(商工会のMさんが使っていたような用語を駆使して)の経営論、、
まぁ、、経営論ではなく、、、ただの理想論、、かな?

そして、
「それでは、やっていけませんよ」と、ズバリ言われたわけではないけど、、。
話を総合すると、
「それでは、やっていけませんよ」と、ズバリ言われたようなもの、、。

まずは、集客をどうするか、、お客が来なければ、話にならない、、、。
固定費、変動費、、、経費だってどうなんだ?

う、、う、、。

頑張らねば、、、。



0087.jpg
玄関が、穴ぐらみたい、、、。
すごい、雪ですね、、、、。

昨日、夕方、大山寿荘さんへ、、。
土曜日、、しかも限りなく満室に近い日に、私が接客時間帯に出かけるなんて、、、。
ありえないこと、、。
でも、目先のことよりも、今後のことが大切な時も、、、。。

また、改めて、ブログに書きますね、、、。



あ、、、オリンピック、盛り上がってますね。
見る暇なんて、ないけれど、
フィギュアで金、ジャンプで銀、、くらいは知ってますよ。
ジャンプの葛西は、同世代、、。
頑張ってるなぁ、、、、。
スポーツの世界じゃ、いい歳ですよね、、。


そういえば、スポーツ選手って、よく、イメージトレーニングするじゃないですか、、、、。
えー、、いわゆる、それです、、私の妄想も、、、。
開業前のイメージトレーニング中です。

あんがい、蓋を開けてみたら、銀、、?金、、?くらいいったりして、、。
ま、、、そんな簡単な話じゃないか、、、(汗)




日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

もう一度、料金のご案内。

さて、、
ブログのみでの情報発信。
設備のことや、料金のこと、、日々の日記の中での紹介のため、
あとから、もう一度確認しようとした時に、わかり辛い、、、とのご指摘をいただきました。
本当だ、、、カテゴリー分けしないと、探す時に面倒ですね、、。

なので、改めて、、。

プレオープン期間中(4月23日ー5月30日)の料金は、。
(*誠に勝手ながら、5月15日から20日は休業させてもらいます)

「相部屋(ドミトリー)8畳」定員女性専用6名、男性専用6名まで。
お一人様、2500円(税別)

「ファミリー(グループ)ルーム8畳」1部屋のみ。定員6名まで。
4名様より、ご利用可能。
お一人様、3000円(税別)
お一人様(5人目より)追加ごとに、2500円(別)いただきます。

「ツイン6畳」3部屋ございます。定員4名まで。
2名様より、ご利用可能。
お一人様、3500円(税別)
お一人様(3人目より)追加ごとに、3000円(別)いただきます。

ファミリー、ツインのお部屋ですが、狭くてもいいので、定員を増やして欲しい、、
との希望があれば、相談に応じます。
その場合、料金をもう少し値下げいたしますね。

そして、子ども料金ですが、、。

年齢関係なく、お布団を大人と同じようにお一人分ご利用の場合は、通常料金をいただきます。
相部屋での添い寝は原則禁止とさせてください、、、すみません。

下記は、京都のゲストハウスの子ども料金を参考にしました。

0ー3歳のお子様との添い寝(布団なし)は、1000円(別)。
4ー10歳のお子様との添い寝(布団なし)は、1500円(別)いただきたいと思います。

実は京都はもう少し、高い設定でした、、、、が、なんとなく、添い寝で2000円以上取るのは気が引ける、。
気持ちとしては、添い寝は無料でもいいかな、、と考えていました、、、、
しかし、、設備ご利用料金、、、として考えることに、、、。

10歳までは、添い寝はOKですが、11歳からは通常料金をいただきますね。
ふむ、、10歳と、11歳の判別は?
3歳と、4歳の判別は????
その辺りは、自己申告で、、、、よろしくお願いしますね。


ちょっと、細かく決めてますが、臨機応変に対応させていただく場合も、、、。
お子様をお連れの場合は事前に、お知らせくださいね、、、。

さて、上記のプレオープン期間中ですが、、
6月1日をグランドオープンと宣言しているので、本来なら4月23日ー5月31日まで、、、、。
31日はどうなるんだ????

実は31日は土曜日、、。
なので、この日の料金は、勝手ではありますが、寿庵の正式な宿泊料金とさせてください、、、、。
つまり、グランドオープンの価格です。

さて、、グランドオープン日以降(5月31日ー)の価格は、まだ迷っている部分がありますので、
後ほど、改めて、報告いたしますね。

0085.jpg

現在の6畳の部屋。
右隅に置いてある、クリーム色のものが、置き型暖房機です。
灯油を使って、部屋を温めます。
地下の灯油タンクが今年で使えなくなるので、撤去、、。
ということで、この暖房機は今後、取り払います。
さて、、これに変わる暖房設備、、、どうしようかなぁ、、、、。









日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

チョコレート。

この頃、寒い日が続いていますね、、。
ゲレンデも連日マイナス気温、、でも、外に出かけることがほとんどないので、
寒そうだなぁ、、、と思うくらい。
ありがたいわ、、。
来シーズンはゲストハウスでの冬、、、、やっぱり、ぬくぬく快適環境を考えないとなぁ、、。

今日は、バレンタインの日。
お菓子業界の陰謀説、、が有力ではありますが、
まぁ、、いいじゃないか、、、、人にプレゼントをすると、こっちも心が暖かくなる、、。

地元で就職していたころ、外回りの営業マンだった私は、
この日は、チョコをカバンにいれての営業回り。
仕事上の付き合い、、ではあったけど、営業先の社長さんが喜んでくれたら、それはそれでこっちも嬉しい。

そして、大山で働きだした頃、
いつも、この時期にくる家族連れがいました。
親子3人で、一週間。
佐世保のTさん夫婦と息子のKくん。
当時、6、7歳だったかな、、。
可愛い男の子で、この日になると、チョコをプレゼント、、、(下心?なんて、ないよーん。でも、かわいかった)
それが、何年にも渡って、ずーっと続きました。
向こうからも、必ず、お返しに手紙とお菓子が、、。

お返しはいらないですよ、、と、いつもいうのだけど、
「Kがよろこんでお返しを選んで買うのですよ、、、」
と。

さすがに、高校受験前になり、スキーに来なくなってしまったのだけど、、
元気でやってるかな?
との思いもあり、手紙とチョコを送るようになりました。
いつの頃からか、お母さんの代筆に変わり、
「ちょっと恥ずかしくなったみたい、、、」
そうだよなぁ、、、、
高校ともなると、、ちょっとね、、。

Kくんが大学に入り、東京へ行き、本人にチョコが渡らなくなってしまったのを機に、
私も手紙だけになりました。

どうしてるのかなぁ、、、、、
いつか、彼女を連れて、スキーに帰って来て欲しいな、、。
次は、私の宿に泊まって下さいね。


0081.jpg

木立の間から、三鈷峰が見えてます。
山仲間M氏からの写真。
あ、、チョコ食べましたか?
M氏には、大変お世話になってます。
感謝の心を込めて、お渡ししましたよ。
日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

どうしても、休みたい、、。

まだ、プレオープンも、グランドオープンもしていないのに、、すでにお休みの予定、、。
と、言うのも、、。
実は、今年の春に開業する、、と決まったのより、ずーっと前から約束していたことが、、。

予約を開始し、みなさんの様子を伺っていたのですが、
幸い(?)、今のところ、この日に予約が入る気配はなさそう。
とあれば、早めに、休業日と掲げてしまおう。

プレオープンが、4月23日。
グランドオープンが、6月1日。

どうしても、休みたいのは、プレオープン期間中の、
5月15日から、5月20日の間。

山小屋時代(北アルプス鏡平山荘で働いていた頃)の、常連さんで、音楽家の方がいらっしゃいました。
そのRさんは、今でも双六小屋系列の大切なお客様。
毎年、バイトの面々を喜ばせようと、ものすごい量の差し入れを背負って上がってきてくれる。
60リッターくらいのザックが、いつもパンパン。
上から下まで、差し入れのお酒に、手作りパウンドケーキ、、、。
ちなみに、Rさんは女性の方。

私も、仲間に喜んでもらいたい、、と思うので、差し入れを背負って上がるのだが、水物は重すぎます、、。
乾き物、粉物、、できるだけ軽く、でも、みんなで分けることができるもの、、、
毎年、悩む差し入れ、、、。
でも、喜ぶ顔が見たいもんなぁ、、、、、。

現役で働いてた時、やっぱり、差し入れは嬉しかったなぁ、、。
お刺身、くだもの、お菓子、
ミスドのドーナツはテンション上がったなぁ、、。

まぁ、、差し入れをしに、何処かへ行く日、、というわけではなく。
その、Rさんが、岐阜県高山市でリサイタルを開かれるのです!!!、
実は、テレビのドラマなんかの音楽を作曲する、その筋では有名な方だったりするのだが、
山小屋で会う姿しか知らず、、、
煌びやかな、ドレスをまとい、ステージの上でピアノを弾く姿は想像できない、、、。

Rさんの話によると、山小屋関係の方をご招待、、。
むむ、、これは私にとってもいいチャンス!
別に下心、、があるわけではないのだが、
「大山ゲストハウス寿庵」を宣伝するいいチャンス。

ということで、
愛車、桃色ステラをぶっ飛ばし、高山まで行ってきます。

休業期間は、
5月15日から5月20日です。
勝手ではありますが、よろしくお願いします。


あ、、その間どなたか留守番しませんか、、、?????




ちなみに、このRさん、
とっても、美しい方、、若い頃(今でもお若いのですが、、)、
山を歩く音楽家、、として、注目を浴び、山と渓谷のモデルさんとして活躍されてましたよ。


0082.jpg

夏、7月中旬ごろの写真でしょうか?
山仲間M氏から、いただきました。
シモツケソウとクガイソウが、、、。
うーん、、この頃にも、臨時休業したい!!!!!
大山の山頂付近(三鈷峰すぐのユートピアあたり)の花畑、、、。
あー、、お花畑見に行きたいよー!!!!
日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

賛否両論フェイスブック。

フェイスブックを利用している人はどのくらいいるのだろうか、、、。
有名人のフォロワーが100万人とか、、1000万人とか、、、。
利用者数は当然、一億人なんてもんじゃないよなぁ、、、
今やすごい普及率ですよね、、。

始めて知ったのは、10年くらい前だったかな、、。
旅先で知り合った、イギリス人からお誘いを受けたのが最初。

なに?それ?

という感じだった、、。
当時、ミクシィが日本では流行っていたような、、、、。
こう言ったものが苦手な私は、ミクシィもフェイスブックも参加はせず。
あくまでも、連絡を取り合うのは、メールと手紙のみ。

何度も何度も、いろんな方(海外から)から誘いを受け、その度に、

利用方法がわからないから、、ごめんね、、と返信をしていました。

でも、震災があった時、フランスの友達がメールで、

「福島のMにフェイスブックで呼びかけるけど、返信が来ない、
彼女はどうしてるのか?仲間がみんな心配している」
と、連絡がありました。

メールでは、Mちゃんとやり取りをしていたので、
すぐにメールを返信。
彼女にMちゃんの無事を伝えました。

Mちゃんもその後、フェイスブックでみんなに無事を知らせたらしく、
フランスの友達から、安心した、、、と、メールをもらいました。

それが、私がフェイスブックを始めるきっかけになりました。

でも、まぁ、、苦手なものは苦手、、。
結局、ほとんど利用することがなく、放ったらかしに、、、、
時折、友達の近況報告を見るのだが、自分からの情報発信は全くせず。


とは言え、、、
フェイスブックの威力はよく分かります。
情報を発信するツールとしては素晴らしいものが、、、。

私のブログを見ている方は平均して、2、30人、、。
うむ、、、これでは、宣伝効果が少ないかもしれない、、、、、。

フェイスブック、、、今こそ、活用すべきか、、、、。

駄菓子菓子、、(だが、しかし)。
一日中フェイスブックに振り回されるのではないか、、、と、とても心配しています。
誰かが、コメントするたびに、返信しないといけないのではないか、、、。
コメントを見ているのに、無視したように思われるのではないか、、、。
誰かから、宿に対する問い合わせや、予約が入ったりするかもしれない、、、、
などなど、、。

アメリカから帰国中の宿の娘さんは、シカゴの五つ星ホテルのフロントマン。
当然、ホテルのフェイスブックやツイッターがあるとのこと。
で、当然、一日中フェイスブックとツイッターをする専門の人がいるとのこと。
24時間、目を光らせ、不適切なコメントを削除したり、問い合わせに返信したり、、、。

うーむ、、私には性に合わない気がしてきた、、、、、、。


今日、商工会のMさんに挨拶(年始の、、遅い!)に出かけ、その話を相談。
広告宣伝のツールとして、商工会でも、オススメ中。

そのMさんも
「ちょっと、慎重に判断した方が良さそうですね、、」と。
やっぱり、合う人合わない人があるみたい、、、。

さてさて、、どうしたものか、、、。

0080.jpg

将来的には、海外の人に向けても情報発信予定。
といっても、英語力をもう少しUPせねば!!!

英語の勉強にいいよ、、、と言われた洋書。
読んで見るものの、目が泳ぐ、、、、。

左端の「KIWI TRACKS」は、ニュージーランドのトレッキングの話。
読み始めて、5年、、、未だ完結せず、、(涙)。
日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

インドのゲストハウス。

昨日、ニュージーランドの話をしたのだが、もう一軒、インドでの話。

インドには、それこそバックパッカーとか、ゲストハウスと呼ばれる宿が、山ほどある。
きっと、タイなんかもそうだろうが、
ザックを背負った世界中の旅人に会うことができる。
そう、、アジアはある意味、旅人の聖地、、みたいなもの。

始めてのインドは24歳の時。
一ヶ月半、、実はインド人家族の家にホームステイ、という特殊な方法で旅、、をした。
記憶は曖昧だが、確か、、一日約500円で三食付き、、、もちろん、チャイは飲み放題。
当時、ひどい英語力で、家族との会話がほとんど成り立たず、、
でも、辞書を片手に、ノートに言いたいことを書き、必死にコミュニケーションを図ろうとした、、。
いやぁ、、、初々しい私、、。


2度目のインドは34歳の時。
ホームステイ先の家族に会いに行くのと、
列車でインド各地、一ヶ月間行けるところまで行く、、のが目的だった。
その頃は多少英語力がアップ、なんとかかんとかコミュニケーションが図れるようには、なっていたかな(?)。

で、その2回目のインドでのこと。

とにかく、宿の客引きには悩まされた、、。
列車を下りて、歩き出すと、すぐに客引きに捕まる、、。
そういうのは、ほとんど、ぼってくる、、
と言うのを知っていたので基本的には無視をする。

でも、まぁ、、インドを知ってる人ならわかるだろうが、無視したって、かなりしつこくついてくる。
こっちもクタクタに疲れてるから、そのしつこさに負けてついて行くことも、、。
日本円で3000円くらいひっかけられることもザラ、、。
もちろん出せないわけではないけど、ちょっと悔しい気もするので、
「高い、出せない」
と、下手すると30分くらいは言い合いに、、。

そんな毎日を繰り返しながら旅をしていた。
ある町で、
いつものように、インド人に群がられたのだが、

「この中で一番安い宿を紹介してくれるのは誰?」
と、聞いたら、
途端におとなしくなり、インド人同士が相談を始める。
で、
一人の若者が、自分だ、、というのでついて行くことに、、。
なんとも、単純なインド人である。

そうやって連れていかれたのが、優しそうな顔をしたインド人のおばちゃんの経営するゲストハウスだった。
汚い宿が多い中で、掃除が行き渡り、女性らしいセンスのとても素敵な宿。
かわいらしい、グリーンとブルーを基調にした、本当に素敵な宿だったなぁ、、。

料金は300円程度。
追加料金であったが、おばちゃんの作る、ご飯(当然カレーだが)がとっても美味しかった。

長旅の疲れと、日々のインド人との攻防で、ちょっと調子を悪くしていた私、、
のんびりしよう、、、と思い、一週間滞在。
その間、具合が悪くなった私を気遣い、
これを飲むと元気になる、、とか、今日は調子はどう?、、と、声をかけてくれた。

本当に、優しくしてもらった、、、

基本的には、インド人はとっても、親切である。

あのお節介さと、早口の英語で迫って来られると、ついつい、こっちも身構えてしまう。
騙すつもりはないのだろうけど、あんまり、グイグイ来るもんだから、こっちも、警戒してしまう、、。



でも、、
今でも、思い出すと、あれは、ヤラレタ、、としか言いようがないわ(怒)。
インドの大都会、ムンバイでのこと。
安い、というから、宿の客引きについて行くと、案外と綺麗な宿に通された。
ラッキーと思っていたら、どうもその先にある、あやしげな所。
安いと言われたのに、日本円で3000円くらい。
やられた、、と思ったけど、もう遅い。
仕方なく、その宿に泊まったのだが、、、、、

今、思い出しても、ゾーッとするわ、、。
人生初の、
「南京虫」
ひぇー!!!!!!!

身体中をさされ、刺しあとは100箇所くらい、、、
ぎょえー!!!!!

そんなに刺されてはないのだろうが、湿疹のように、身体中に反応。

あの痒み、、、、、
その後、一ヶ月以上、痒みに悩まされたわ、、。

あー、、おぞましい。

でも、まぁ、、これも、旅の思い出。

いろいろ旅をすれば、ハプニングも続出、、、。
また、その話は別の機会に、、。

in4.jpg
カラフルー。
お寺の前のお供え物、、。

in6.jpg
食べたーい。
フルーツはいつでも、たっぷり食べたい。
そんな私は、常にナイフを持ち歩く、、(危ない)。
買ってすぐに、解体、、口にパックっと放り込む。
炎天下したの生暖かいフルーツ、、甘みは倍増だわ。


インドはもう一回いって見たい。
次行く時は、44歳の時かな?
10年ごとに変わって行くインド、、、。
それまで、しっかり頑張って、いつか、またあの喧騒と雑踏の中に身を起きたい、、、、。
日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

お気に入りのゲストハウス。

あちこち旅をした中で、
とっても印象深かったゲストハウス、、、そしてお気に入りのゲストハウス、、。

まず一番に、思い出すのは、ニュージーランドのクライストチャーチのゲストハウスかなぁ、、、。

そこは、女性専用の宿、
オーナーが日本語を話すことができる、、、と、地球の歩き方(?)に書いてあって、予約をしたのが最初、。
うむ、、確かに日本語ができるのだが、
できるのは、
「こんにちは」と「さようなら」くらいだった。

そのせい(?)なのか、、
日本人がたくさん来るらしく、通された部屋は、
通称、ジャパニーズルームと呼ばれる、4人の相部屋でした。

何が、ジャパニーズかな、、?
と、入ったその部屋は、フローリングに直接、ベットのマットレスが置いてある、そんな仕様でした。

で、実際、相部屋になったのは日本人ばかり、、、。
異国の地であう日本人同士、当然、意気投合。
どの街が良かった、、とか、このレストランはオススメ、、とか。
ニュージーランド初日、、という子もいれば、ニュージーランド最後、という子も。
最後の子から、初日の子へ、情報と共に、物の引き渡しも、、。
たとえば、食糧、、とか、いらなくなった、服、、とか。
私はエコバックをゲット。その後の旅でずーっと愛用。

もちろん、そればかりがお気に入りになった要因ではなく、
キッチンもお気に入り。
とにかく、キッチンの充実がハンパなかった。

長期滞在者が多かったせいか、
ケーキを焼く道具、パスタを作るようなもの、パンを焼くこともできるし、
中にはうどんを捏ねてる日本人まで、、。
当然、電子レンジ、オーブン、、、
うれしかったのは、炊飯器。

夕方になると、スープが無料で振る舞われ、
コーヒー、紅茶、ホットチョコレートが無料で好きなだけ飲むことができた。

そして、
映画ルームなどがあり、山ほど、ビデオやDVDが置いてあり、24時間、誰かしら、その部屋にいて、
映画を見ていたなぁ、、、。
知らない者同士が、映画を見ながら、話をする、、。
「次、これ観るけど、みんな見る?」
と、次から次へと、映画を見る、、気がつくと、メンバーは入れ替わり、
また、知らない者同士が会話をしだす、、、、。

クライストチャーチに行くと、必ずその宿へ行くようなり、
例えば、左から、3番目のシャワーが使い勝手がいい、、とか、この椅子が座り心地がいい、、、
そんなことまでわかるくらい、利用させてもらいました。

でも、ニュージーランドで起きた、大地震、、、
クライストチャーチで多くの日本人留学生が亡くなった、、あの地震。

クライストチャーチで最も被害が大きかったエリアに近かった、あの宿は、どうなったのかなぁ、、、、。




0079.jpg

笛吹山からの、南壁、、。
これは秋の色。
昨日写真が、春の緑。
あぁ、、色の移り変わりがキレイだなぁ、、、、。
春、夏、秋、冬。
何度も何度も足を運んで欲しいなぁ、、、。

寿庵のこの部屋のこの布団がお気に入り、、、と言ってもらえるほど、皆さんに泊まっていただきたいな。


あ、、、そうだ、トップ画面の写真が変わりました。
密かにYさんが変更してくれました。
写真は山仲間M氏から、、、。
いつも、ありがとうございます。
日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

やっぱり、2月の週末だわ、、、。

昨日は、週末にかかわらず、少ないなぁ、、という日記を書いたのだが、、
さすがに、今日は多かった、、。

2月らしい賑わいを見せるゲレンデ。
やっぱり、こうでなきゃ、、。

宿泊部門は、キャンセルが相次いだため、そんなに、忙しい感じはなかったけど、
レストラン部門は大忙し、、。
炊いたご飯がなくなり、隣のレストランにご飯を借りに行くほど。

働きにきた頃(10年以上も前)、平日でも、賑わっていたゲレンデ、、。
すでに、スキーが下火になった頃ではあったが、それでも、今と比べると、
ものすごく忙しかったなぁ、、、。

私がゲストハウスを開業する大山寺には、ホワイトリゾートというスキー場があります。
毎日、ブログを読んでる方はご存知だと思いますが、
私は、ゲレンデの中の宿で今現在働いています。

冬はスキー、春から秋にかけては登山に散策。
年中楽しめる、、そんな場所で宿を開業いたします。
冬きたお客様には、夏にも、、、。
夏きたお客様には、冬にも、、、。

年に2回、、いやいや、、四季がありますから、年に4回、、、
来ていただきたいな、、。
そして、私も
「宿自体も楽しめた、、、」
と、皆さんに言っていただけるように、精一杯がんばります。

うーん、、それにしても、開業日記と言いながら、
ほとんど開業に関して書いてないなぁ、、、。

いろいろ、書いていきたいのですが、、、
まだ、身動き取れない状況、、、。ごめんなさい。

本格始動は3月からになりそう、、。
それまで、、たわいもない話が続きそうですが、しばし、お付き合いくださいませ。

もちろん、プレオープン、グランドオープンに関しての情報は、
随時、お知らせいたしますね。

0078.jpg

緑眩しい大山、、。笛吹山から南壁を望む、、。
春になったら、山仲間M氏とYさんと、、また山をウロつきたい、。
どこを歩こうかなぁ、、、。












日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)