topimage
2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
      
≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

冬の課題、つづき。

何度か触れていますが、冬の営業を妨害しかねない、問題点。
雪、寒さ、、、。

当然スキー場内の宿でもあるので、避けて通れないこと。

実は、登山や旅のお客向けのゲストハウス、、、と考えていたこともあり、
冬は、出稼ぎに出て、宿は閉める、、と当初考えておりました。

しかーし!!
このあたりの旅館の稼ぎ時、何故閉めるのか、、。


②暖房設備
現在、大山寿荘さんでは、全館暖房をされています。
当然ですよね、、この辺りの旅館はほとんどがそうです。
だって、積雪2m以上、気温だって、マイナスの世界、、、、、うーさぶ。



この辺りを散策されても、見ることはできませんが、
各旅館の地下には、
「地下タンク」なるものが存在。
ガソリンスタンドなんかがそうですね、、ガソリンを保管しているタンクがあるのです。
ガソリン、、ではなくこの辺りでは灯油を保有しております。

お湯を沸かす、暖房に使う、お風呂に使う。

寿荘さんは、定員約20名の小規模旅館です。
それでも、6000リッターの灯油を地下に保有しております。
6000ですよ、、、、。
家庭用のポリタンクが18リッターくらいですか?
今いくらでしょうか?2000円弱、、ってとこ?
多く見積もってリッター100円???

聞くところによると、、
冬の営業だけに、約4000リッターを消費、、、しているとか、、。

ん?ちょっとまてよ。
冬の光熱費、灯油だけで40万近い、、ってこと?????

実は、
これだけが問題ではありません。
この地下タンク、数年に一度検査があります。
そして、今年私が引き継いだあとに、検査日がきます。
で、問題とは、、、、
もう、タンク自体が古く、改修工事をしないと、使用許可が下りないのです!!!
大ピンチ!!!!!!!!

まだその辺り、詳しく話を聞いてはないですが、
私の認識ではそういうこと、、。
とにかく、ドエライお金がかかることは確か。

で、
ずっとずっと考えてはいたのですが、

「地下タンク閉鎖」を決定。

もちろん、素人の私だけの判断ではなく、うちの社長、寿荘さん、
まわりの旅館の方の意見、、、。
いろいろ総合しての判断です。


ん?
じゃあ、暖房はどうすんだ?

4月から、電気配線をすべて工事し直します。
そして、電気で暖を取る!という方向で考えて行きます。
電気ストーブ、電気毛布、電気カーペット、寒冷地エアコン、、、、。
当然、停電した時のことも想定しますので、灯油ストーブやら、湯たんぽやら、、。
灯油は小さなタンクを設置予定。
週一回のガソリンスタンドさんの給油でなんとかまかないます。

将来的にはマキストーブなんて、おしゃれなものを入れたいのですが、
ズボラな私が寒い中、早起きして、火をくべる、、、
考えただけでもできそうにない。

ボタン、ポチッと、ラクして暖か、、、、、。これに限ります。

もちろん、マキストーブはいずれ備えます。
火の前で、皆で語り合う、、、、、私の理想でもありますしね、、、、、。


これだけ話せば、
私が①暖房費を別途いただきたい理由がわかってもらえますでしょうか?

とにかく、自然環境が厳しい中での開業、、。
苦労はつきそうにありませんね。

いいことも、悪いことも、、色々ありますが、
大山と共に歩んで行く人生を選択、、、。

もう、動き出してます。
今さら引き返せませんよ、、、、ガンバレ!私。


0044.jpg
Sちゃんと枕カバーの糊付け作業中。
洗濯した枕を一枚一枚シワを伸ばし、糊につける。
それを干して、乾いたら、アイロンをかける、、、。
なかなか手間のかかる作業です。








日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)