topimage
2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

平成26年1月21日。

目まぐるしく働いていると、今日がいったい何日なのか、、何曜日なのか、、、
わからなくなることがある。

宿泊客が多かったり、レストランのお客が多かったりすると、
あぁ、、土曜日か、、とか、日曜日なんだなぁ、、と思う程度。
把握している数字は、お客の数に、配膳の数くらい、、。

それっくらい、バタバタした毎日を送っている。

でも、今日は大切な、不動産売買の仮契約の日。

仕事の休憩時間に慌ただしく、寿荘さんに向かって、雪の中を走って行く、、。

前日、女将さんに、「休憩時間を利用して伺います」と、メールをしたら、
「一生に一度あるかないかの重要な日、、仕事の合間だなんて、、まぁ、、仕方ないけど。本当なら、食事にでも出かけれたら良かったのに、、」とおっしゃっていただきました。

ほんとうだ、、自分の家を一軒買うのと一緒、、その大切な契約の日なんだなぁ、、、、。

でも、なんだか実感が湧いてこない、、。
まだ夢見心地、、、。


今回は、媒介という形で、きちんと米子の不動産屋に契約を取り仕切っていただきました。

冊子になった書類が4冊、、、
一つ一つを丁寧に説明していただく、、。
聞き慣れない言葉も多数出てきて、、わかったような、わからないような、、、。

国立公園内、、ということもあり、環境省の書類もありました。
建物の登記簿、、法務局が管理している、様々な書類、、、、、
とにかく、建物に関するあらゆる書類が用意してありました。

それらの書類に、すべて署名をし、捺印をする、、、。

なんか実感が湧いたような、、湧かないような、、、、。


あ、、それで私はあと何をすれば、、と思わず質問。

「では、引き渡しはいつがよろしいですか?」

え、、あー、、3月31日が物件引き渡しで、と話をしてましたので、その時で、、。

そしたら、不動産屋のKさんは、
「日取りがいいのは3月28日、、大安ですね、、」
と、、。
「ちなみに、今日は友引ですよ、、、。今日が仮契約のいい日だとおもったので、、」

へぇ、、、そうか、、、契約って淡々と書類にサインして、捺印、、って思ってたけど。
いろいろ考えてくださってるんだなぁ、、、、。

聞けば、国立公園内の売買は初めてで、書類集めが大変だったとおっしゃられました。
そして、これから、この大山寺で新たに建物を建てて、商売を始めることは難しいと、、、。
建ぺい率だとか建物の高さ、、とか道路から20m後退させないといけない、、とか、、
大げさに言えば、大山寿荘さんの今の土地に、建物を建てることができない、、との結果に。

なんか、、国立公園内で宿をするなんて、、、本当に私はラッキーだったとしか言いようがないですね。

帰りがけに、女将さんから、
これ、宿の皆さんで、、、お祝いだから、、、と言って、お赤飯を手渡されました。

なんだか、じわじわじわー、、と胸が熱くなりました。

本当に、心から言えるなぁ、、、寿荘さんを引き継ぐことができて、よかった、、、と。


ということで、
3月28日大安、、この日に、本契約と物件引き渡しが行われます。
そして、私がこの日を持って、
「大山ゲストハウス 寿庵 」
をスタートさせます。

皆さん、私の開業日記、、、もう少し、お付き合いくださいませ。

0048.jpg
リフトに乗って、旅館街へ、、、。
普段なら、リフトに乗らずに歩くのだが、今日は間に合わない!!!!!
大切な契約の日に遅れるなんて、、、、。

0049.jpg
こちらが、私に夢を与える場所。
うーむ、屋根の上、、こんもり積もってますなぁ、、、、、
ハシゴに登っての雪下ろし、、、命懸けかも!!!!
誰かぁ〜!!ヘルプミィー。








日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

悩みどころ、、。

とても、悩んでいることがある。
冬の暖房に関すること、、も、であるが、その他に、

宿泊料金のことを、悩んでいる。

私が思う、ゲストハウスの料金は
相部屋(ドミトリー)で、一人、2500円。
個室(ツイン)で、一人3500円(原則2人以上の利用)
ファミリールーム(原則4人以上の利用)で、一人3000円。
*個室、ファミリールームに関しては、利用人数に応じ、割引をします。

京都の相場がそんなもん、、きっと、ゲストハウスってこれっくらいだと思う。
海外に目を向けても、2000円前後から、、。
「ヨーロッパ2000円の宿 」なんて感じの本があり、これを参考に旅したことも、、。
もちろん、インドなんかは300円くらい、、。

まぁ、、インドは参考にならないにしても、やっぱり、ドミトリーで2500円で頑張りたい。

しかし!!!!
ご存知のように、4月から消費税が上がる。
京都のゲストハウスも、相部屋を2800円くらいに上げ始めている、、。
そして、、一番ネックなのは、消費税以上に、稼働率の問題である。

稼働率、、とは、
満室が365日続けば、稼働率100%、、。当然こうなれば、2500円で十分やっていける。

京都、、世界的にも有名な観光地。
どんな時期に行っても、観光客で溢れかえっている、、、、
その京都の稼働率が、70%と聞いたことがある。

さて、、、大山はいかほどか、、、。
悲しいかな、哀しいかな、、30%程度ではないか?と私は考えている。

これでは、到底やっていけない。
正直、、借金を背負ってやって行く私。
支払いものだってある、、、将来のために年金も必要、、。
ペンネームになっている、桃色ステラは私の愛車。この子の、税金もあるし、、、、。
大山寺に住む、皆さんからも、この料金設定ではやっていけない、、と言われている。

一年目の稼働率は10%で計上している。
そこへ経費、光熱費がかかってくる。とうぜん、私のお給料はなし。
それにしても、知名度が低く過ぎる、ほとんど宣伝ができていないではないか、、、、。

HPや、ブログでは宿の紹介をするけれど、
例えば、ジャラン、、楽天、、、、そう言ったところと提携する予定は今のところは不明。
もちろん、知名度は上がるかもしれないが、リスクも高い。
電話やHPからの予約はキャンセル率が低いのだが、
代理店を通したものは、3日前キャンセルが本当に多い。

それに、一人では管理しきれない、、。

電話、メールで、一人一人とやり取りをして、予約をとって行きたいな、、、、。


さて、本題の宿泊料金。
もう少し、考えさせてくださいませ!

そして、あなたの意見も聞かせてください。


0047.jpg

枕カバー以外は、洗濯屋さんに出します。
シーツ、掛けホウフカバー、浴衣、バスタオル、、、
毎日、掛けたり、はいだり、、、、。
水仕事で、手荒れはしますが、この布団の作業が手荒れをひどくします。
枕カバーを掛けるのも困難なくらい、手がボロボロ、、。
職業病、、、でしょうかね。しょうがないです。

洗濯屋さんはこの時期、バギーに乗ってきます。
トラックなら一度で済むのでしょうが、
バギーなので、駐車場から3往復以上して、ようやく一軒の宿が終わる、、。

業者もこの時期大変です、、、。
バギー、モービル、キャタピラー、、これらがあればまだマシですが、
ない場合は、、、、、ソリに荷物を積んで歩いて納品、、。
僻地手当、もらってくださいね、、、、、、。





日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

山陰移住計画進行中。

山の陰と書いて、山陰と呼ぶ。

旅先で、
「島根県人に会ったの始めて!!」
と、喜ばれる。

ある政治家が、
「日本のチベット、、」と、山陰のことを、言ったとか、言わなかったとか、、。

2年連続、美肌日本一になった、島根県。
日が照らず、湿気が多いから、、、、が理由。

東京からJRで、最も時間がかかる場所、、山陰。

なんとも、魅力を感じる、まさに秘境のような響き。
子どもの頃に探検家になりたかった私にとっては、すべてお褒めの言葉。

学生の頃から、都会に憧れることなく、
ずーっと、地元を拠点にしていた私。

子供の頃は探検家で、短大の頃は、自給自足に憧れた。
よくよく考えれば、ちょっと変わってたのかなぁ、、。

旅をして、他所を見れば見るほど、地元が好きに、、、。

でも、私のような歳になれば、ますますそういう思いが強くなるはず。

田舎暮らし、自給自足についていろいろ探していた時に、
ヒットした素敵なHP。

暮らしアトリエさん。

山陰を拠点に、いろいろ活動されている、女性グループです。
考え方にすごく共感。
暮らしを大切に、日々ステキな時間を過す提案をされていますよ。

ほんの数回ですが、イベントやお話会に参加しました。

実は、HPを作っていただけないか、、とご相談中。
きっと、ステキなHPになること間違いなし!!!!!
うーん、、楽しみだなぁ、、、。


で、
タイトルに書いた、山陰移住計画。

一緒に働いている、愛知県出身のSちゃんのこと。
夏は双六小屋働く、正真正銘 山ガール。
縁あって、大山に来て、どうも山陰にハマったみたい。
この頃、真剣に考えてるみたい。

うーん、山陰の良さは来て見ないとわからない。

そして、大山も、、、、。

空気を感じて、光を感じて、色を感じる、、。
五感で感じていただきたいな、、、、、。
きっとあなたも、ハマるはず。


そうそう、なぜ、愛知県からバイトに来ているのか、、、。
私は元祖山小屋バイト。辞めてからも、毎年、北アルプスに出没。
リクルート活動、、、ではなく、山歩きを楽しんでおりました。

そんな縁もあり、私が働くビューハイツには、山小屋バイトが入れ替わり立ち替わり、、、。
広島から、愛知から、岐阜から、京都から、そしてなんと、仙台からも、、、、、。
どうも、山小屋では、私は大山の人事部長と呼ばれているらしい、、。

あ、、夏山小屋で働いた方!冬は大山で働きませんか??????


0045.jpg
おしゃれ女子に勧めたい、
「山陰旅行 クラフト+食めぐり」 江沢香織
Sちゃんもこれを片手に山陰をウロウロ。


0046.jpg
1階のレストランの窓の外。
雪が今年はよく降ります。
只今、積雪2m、、、3m超えるのでは?との話まで飛び出すくらい。
いやいや、、超えるかもしれません!まだ1月中旬ですし、、、。










日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

冬の課題、つづき。

何度か触れていますが、冬の営業を妨害しかねない、問題点。
雪、寒さ、、、。

当然スキー場内の宿でもあるので、避けて通れないこと。

実は、登山や旅のお客向けのゲストハウス、、、と考えていたこともあり、
冬は、出稼ぎに出て、宿は閉める、、と当初考えておりました。

しかーし!!
このあたりの旅館の稼ぎ時、何故閉めるのか、、。


②暖房設備
現在、大山寿荘さんでは、全館暖房をされています。
当然ですよね、、この辺りの旅館はほとんどがそうです。
だって、積雪2m以上、気温だって、マイナスの世界、、、、、うーさぶ。



この辺りを散策されても、見ることはできませんが、
各旅館の地下には、
「地下タンク」なるものが存在。
ガソリンスタンドなんかがそうですね、、ガソリンを保管しているタンクがあるのです。
ガソリン、、ではなくこの辺りでは灯油を保有しております。

お湯を沸かす、暖房に使う、お風呂に使う。

寿荘さんは、定員約20名の小規模旅館です。
それでも、6000リッターの灯油を地下に保有しております。
6000ですよ、、、、。
家庭用のポリタンクが18リッターくらいですか?
今いくらでしょうか?2000円弱、、ってとこ?
多く見積もってリッター100円???

聞くところによると、、
冬の営業だけに、約4000リッターを消費、、、しているとか、、。

ん?ちょっとまてよ。
冬の光熱費、灯油だけで40万近い、、ってこと?????

実は、
これだけが問題ではありません。
この地下タンク、数年に一度検査があります。
そして、今年私が引き継いだあとに、検査日がきます。
で、問題とは、、、、
もう、タンク自体が古く、改修工事をしないと、使用許可が下りないのです!!!
大ピンチ!!!!!!!!

まだその辺り、詳しく話を聞いてはないですが、
私の認識ではそういうこと、、。
とにかく、ドエライお金がかかることは確か。

で、
ずっとずっと考えてはいたのですが、

「地下タンク閉鎖」を決定。

もちろん、素人の私だけの判断ではなく、うちの社長、寿荘さん、
まわりの旅館の方の意見、、、。
いろいろ総合しての判断です。


ん?
じゃあ、暖房はどうすんだ?

4月から、電気配線をすべて工事し直します。
そして、電気で暖を取る!という方向で考えて行きます。
電気ストーブ、電気毛布、電気カーペット、寒冷地エアコン、、、、。
当然、停電した時のことも想定しますので、灯油ストーブやら、湯たんぽやら、、。
灯油は小さなタンクを設置予定。
週一回のガソリンスタンドさんの給油でなんとかまかないます。

将来的にはマキストーブなんて、おしゃれなものを入れたいのですが、
ズボラな私が寒い中、早起きして、火をくべる、、、
考えただけでもできそうにない。

ボタン、ポチッと、ラクして暖か、、、、、。これに限ります。

もちろん、マキストーブはいずれ備えます。
火の前で、皆で語り合う、、、、、私の理想でもありますしね、、、、、。


これだけ話せば、
私が①暖房費を別途いただきたい理由がわかってもらえますでしょうか?

とにかく、自然環境が厳しい中での開業、、。
苦労はつきそうにありませんね。

いいことも、悪いことも、、色々ありますが、
大山と共に歩んで行く人生を選択、、、。

もう、動き出してます。
今さら引き返せませんよ、、、、ガンバレ!私。


0044.jpg
Sちゃんと枕カバーの糊付け作業中。
洗濯した枕を一枚一枚シワを伸ばし、糊につける。
それを干して、乾いたら、アイロンをかける、、、。
なかなか手間のかかる作業です。








日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

苦手なこと。

どうも苦手なことがある。
充電器(電気)を必要とするものたち。

例えば、パソコン、携帯、デジカメ、、、

その他にも、音楽を聴くような小っちゃい機械とか、ゲームをするようなもの。
一昔前なら、ビデオデッキなんかも、、。

必ずと言っていいほど、
使い方を人に聞くのだけど、説明を受けている途中で、意識が朦朧としてくる。

旅をするからこそ、充電するものを持つことが億劫、、、という言い訳もある。

パソコンは持ってはいたが、古いもので、起動するのが遅く、
さすがの私も、時間のない時にはイライラさせられた。

周りのみんなに、説得?され、ついに一年くらい前に、iPadデビュー。
いやー、、今までなんだったの?ってくらい、簡単に利用できる。
持ち運びも楽チン。

とは言え、使いこなしているわけではなく、
相変わらず、メールをすることと、調べ物をするのみの利用。

開業が決まり、
情報を発信するのに、ブログでも始めねば、、、と思い立ったのだか、これが難題。
苦手意識が強いので、説明を見ただけで、意識が遠のく、、。

結局、またまた人に聞く、、
こう言ったことが得意な、私の相棒 K に付きっ切りで教えてもらう。
教えてもらう、、というより、やってもらう。

実は、記事を書くことはするのだが、写真の添付がよくわからない。

で、「この写真よろしく」と言って、K宛に写真を送信。
いつの間にか写真を掲載してくれているのだ、、。
ありがたい。

実は二人三脚でブログを更新中。

そして、この頃、ガラリとブログのデザインが変わったのだが、
これは、山仲間のYさんが、私のブログにログインして、ちょいちょいちょい~っとやってくれている。
「メッセージ送信できるようにしましたよー」
とか、
「カウンターつけましょうか?」
とか、、

というわけで、
三人四脚?

で、もう一人、
写真を色々いただいている、、山仲間のM氏。

実は、旅をしても、山へ行っても、ほとんど写真を撮る習慣のない私。
M氏からいただいた写真を、ブログにアップさせてもらっている。

ということは、四人五脚?

そんな私のブログ、、まだまだ発展途上です。
もっと、読みやすく、わかりやすく、していきますね。


ちなみに、
人生初携帯を昨年12月に購入。
人生初デジカメを昨年同じく12月に友人からいただく。

あ、、、このデジカメに関しては、物語があります。
また、この話は別の機会に、、、、、、。

0042.jpg
会社務め以来の手帳。最初のページだけ、書き込むも、あとは白紙、、。
でも、開業したら、必要でしょ!

人生初の携帯。契約した12月だけ使ってみるも、今月は全く、、気がつけば布団の下敷きに、、。
でも、開業したら、ぜったい使うでしょ!

iPad、、起動が早く、いつでも開いてパッパと使える。
YouTubeなんかも見れるから、動物のオモシロ動画を切りなく見ちゃって寝不足に、、。
明日も5時起き、、早くねな!

0043.jpg
客室清掃中に窓の外をパチリ。
皆さんわかります?この屋根からの雪ズリ。
窓の半分を覆い尽くしてます。
この辺りを、この時期に歩く際は、頭上注意ですよ!!!!
落ちたら、ひとたまりもありません!!!!


日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

冬の課題。

私が開業を目指す場所は、鳥取県西伯郡大山町大山。
県外の方には馴染みのない場所、、、。
大山隠岐国立公園
に位置する大山は、日本百名山にも名を連ねる、名峰であります。

標高は1700m、、
あれ?思ったより低いのね、、、と思われた方、
そうなんです、3000m級の北アルプスなどと比べると、低い山ですね、、。
でも、海抜0から見上げる大山は、まさに名峰。
裾野の広がりが、本当に美しい。
伯耆富士とも言われ、見る角度によっては、富士山のよう、、。

私が買い取る予定の宿のある場所は大山寺。
標高は800ー850mくらいのところ。

夏は涼しく、冬は雪深い。
そんな場所です。

そうです、、冬、、雪深いのです。
多い時には2m以上積雪があり、
数年前には、いっときではありましたが全国一の積雪でニュースになったくらい、、。

来シーズンの冬のことは、今から悩みです。
①暖房費
②暖房設備
③お風呂
④凍結に関する問題
⑤食料調達
⑥屋根の雪下ろし
などなど、、、

一つ一つ解決していかねばなりません。

暖房を使う時期は、早ければ、10月半ばから、そして、5月の上旬まで、、、。
約半年かぁ、、、もちろん、年によって違うと思いますが、、。

その間、①暖房費を別途いただくようになると考えています。
例えば、プラス300ー500円、、、、負担になるかなぁ、、。

そして、③お風呂。
歩いて、3分の豪円湯院さんをご紹介します。もちろん、館内にシャワルームは設けますが、
とにかく、冬はシャワーでは寒すぎる。
温泉代金が500円。
通常700ー(週末)1000円かかりますが、宿泊していただく方に500円で温泉券をお渡しします。

あとは、、②暖房設備、④凍結に関する問題、⑤食料調達、⑥屋根の雪下ろし、など、、。

少しづつ、私がどうしたいか、、書いて行きますね、、。
何かいいアドバイスありましたら、ぜひ、ご連絡お願いしますね。

0039.jpg
駐車場はこんな感じ。宿はここから、歩いて2、3分です。
駐車場は完備してませんので、こちらの駐車場を利用してくださいね。
0040.jpg
ゲレンデまではリフトを使って上がります。
宿から歩いて2分、、、リフトに乗って上がれば、そこはゲレンデ!
0041.jpg
日本海が見えます。弓ヶ浜の海岸線が美しい。
海岸線の向こうは、島根半島です。





日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

縁とタイミング。

人生歩んで行く中で、
縁とタイミングは、本当に大事なこと。

自分が今の人生を歩んでいるのは、自分だけの判断ではなく、
きっと、周りの人との縁だったり、タイミングだったり、、、、
そういったものが大きく影響を及ぼしてるんじゃないかな。
つまり、私も誰かの人生の歩みに、少なからず関わってきているかも、、、。


分岐にきた時、その時の縁で、右か左か、、、、、、。
なんか、そう思うと、一つ一つの行動がすべて意味のあるものに感じてくる、、。

寿荘さんとも、
縁とタイミングのなした技。

ゲストハウスのことは最初は誰にも相談しなかった、、。
頭の中の妄想か、空想か、理想か、想像か、、、、、、自分でもよくわからなかったから。
一時的なことかもしれない、、、ほとぼりが冷めるまで口外しない。
ところが、いつまで経っても、妄想は膨らむばかり。
妄想、、というと病的な感じ、、
でも、病的なくらい、思いが膨れ上がり、頭の中でどんどん世界が広がって行く。

夢は口に出すもの!
と誰かに言われ、少しづつ、口に出すことに、、、。

まずはうちの社長さんが、大山寺にある空き旅館に声をかけてくれることに、、、
そのうち、大山活性会議なるものに、参加することに、、
その時、はじめて、旅館の方々と話をすることができ、
ただのバイトだった私が、大山のこれからについて、語るまでに、、。

参道に温泉ができ、カフェができ、、、
私がゲストハウスを開業した時に、あったらいいな、、、と思うものが次々とオープン。
いいタイミング、、、。

大山寺であたった物件は、5、6軒、、
島根の物件を合わせれば、10軒以上、、。
縁がなかったかな、、、、。

活性会議でお世話になったO氏。
物件の所有者と引き合わせてくれたり、お願いしてくれたり、、、
尽力していただきました。

そして、昨年のある日。
O氏から電話があり、寿荘さんと話をして見ないか、、と。
寿荘さんは営業をされていたので、当初全く考えに及ばなかった宿。
急な話でびっくりしましたが、
あって話をすることに、、、、。

とっても明るい女将さんに、物静かなご主人。
長いこと宿の前を行ったり来たりしていたのに、今まで一度もお会いしたことがなかった2人。

N夫妻は、今後、寿荘をいつまで営業するのか、
廃業し、建物を取り壊し、更地にするのか、、、、、。売却し、手放すのか、、。
実は、これから、先のことで悩んでいらっしゃったよう、、、。
ご主人が70歳まで営業し、それ以降はもうしない、、、
これはお2人の間で決めていたようです。

そうです、
お互いのタイミングが、周りの方の縁をもって、結びつき、
私の夢へ一歩、近づいた瞬間でした。


40歳までと決めていた私、、この話が今年だったら、
もう撤退の決意を固めたあとか、お金を使って世界旅行中だったか、、、。
この冬、70歳になられるご主人。
例えば2年前なら、まだ現役で働いてらして、この話はなかったかも、、、。

縁、タイミング。

あ、、、
まさに、
「寿」

大山ゲストハウス「寿庵」
まだまだ、夢物語、、。

みなさん、応援お願いします。

縁、タイミング、寿。

私の中の流行語大賞だわ。

0038.jpg
駐車場から脱出!!!ようやく車を掘り起こす。
長いこと停めていると大変なことに、、。
ビューハイツ裏のキャンプ場内の小屋に住むK氏は一ヶ月以上は滞在するツワモノ。
時折、町に買い出しへ、、、。
車の救出手伝うので、私を町へ連れてってー!!!











日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

出雲スキークラブさん。

この時期、どこかの県のスキー連盟さんや、スキーチームが大会に参加するために、
大山のスキー場にやってきます。

それぞれ、大山寺の旅館に常宿があり、
毎年必ず、同じ顔ぶれでやって来るのです。

ビューハイツでいえば、佐賀県スキー連盟さんなどが人数で言えば代表格。
もちろん、その他、色々なチームが泊まりにきます。

「お久しぶりですね。今年もお待ちしてました、よろしくお願いします」とご挨拶。
いつもの顔が見えないと、「あれ?◯◯さんはどうされましたか?」
年に一回いらっしゃるお客様でも毎年来られたら、顔は当然覚えます。

食事の時のお好みも、部屋に出すアメニティのことでも、、、。
この方は、こっちの方が好き、、とか、、
浴衣の上に、羽織ものが必要、、とか。

もちろん、全員の好みを覚えるわけではないのですが、
一度注文を受けたものには、次の年は言われなくてもするように心がけています。

ジュニアのチームも泊まりに来ますが、
子供の成長が早い!!!
とうとう、私の背を越したな、、とか、
あ、、声変わり中かな、、とか。

大山寿荘さんの常連さんに、出雲スキークラブさんがいます。
島根県スキー連盟さんも関わりがあるようです。

なんか、縁を感じますね。

私は、お隣、島根県出雲市の出身。

しかも、クラブの代表者は、実家から歩いて数分のところにある、Mスポーツさん。
いやー、、ビックリです。

数日前、寿荘さんに立ち寄った時に、代表者のMさんとご挨拶。
スキーを好きになってもらうように、いろいろなイベントを考えている、、とのこと。

私が、山をもっともっと好きになってもらいたい!!と思うように。
スキーをもっともっと、好きになってもらいたい、、と強く願っていらっしゃいました。

そんなことなら、私も当然お手伝いしたい!!!
冬の営業はどうするべきか、、まだまだこれから、考えて行くので、
かえって、クラブさんの方から提案してただくのがいいかも、、、。
ご近所ですし、実家に帰った時には立ち寄りますね。

冬のこと、、まだ先のことだと思わずに、私も積極的に営業せねば。

0036.jpg
今日のゲレンデ。平日は渋滞、待ち時間なし。

0037.jpg
郵便局までお散歩。
大山寺参道に郵便局が、、、、ありがたい存在です。






日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

寿。

「寿」は、
コトブキと読みます。
動詞なら、コトホグ、、なのかな?
ジュ、とも読みますね。

英語では、
happyというよりも、
congratulationとか、celebrationとかになるのでしょうか、、。

とにかく、おめでたい印象を受ける漢字ですよね。
結婚、、といえば 「寿」 ですもんね。

そういう意味でも縁を取り持つ、、なんて意味もあるかもしれませんね。

大山寺の旅館の中に、寿の字を使う宿が一軒あります。

大山寿荘さんです。

大山寺までの参道沿いではなく、
駐車場から左のゲレンデ方面に歩いて行った途中にある宿です。

木造二階建ての建物で、
客室は二階の6部屋。
一階に食堂と厨房、奥に座敷、、10畳、、でしょうか、、。
地下にお風呂があります。

定員は20名ー30名くらいかな?

第一印象は、山小屋風だなぁ、、、。

寿荘の名前の由来は、ご主人の名前から、、ということでした。
でも、よくよく聞くと、3人兄弟みなさん、名前の中に寿が付いてました。
先代である、ご主人のお父さんが子供の名前からつけたということがわかります。

そして、この寿荘さんの建物は、
もともと廃校になった小学校の廃材を利用して、建てたもの、と聞きました。

ちょっとワクワクしませんか?
柱の一本、一本を大切に、また建物に利用し、命を吹き込んだのですよね、、。

いろんな歴史と、先代の思い、
そして、話をする中で現オーナー夫妻の、寿荘に対する、強い愛情を感じました。

できれば、思いを引き継いで、
名前も残したい、、と思い、
私の未来の宿の名前を考えました。

山と旅の宿
大山ゲストハウス
寿庵(JuAn)


そうです、
この大山寿荘さんを引き継ぐことになりました。


ゲストハウスを開業したい、、と思い始めて、6年、、潜在的には10年近く思っていたかもしれません。
物件探しを本格的に始めてからは、約4年、、。
大山寺では不可能、、
と実は思っていたので、最初は地元島根で探していました。
でも、どうしても大山で開業したい。
10年以上に渡って、四季おりおりの大山の姿をみていたら、
ここでしか、開業しない!!!と決意。
ダメなら地元に帰る、と決めていました。
そして、期限も、、、。

それが、40歳の誕生日まででした。
で、決定したのが39歳の最後の日、、。

うーん、運命ですね。
ウソのような本当の話。


でも、気分はまさに、「寿」でした。


ところで、寿庵の庵の字ですが、
これは実はとても迷いました。
でも、開業の場所は大山寺という、お寺を中心としたエリア。
「庵」の意味を調べると、
質素な小屋、、とか、お寺に関する意味がありました。

「寿庵」
で、今後ともよろしくお願いします。


さて、、もし、40歳までに決まらなかったら、どうしてたか?
実はちゃんと考えていましたよ。
開業に向けて、貯金したお金を下ろし、
世界一周旅行にいく!!
でした。
お金を、パーっと使えば、モヤモヤも消え、心機一転、
新しい職につく気持ちにもなったと思います。

そうです、
大山を去る決意を固めてました。
これも、違った人生で、それはそれで楽しかったかも、、、、。

0034.jpg
軒下のつらら。これはまだ小さいもの、、。
幅30cm、長さ3m級のものを本日、10本、叩き落としました。
Sちゃんのお仕事。当然、終わったあとは「か・い・か・ん」。
0035.jpg
宿の横の谷筋、、。ここをスノーシューで歩くと、、
これまた「か・い・か・ん」。


















日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

旅と私。

旅の話を始めると、止まらないくらい、、いろんな思い出があります。

でも、今日は私の旅の原点となった話を一つ、、、。

二十歳の時に、ワンゲル仲間のYちゃんと一緒に、沖縄へ行きました。
就職前の3月に卒業旅行、、という名目です。

何を思ったか、
沖縄をテントで、、しかもレンタサイクルをして一周回る、
という無謀な計画を立てておりました。

いつものようにテントにシュラフに、ホエイブス、、。
キャンプ道具に鍋に米、、、、。

18切符で福岡へ、
当たり前のように、駅の中で飯を炊き、新聞をしき、ご就寝、、。
3月です、、相当寒かったのを覚えています。

次の日、スカイメイトで割引航空券を求め、空港へ。
格安航空券をゲットして、いざ沖縄へ旅立ちました、、。

ところが、沖縄は一週間の雨予報。
雨の中、チャリンコでの旅は辛い、、
雨の降ってない場所を求め、もっと南の石垣島まで移動しました。

ビーチにテントを張り、移動しながら、島をウロウロ、、。

当然、ビーチでの野営は禁止です。
薄暗くなると、ビーチへ行きテントを設営、そして早朝に撤収。

そんなある日、
一人のおじさんに拾われて、家に転がり込むことに、、。
お風呂を借りたり、ご飯を食べさせてもらったり、、
なんと、観光まで連れてってもらいました。
当時、まだペーパードライバーだった私たちは、
おじさんの車を借りて、石垣島一周までやってのけました。

川平湾に住む、宮ちゃんというおじさんは、
毎日のように旅人を連れ帰り、家でお酒を振舞う、、。
平屋の家の壁一面、旅人の寄せ書きがビッシリ。

旅人と語らい、夢を語る。
二十歳の私には、ものすごく刺激的な体験でした。

宮ちゃんと別れ、竹富島、西表島と移動。
やさしい島の人に車で拾われて、移動、そして、ビーチで野営。

もう一人、旅先で出会ったのが、千葉のKちゃん。
女、二十歳のチャリダーで離島を一人で旅してました。
島のYHAで同室になり、同じ歳ということで意気投合。

彼女とは今でも縁が続いています。
自転車のあとは、バイクで日本一周をしたツワモノです。
彼女は今は一児の母、、、そして、一緒に旅したYちゃんは二児の母です。

この旅をした時は、すでに就職を決めたあと、、、。
もし、このタイミングが前後してたら、、、

うーん、、きっと旅を続けていただろうなぁ、、、、、、、、、。

0033.jpg
宿前のスキー立て。たくさんの板とボードが並んでます。
さすが、連休中日、、レストランも宿泊も大忙しです。








日々のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)