topimage
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ゲストハウス
CATEGORY ≫ ゲストハウス

新しくできたゲストハウス。

昨日のすっきりとした秋晴れが嘘のような今日のお天気。
朝からガスガスで真っ白で雨降りの大山です。

今日の話題は久しぶりにゲストハウスネタで!

飛び込みのお客様は多いのですが、先週の日曜日に、ふらりと入ってきた旅人が、、。
飛び込みでもたいていは電話が一本あるのですが、本当に、ふらり。
山の人でもないし、旅人っぽくもないなぁ、、と第一印象。

でも、実はゲストハウスのオーナーさんだとわかりました。

岐阜県岐阜市にオープンしたばかりの

ホステル マニマニ」さんです。
詳しくはこちらをクリック!

話を聞くとやっぱり旅人、、
ゲストハウスを開業する人はやっぱり旅人なんだなぁ、。
ユースホステルのオーナーさんももともとは旅が好きって人だし、とほ宿のオーナーさんも旅人、。
ペンションのオーナーさんも田舎暮らしが好きな旅人、、のイメージ。
イメージかもしれないけど、どことなく宿を始める人は共通の部分がありますね。

でも、ホテルやビジネスホテル、旅館はどうだろう、、
旅人が開業するって感じじゃないなぁ、、。

そう、
上と下の宿のスタイルの違いって何でしょうか?

上は、旅人、お客さん同士の語らいがある宿。
宿のオーナーとの話が楽しめる宿。

下は、個々が楽しむスタイルで、特に交わりを求めていないもの。

というのが私の見解、、あってる?
ちゅうことは、旅好きは人好きであり、ご縁や出会いが好きな人、、ってことかな?
あってる??

さて、マニマニのオーナーのIさんは、オープンして直後なのに、1ケ月も旅に出てるようです。
私なんかは、旅は封印中(というか今は出かけることより宿が面白い!)です。

マニマニさんには居候?が今はいてくれるようですね。
そう、、ゲストハウスはいろんな形があります。
ビジネスホテルみたいに、
お客さんがすでにどんな宿か想像がつく!なんてことはないですね。
ゲストハウスは行ってみないとわからない!
オーナー次第で宿のスタイルがかなり変わるのがゲストハウスですね!
だから、楽しいんだよね。

「寿庵のようなゲストハウスだと思って別の宿へいったら違った、、」

というお客さんもいました。
ゲストハウスと名乗ってるだけで、決して組合でも協会でもありませんから。
もう、あくまでのオーナーのやり方次第ですね。

海なし県の岐阜からのIさん。

IMG_0446.jpg

シロイカが安かったからといって購入。
ただいま、ワイルドにイカ墨パスタを製作中!

近所の大山バックパッカーズさんも合流し、一緒に夕飯。

IMG_0447_201609280734020bf.jpg
(ビジュアルはグロイ、、でも、味はウマイ!)

バックパッカーズのMさんはかなりの料理好き!
よかった、、私だけでは、目の前の生イカをどうすべきか、、、わからないところでした。
ちゃっちゃっちゃ~とパスタを仕上げてくれました!

そして、
Iさんは、日本全国のゲストハウスをあちこち回っているようで、
境港に新しくオープンしたゲストハウスのことも教えてくれました。

私って知らないなぁ、、。
米子に解放GUESTHOUSE勝造さんがオープンしたときも、お客さんから教えてもらったくらい。
勝造のHさんとは同じ女主人として一緒にゲストハウスを盛り上げていけたらいいな!

そして、Iさんが教えてくれた
新しく境港にオープンしたゲストハウスのオーナーのSさんからメールをいただきました。
ありがとうございます!!!
宿の名前は「ゲストハウス 縁」さんです。
(詳しくはこちらをクリック!)

Sさんもかなりの旅人!
きっと旅好きのお客さんはかなり楽しめる宿のようです!
コンセプトもいいですね。

「「旅慣れていない人やゲストハウスの初心者、女性の旅人が安心して過ごせる空間」を心掛けています。
このコンセプトに共感してくださった旅人が心から満足できるよう、
「安宿」ではなく「旅人の宿」の感覚を大切にしています。」

旅好きには勝造さん、そして、縁さんを拠点に鳥取西部を満喫してほしいですね!!

寿庵は山好きの拠点として、
もっともっと山の情報や、山屋とのつながりを強めていきたいですね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月の大山エリアのイベント情報こちらをチェック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みんなに考えてほしい、山のこと。
「個の時代」、頼りはSNS・・・今どきの登山事情
(詳しくはこちらを読んでみてください。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新登山情報!

山頂小屋勤務のUさんがアップしています!!
伯耆大山山頂小屋Facebookで最新情報をゲット!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎朝5:30にアップ。
その時間の大山寺エリアの様子、山の上の様子、花の情報などを掲載しております!
寿庵FACEBOOK ページは、
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ゲストハウス | Comments(-) | Trackbacks(-)

ゲストハウスが地域観光の盛り上げに乗りだすのは成功か??

先日、地元の山屋さんから、
「大山寺にもう一軒ゲストハウスができるらしいね、、、」
と聞きました。
ここいにても詳細をしらず、、へぇ~そうなんだ、、。
たぶん、もう一軒くらいゲストハウスはできるだろうなぁ、、と思ってたけど、
どうも聞くところによると、来春、大山寺エリアにゲストハウスがオープンするようです。
若い子たちが宿をするのであれば、わたしも頑張らねば!って気持ちになる。
お互い切磋琢磨して盛り上げていかねば!
3年目の私がまだ軌道に乗せてないのに、若い彼らがすぐに軌道に乗せたら、それは私の怠慢に努力不足、、
アクセス悪いからね~なんて言い訳は通用しないってこと!
1人で資金から交渉から資格取得からすべて自力で立ち上げた宿です。
そういう意味では、自分の宿に誇りを持っています!
よーし、負けずに頑張るぞ~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*このブログを書いたのは、実は一週間前、
なかなか、結びが決まらなくほっておいたらリアルタイムなネタに!
よし、今だ掲載するときは!!!

てなわけで、今日も強烈なが~いブログです。
興味ない人はここから先へは読み進めないこと!!!

********

まずはお口直しに、大山の写真。
岡成からの大山ですが、、堤に水がない、、どして?

14285226_1662479107402799_2008291807_o.jpg


先日、旅宿の先輩Sさんから、理想のゲストハウスは作れるのか?の話から、
自分の思ったことをあれこれつづったのですが、
今度は、

「ゲストハウスが地域観光の盛り上げに乗りだすのは成功か??」

についての興味深い記事を見せてもらいました。
詳しくはこちらをクリック!

そうそう、
ゲストハウス運営には、このごろ行政も乗りこんでいる地域がありますね。
地域おこし協力隊とタッグを組んで、古民家などを改装、
そして、地域のコミュニティースペース兼カフェスペース兼ゲストハウス、、的な感じかと思います。
ゲストハウスがはやっているから、、なのかどうかは不明ですが、
若い子たちをそういったことに巻き込むには、いい材料なのかもしれません。
それに、行政のバックアップもあり、資金力もある、、
これは、若い子だけではできなかった夢がかなえられるってことでも一石二鳥!

そんな意味でも、
地域おこし、町おこし、、とゲストハウスは密接な関係をもっている、、というのは私も納得です。

実際、行政がやったところ、そうじゃなくても、
その(地域おこしの)延長線上でゲストハウスを運営している人をたくさん知ってるし、見てきています。
開業時に、おとなり岡山の人気ゲストハウスのオーナーさんの話を聞く機会があったのですが、
まさに、地域おこしをするために、ゲストハウスを開業した、、、、ということでもありました。

きっと、私だって大山寺エリアでゲストハウスを運営していなかったら、
もっともっと行政と関係を持ち、地域のコミュニティースペースとしての役割を担う、、
みないなコンセプトで宿を始めたかもしれません。

ただ、ここは、ほぼほぼみなさんが宿を経営しています。
コミュニティースペースとしての場所をオープンしました~!、、なんていって、
例えばカフェを始めても、ここでは、そんな要素では事業が成り立たないと思います。
つまり、ここでは、宿よりも、カフェよりも、
今現在、必要なのに、うまくいっていない、アクセスの不便さやコンビニの役割を担う場所、、
なんかを解決することの方が、
地域からもお客さんからも歓迎される気がします。
だから、町おこしや地域活性のために!といって、
コミュニティースペースや、、、ゲストハウスを、、、運営、、
なんてのは、大山寺エリアではちょっと難しいのでは?という気がします。

まぁ、、大山はやっぱり腐っても?観光地!です。
(↑このたとえは適切かしら?)
大山寺でいう地域おこしは、つまりは観光産業のこと。
地域観光に乗りだして、町を活性させてなおかつ、自分とこの商売も軌道に乗せよう!
と考えるのが自然の流れ、、、。

私も最初は多少はそんな気持ちがなかったわけでもない、、

「地域に貢献できたら!」

って事業計画書にも書いたような、、、、
もちろん、宿は長年働いていて自分がやりたかったこと、でも、地域が発展してないとお客が来ない!!
だからこそ、地域を盛り上げたい!と考え、
地域の祭りや、活性会議、活性プロジェクト、若者の集まり、女子会、、、、
あれこれと顔を突っ込んでるのも事実です。

上記の記事にも

地域観光の盛り上げに乗りだすのは成功か?

なんてタイトルで結構手厳しく書いてあるけど、
ドキっ!正直、図星だわ~ん。
と思う宿主はたくさんいると思うなぁ、、、。

私も宿経営の3年目に突入して、
地域おこしと、宿の運営を両立させることは難しい、、、ということに正直気づいてきています。
(私みたいにあれこれ器用にできないタイプは特に!)
いくら、地域の祭や会議に出席しても、
それが直接、寿庵の集客に結びついている気は今のところほとんどしません。
もちろん、自治会員であり、観光局会員であるので、地域のことを考えるのは当然のこと、、
でも、私が商売としてもっと重点に考えるのは、宿に来てくれたお客さんに、できることを、精一杯する、、
宿内で私ができる限りのことをしてあげて、
宿の質を上げる方が、周辺の環境整備に私が乗りだすよりも、着実に集客ができることなのかもしれない。

上記に添付した記事に書いてあることを抜粋します。
(かなり辛口記事ですが、彼のいうことは、かなり的を得ていますね)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

都市圏じゃないと家賃が安いので、なんとなく惰性で続けられそうな気がするけど、
実際稼働してみると色々経費がかかるし、オーナーに実入りが少ないのが現実。
ベッドの稼働率を少しでも上げるのが急務になるのだが、
そのためには地域の観光施策におせっかいせねば…!となってリソースが分散する。

このあたりの「見極めとフォーカス」は、大変高度な経営スキルなのだが、
「地域を盛り上げたい」「楽しいことしたい」という宿主にはけっこうなハードルになる。
ここが分水嶺となって、2〜3年以内にゲストハウス淘汰が始まるのでしょうな。

地域でビジネスを成功させる秘訣は、志(こころざし)やデザインセンスもあるかもしれないが、
やっぱり至極スタンダードな「経営スキル」なのだと思う。
やることに優先順位付けて、とにかく利益出す、的な地味なヤツ。

(中略)

となると、70%稼働でようやくギリギリビシネスっぽくなる。
しかし、観光名所でない場所で70%稼働はけっこう難しい(特に平日)。
その稼働率を上げるために、地域の観光のパイを増やそう!という発想がいちばんの罠。

宿のアメニティを充実させたり、掃除を徹底的にやったりして
宿としての格を上げていったほうが急がば回れで効果がある、、、。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だってさ、、、
あ~、、頭が痛いわ、、。
稼働率70%ね、、
都会のゲストハウスがインバウンド(海外)のお客の取り込みに成功し90%以上だから、
ビジネスとして成り立つんだろうけど、、
寿庵はよくって20%、ひどい月は10%切ることもざら、、。

てことは、寿庵は今現在、ビジネスとしてまったくもって成り立ってないってことなんだよね、、。

ふ~ん、、
先日の理想のゲストハウスは作れるか、、で、作れる!と豪語した私だけど、、
なかなかハードルが高いわね、、(涙)

そして、前回のブログ、理想のゲストハウス、、の記事を書いた宿のオーナーさんが、

「繰り返しますが、強く感じるのは「理想のゲストハウスは作れない」ということ。
なぜなら、「資源が限られているから」。
資金が潤沢にある訳でもなく、物件の間取りが必要な要件を満たすほど広大な訳でもない。
限られた資金の中、限られたスペースでゲストハウスを作らなければならない」

そう、、私もまさにそれ、資金からすべて一人でやっている以上、限界があるんですよね。
そういう意味では、大手が入りこんだゲストハウスや行政が介入したゲストハウスには太刀打ちできない!

理想はあれこれあるけど、
最終的にはやっぱお金なんかなぁ、、もっと経営について、勉強しないといけないのかねぇ、、
なんか世知辛い世の中だねぇ、、、。
宿で雇われて働くのが、なんだかんだ言っても幸せなんかねぇ~。

経営とか、地域活性とか、、
ド素人が一人で立ち上げたゲストハウスはいろんなことに惑わされたり揺さぶられたり、
でも、ゲストハウスである以前に、快適な居心地のいい宿であることが最も大切。

周りがどうであれ、どうあれこれ言おうとも、

快適に過ごせました、、大山をめいっぱい楽しめました、、、
そして、寿庵に泊まって良かった、、

といってもらえるようにすることがまず私が一番にすべきことですね!

誰が何と言おうと私にとってはやりたい理想の宿をやってるもんで、
よしとするか!
(いっつも結論はこれよね、、結局、開業時から自分の考えは変わんないね、、)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年はやります!
10月29日(土)
寿庵きのこの会
詳細は先日のブログへGO!

次回は11月19日(土)にきのこ観察会を予定しております。
今回無理でも次、興味ある方はぜひともご連絡くださいませ。
お待ちしております!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然観察会に歴史探訪、ワークショップ、スノーシューイベントなど。
自然歴史館さんでは、けっこうおもしろい企画が盛りだくさん!

詳しくはイベントカレンダーをチェック!!

こちらも面白い企画が盛りだくさん!
プロのガイドさんのセレンさんです。

詳しくはこちらをクリック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月17日(土)

10:00~少雨決行
大山!初秋の大試食会が道の駅大山恵みの里にて開催します!
(大山寺エリアより車で25分です)

開発中の新商品や新メニューを試食いただいて、ご意見をお聞かせください!!
先着300食(無料)
たこやき、紅茶、味噌メンチカツ、らーめん、ドーナツ、、、
もちろん販売コーナーもありますよ。

詳しくはこちらをクリック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年もあります。
社会実験!
10月29日(土) 大山環状道路マイカー規制

詳しくはこちらをクリック!!
*公共交通機関で来るお客様にはお勧め!るーぷバスと組み合わせて、大山をぜひとも満喫してください!!

大山るーぷバス

詳しくはこちらをクリック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若い力がすごいです!!
大山寺エリアでもっとも活動的な (株)さんどうさん のニュースはこちらのHPをクリック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月まで(11月いっぱい)の予約を受け付けています。
秋の紅葉をお考えの皆さん!
早めの予約をよろしくお願いいたします。

ご予約はこちらをクリック!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みんなに考えてほしい、山のこと。
「個の時代」、頼りはSNS・・・今どきの登山事情
(詳しくはこちらを読んでみてください。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新登山情報!

山頂小屋勤務のUさんがアップしています!!
伯耆大山山頂小屋Facebookで最新情報をゲット!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎朝5:30にアップ。
その時間の大山寺エリアの様子、山の上の様子、花の情報などを掲載しております!
寿庵FACEBOOK ページは、
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
ゲストハウス | Comments(-) | Trackbacks(-)

なぜ理想のゲストハウスは作れないのか?

たまには、ゲストハウスのことについて書いてみるかな、、。

写真もなく、やたらと長い熱い(暑くもあり、厚くもある!)ブログですので、興味あれば読んでみてください!
くどすぎて、自分でも何がいいたいかわかんない文章になったけど、
誰よりも宿に対する暑苦しさ?は負けてません!

14191445_1584042138565032_470546723_o.jpg

まずは、山の上からの美しい風景を!
ここらか先は一気に読み進めてくださいませ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここ数年、ゲストハウス開業ブームですね。
そう、「開業」ブームなんです。

需要と供給がどうなのか?

やっぱりゲストハウスの「利用」がブームってのは、都会だけの話で、
なかなか田舎で開業している人たちにとっては、苦戦中の方も多いですね。
もちろん、
田舎とはいえ、いろんなアイデアと努力で、人気のゲストハウスもあります。
と思えば、結論は、

ブーム(稼働率が90%をこえる)を感じてる宿は、都会の立地のいい場所で、
その他、地方で人気のゲストハウスはかなりの努力を持って、集客してる、、という感じかもしれません。
(↑私の勝手な解釈です)

だから、ゲストハウス自体がブームってわけじゃなく、
ゲストハウス開業ってことがブームなんだって思います。

ここで、補足ですが
宿が足らない!ってことで民泊の緩和政策など、取りざたされてますが、
全国の問題じゃなく、、都会の一部で宿が足らないだけの話、、。
ここの緩和政策を間違えると、廃業に追い込まれる宿がでてくるのでは?と危惧しています。
私みたいな、貧乏旅行人にとって、民泊緩和はうれしいこと。
でも、本気で商売してる宿屋にとっては気が気じゃない問題!
じゃあ、宿屋は宿屋で努力して、集客すればいいじゃん!と思うけど、
民泊には金銭面で太刀打ちできない部分も、、
本気の宿屋はなんだかんだ言っても、あれこれお金がかかってるんですよ、、、(涙)
(ここでいう本気の宿屋は、宿泊許可を取っている宿のことです)



先日同業者のSさんからメールが来ました。

「なぜ理想のゲストハウスは作れないのか?」

ということに関する面白い記事を目にしたからとのことです。
記事はこちらをクリック!

この方のブログはかなり鋭い視線でゲストハウスのことについて切りこんでいます。
結構面白い!(←たまに読んでみることが、、)


さて、タイトルの「なぜ理想のゲストハウスを作れないのか?」です。
これって、別にゲストハウスだけに限らないですね。
雑貨屋さんを開業する、、パン屋さんを開業する、、カフェを開業する、、、、
なんでもいいんですよ。

なんでも、自分がやってみたいことをやろうとしたときにかならずぶつかる問題だと思います。

このブログの著者は下記のように結論付けています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結果はすべて、開業後のゲストの評価と事業成果で分かります。
ゲストのレビューが例えば
「シャワーの数が多くて良かった。」や「共有スペースが広かった」などの高評価でも、
その結果ベッド数が少ないことによる「赤字」で事業の継続が困難であれば失敗だし、
その逆で設備不足でレビューが低評価でも「黒字」になるだけの集客が可能であれば成功と言えるでしょう。
(少なくともぼくにとっては。)

ゲストハウスつくるのって、難しいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寿庵はどうなのか?
私だっていろんな理想と夢があり開業しました。
理想ってのはあくまでも理想(理想っていうか私の場合は限りなく妄想に近い)で、現実ではありません。

開業してみたら思う通りにならない部分がたくさんありました。

頭の中に描いている理想の宿は、もっと山小屋っぽい作りにしたい、、、
お客さんにもっと快適に過ごしてもらいたいから、設備をもう少し改善したい。
周辺に飲食する場所が少ないから、
カフェ営業みたいなこととかお酒をもっと楽しめるようにバーみたいなことができたらいいな、、
山へお客さんと行くようなツアーを企画したいな、、、
各登山口までの送迎サービスとかしたいな、、、
観光へ回ったり、寿庵を拠点に出雲大社くらいまでは連れてってあげたいな、、とかとか、、。
言いだしたら切りないくらい理想(妄想)はあります。

でも、これらは、資金面が立ちはだかって、今現在乗り越えられない部分であります。

自分の100%は、今すぐには無理、、。
そう、、今すぐには、、、
今はできなくっても、将来はできる可能性はあるんですよね。
もちろん、資金面や人手の面をカバーできたら、できるっちゃできる。

私の場合は、ずーっと先の将来ですが理想のゲストハウスを作ることは可能だって思います。
まず、立地は理想通りの場所で開業しているので、これ以上何も言うことはありません。
商売や集客のことを考えて開業するのであれば、
駅前とか、人の動きの多い都会とか、今人気のエリアをしっかりリサーチして、開業すればいいわけで、
年々廃業する宿がたくさんある大山寺エリアであえて、開業するなんて、
なんで?
って人もいたかもしれないです。

正直、私は開業したときに、現実はほとんど見ずして、理想だけで開業しました。
ただ、大山で、「山と旅の宿がしたい!」
それだけで、つっぱしったんです!

だから、、繰り返しますが、、
そこんとこで、資金面につまずき、設備をこれ以上早急に改善することができない、、という現実。

でも、今の集客ペースがつまづかず伸びていけば、いずれ解決するはず!
(できる!って信じてるからこそ、、解決できると思ってるんです!強気だわぁ、、)

というより、
設備よりも、周りの環境(大山という山の魅力)で集まってくるお客さんが増えれば、
設備面での不具合もカバーできる気がします。
(↑寿庵がターゲットにしている客層は、山屋と旅人で、
設備のことをうんぬん言うような客層ではないんだよね~)

ただ、
寿庵でカフェ営業、、ってのは妄想の域を超えずに、現実的ではない。
だって、自分が心からやりたい部門ではないので、そこんところは難しい。
でも、これは、別に自分がやんなくてもいい部門。
(↑料理好きなら考えるけど、嫌いなもんでね、、、、、、)
どこか近所で誰かやる気のある人が開業してくれたら問題解決。
誰かやんないかな~?

観光するってのは、自分も楽しいから、ここの部分は仕事って感じじゃなく、
友達を案内してる感じで、気分はプライベート。
(観光、送迎はお金をもらってません。できない時だってあるし、これはあくまでも、
プライベートでしてるだけ!お金をもらうと仕事としてやるべき業務になっちゃうので、、、)

まぁ、、この辺も、周辺地域全体で解決策があれば、別に私一人で解決しなくっていい!

そう、
大山寺エリア、、今はさびれてますが、やっぱ鳥取県を代表する観光地の一つです。
幸いそういった環境で開業してるので、
地域全体で盛り上げていけばいいわけじゃん!
カフェにしても、観光にしても、
大山寺エリア全体でカバーしていけば、お客さんの満足度は劇的に上がるはず!

うちだけで、お客さんを全部囲い込むなんて欲を出さずに、苦手分野は任せるべきですね!

と思えば、
理想の宿に近づかせやすいんじゃないのか??

でも、
一番、寿庵が「理想の宿をできる」気がする理由の一つに、

「ターゲットの絞り込みに成功している!」

ことじゃないかなぁ、、、。
そう、ここが重要!
あれこれ、大手の予約サイトを利用せずに、開業当時から、自社HPからの集客と口コミにこだわった結果。
山の宿、旅の宿にこだわって、客層を山屋と旅人に絞ったこと。
安宿だから、、という部分を前面にアピールしないHP作りにこだわったこと。
(今現在は、自社以外に、2つ使ってますが、山の宿であることをアピールしてるので、
客層にブレは生じません!)

五つ星のレビュー(口コミ)を書いてもらおう!
と思えば、設備の改善から、サービスまですべての分野において、
すべてのお客さんが満足してもらわけなければならない。
そうしないと、
万人受けする宿は作れないし、五つ星レビューはもらえない。
(私が知る宿でここをカバーできてるのは 近所では 大山バックパッカーズさんくらいなんだよなぁ、、、)

寿庵は万人受けする宿ではないので、ターゲットを間違えると、苦情になってしまうことは明確。
だからこそ、絞り込んでいるんです!
(自己防衛本能作動中)

収入、、に関していえば、まだまだだけど、一人でやってるので、何とかなってる感じ。
スタッフを雇わない理由には、
まず給料が払えないってこと(自分の給料もないのにね、、、)!!

じゃあ、無給で働くヘルパーさんを雇えば?
といわれるけど、
予約の管理から、お客さんを送りだすその瞬間まで立ち会いたい!って気持ちで開業してるもんで、
人に任せる気がさらさらない、、、
それに、ヘルパー雇うほど忙しくはないんだなぁ、、、。

長いこと、宿で働いていて、感じたことは、
予約を受ける、受付する、接客する、見送りする、、、そこまですべて出来てようやく、
自分の大事なお客様を、こころからおもてなしができた気がするんじゃないのか?って思ったから、、、

だから、自分で宿をやってみたくなった、、んです!!

16年も旅館で働いてたんです。
生半可な気持ちで開業はしてません!!

ただ面白そうだからやりたい、、って思って開業したわけじゃなく、
絶対やりたい!って思ったんです。

経営したいっていうわけじゃなく、自分で全部対応したいんです!!
(↑経営しなきゃいけないけど、そこんとこ問題!!)

あぁ、、、力説してしまった!!

ま、なんだかんだ言っても、
理想の宿をすると経営部分に難ありってことは否めないなぁ、、、。
だから、(このブログの最初に取り上げた彼です!長すぎて忘れた?)の言うことは図星だったりする!

もし、私が経営者だけの立場で、寿庵の数字(利益)だけを見て判断してたら、

「なんとかならんのか!?(怒)」

ってことになりかねない!

でも、自分が一からすべて携わって、懸命にしている中での数字であれば、それを真摯に受け入れ、
で、どうやったら改善するのか、、
もっと真剣に思って、よりお客さんの立場に立って物事を考えられるようになり、
それが、理想の宿をつくる一歩につながると思うけどな、、。
(だから経営者だけで数字だけ見てるような奴は嫌いだ!)

なんだかんだ、長くなったけど、結論は、

「理想の宿はできる!」と信じることが、「理想の宿を作れる」ってことだって思うわ~!

なんだよ、、結局、妄想野郎であることが大事ってことだよね!
あぁ、、よかった妄想が激しくって!
妄想が理想であり、妄想はいずれ現実になるんだわ、、
その妄想を信じてやまない私は単純に幸せもんだわぁ、、。

ん?
で結論はなんなんだ??

理想の立地で、理想のお客をすでに獲得している寿庵は、ただ単純に、目の前のお客さんに対して
一生懸命に対応してあげて、喜んでもらう、で、次来てくれた時に、友達を連れてきてもらえて、
数字が倍々に増えて行くようになれば、それはもう理想の宿になってるんじゃないかな??

そうだ、思い出した!
以前、地域の勉強会で学んだ言葉、

お客さんから、

「来てよかった」
「また来たいね」
「誰かに紹介したいね」

といってもらえる宿が、自分にとってもお客さんにとっても理想の宿の原点な気がしますね!

何だ単純!
よーし、そういってもらえるように今日もがんばるぞ~!!
(とうぶんお客さんがないんでね、、強がってますけど、、(涙))

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月17日(土)の

大山歴史散歩「大山寺阿弥陀堂と座禅体験」です。

参加費昼ごはん付きで1500円
8月27日~9月10日が申込期間です。

上記いずれも電話での申し込みですよ!
0859-52-2327まで!

自然歴史館さんでは、けっこうおもしろい企画が盛りだくさん!
詳しくはイベントカレンダーをチェック!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大山るーぷバス

詳しくはこちらをクリック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若い力がすごいです!!
大山寺エリアでもっとも活動的な (株)さんどうさん のニュースはこちらのHPをクリック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月まで(11月いっぱい)の予約を受け付けています。
秋の紅葉をお考えの皆さん!
早めの予約をよろしくお願いいたします。

ご予約はこちらをクリック!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みんなに考えてほしい、山のこと。
「個の時代」、頼りはSNS・・・今どきの登山事情
(詳しくはこちらを読んでみてください。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新登山情報!

山頂小屋勤務のUさんがアップしています!!
伯耆大山山頂小屋Facebookで最新情報をゲット!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎朝5:30にアップ。
その時間の大山寺エリアの様子、山の上の様子、花の情報などを掲載しております!
寿庵FACEBOOK ページは、
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
ゲストハウス | Comments(-) | Trackbacks(-)

鳥取県に新しくできたゲストハウス。

大荒れの大山です。
先週末に大風大雨でひえぇ〜!って感じでしたが、今日もまさに同じ。
朝から徐々に強くなり出して、暴風雨に、、。
今日は会議が数本あり、宿周辺をウロウロしてましたが、
風に押されて、常に小走り(小走りしてるつもりはないけど、勝手になる!)、、
大山の風は18年経験してるので、慣れっこなんだけど、寿庵に移ってからは、やっぱり私の大事な家。
保険に入っているものの、あれこれ心配になります。

この強風でガラスが割れたらどうすればいいの?
屋根がぶっ飛んだら?
車がぶっ飛んだら?
何か飛んで来てぶつかったら??

と、不動産を所有するとあれこれ心配事が、、、
小心者で貧乏性の私は、常にビクビクですね。

………………………………

写真がなく、活字ばかりの相変わらずのブログ、、、すみません。
面白くなくって、、。

………………………………

さて、2日ブログはお休みさせていただいてましたが、
とっても満喫のプライベートを過ごしました。
まぁ、、何を食べた、何を観光した、、、ということは本当にプライベート旅ですので、
掲載は差し控えさせていただきます、、、なんて、これも、お客さんへアドバイスできるであろう場所なので、
小出しに紹介いたしますね。

実は、鳥取県に2軒、新しくゲストハウスが開業したのですが、そちらへ行っておりました。

しかも、同じ女性オーナーで、ワタクシの故郷 出雲市で昨年開業の 「ゲストハウスいとあん」さんと、
これから大山町で宿をオープン予定のY ちゃん(こちらは詳細がわかり次第 ご紹介します)と、
個人事業主 女3人旅 のために宿をおやすみしておりました。

すみません!留守中に訪ねて来た方があったようですが大変申し訳ありませんでした!!!

まずは、
鳥取市にオープンの 「 Y 」さん。
湯梨浜町にある、「たみ」さんの支店になりますね。たみさんは、鳥取県で一番最初にオープンして、最も人気のある宿じゃないかなぁ、、。

私の思い描く、ザ・ゲストハウス な感じです。
(あくまでも、私の見解です)
手作り感満載なのですが、その手作り感がうちみたいな行き当たりばったりな感じでなく、
計算されたスタイリッシュな、とってもおしゃれな空間を作り出し、
それでいて、居心地もいいゲストハウスです。
若い子達が夜遅くまで、お酒を飲みながら おしゃれな音楽を聴き、
寿庵にはない、なんだか都会的な雰囲気でした。
寿庵にゲストハウス目的の若いお客様がときおりいらっしゃるのですが、
きっと Y さんや、たみさん のようなイメージを持ってるんじゃないかなぁ、、、
と思うと申し訳なく感じてしまいます。

寿庵はおしゃれではありません!
HPがおしゃれすぎて時々、お客様に申し訳ない気分になるのですが、
とりあえず、大山の美しい姿のお陰で、館内の印象は薄れて、
きっとお帰りになったら、山のことしか覚えてないと思われます。

寿庵は消灯が早いです!
オーナーが夜行性ではないからでしょうけど、夜がかなり苦手!
でも、朝には強いので、日がくれたら寝る、日の出とともに起きる、、
という原始的な生活を体験したい若者がいたらオススメの宿です。

話がそれましたが、Y さんは 駅近くの大変便利な場所にあります。
歩いて行ける範囲に、商店街もイオンモールも、あのスタバも、定食屋だって、
銭湯も4箇所あって、しかもレトロないい感じ!
22:00、24:00まで営業なので、時間を気にせず利用出来ますね!!!
もちろん、Y さんには、
カフェスペースもあるので、飲食も楽しめます。
当然ゲストハウスなので、キッチンもついてます。
鳥取市方面へ行かれる場合は、ご紹介しますね。

そして、
寿庵のある大山の裾野の町、鳥取県では大都会の米子市にオープンした 「 解放ゲストハウス勝造 」さんへ。

古民家を改装した、素敵なお宿でした。
複合施設になっており、レンタルスペース、ギャラリーなどが入っていて、楽しい雰囲気。
その2階を利用しての宿なんですが、ここは私の好みの空間。
ちょっと、ワクワクするような建物で、館内を探検したい気分になります。
昔ながらの鰻の寝床風の建物なので、間口は狭いが奥にずーっと長い。
駅から近い便利な町中なんですが、そこだけタイムスリップしたような異空間でした。

そして、女性オーナーで一人で切り盛り!
私と一緒ですね。一人の苦労がよくわかります。
7年近く前から開業したかったようで、ずーっと夢を追っかけて頑張ってたようです。
私もそう、約7年かかりました。
実は彼女と10歳離れてるので、ちょうど今の勝造オーナーさんが開業した歳に私は夢を見始めてますね。
歳は違えど、きっと似たような感性を持ってるんじゃないかな?って気がします。

「ゲストハウスをやってみたいんです」

と、開業してから多くの人に言われました。
決して難しくはないですよ!誰でもできることですよ!
だって私が出来たくらいだもん!!

もし、今後、開業を夢見る人がいたら、いくらでもアドバイスしますよ!!

それにしても、勝造だなんて、渋いネーミング!
たしか、おじいさんの名前って聞いた気がします。

みんな、それぞれ思いがあっての名前です。
名前の由来を聞くのもきっと、面白いかもしれませんね。

それにしても、宿を紹介している割には、写真がない!!!!
完全にプライベート気分で、写真を撮ってなかった、、、私、基本的に仕事で写真を撮りますが、
プライベートではほとんど撮りません。
これじゃ、紹介にならない!!

というわけで、わかりやすいサイトを紹介します。
寿庵にも来てくれたことのある Sくんのサイトです。

とっとりずむ」こちらで紹介されてますよ!!

Yさんの情報もやっぱり、「 とっとりずむ」です。

そういや、Sくん、以前 、

「仕事が決まった!」

と報告に来てくれたことが、もともとはゲストハウス好きな若者で、
これから先どんな風に進むのか、人生の先がまだ見えない感じでした。
大山町の仲間と出会い、ご縁が繋がり、
そして、今では正式に就職し、役場の定住促進の方の担当をしているようですね。

きっとゲストハウスがキッカケで世界が広がったという一人だと思います。
私もそうです。旅先や宿での出会いが人生に大きく影響しています。

そんな風にゲストハウスで日本中を回り、何かを見つける若者がどんどん増えると、なんだか、嬉しいですね!

若者、、、、
あ〜、、え〜っと寿庵では、どちらかと言えば年齢層高め、、、
え〜っと、私がゲストハウスと名前をつけたから、中には勘違いをされてる方も、、
ゲストハウスは決して山小屋ではありませんよ!寿庵だけが山小屋っぽいんだと思います。
なので、寿庵はまた違うタイプのゲストハウスです。
まぁ、、、、泊まって見たらわかりますよね。

夜早く、朝早い、限りなく山小屋に近いゲストハウスですので、改めてよろしく!!!


あ、そういやSくんに就職決まったときにおごってあげたけど、覚えてるかなぁ、、
出世したらおごってね!って約束してけど、、、忘れてるよね、、

わたしゃ顔を見るたびに思い出すわ



結局、山の写真で落ち着くブログ。
大荒れの山頂小屋で滞在中のUさんより。
さすがに今日は一人しか合わなかったようです。
ですよね、、歩いて見ても大山寺エリアの関係者以外見なかった気がしますね。
観光地じゃなく、これじゃほんとに、ただの集落ですね、、(涙)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月末までのご予約を受け付けています

*ちょっと要領の悪いオーナーのために、空室カレンダーの管理が追いつかない場合があります。
電話で確認したら空きがあることも!!!直接お聞きください!

宿泊予約の方はこちらをクリック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月20日(水)の
登山情報!

大山ガイドクラブさんの情報提供 ヤマケイオンラインへ。
*更新されてない場合もありますので、日付を確認しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛鳥週間写真展

「大山の仲間たち」と題して、野鳥、昆虫などの写真展が開催されます。
4月23日(土)〜5月15日(日)ですよー。

で、春の野鳥観察会や自然観察会が5月にありますよ!
詳しくは、こちらをチェック!!

…………………………………………………………………………………

寿庵FACEBOOK ページ♩
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
ゲストハウス | Comments(-) | Trackbacks(-)

「いとあん」さんと「FBI」


台風は、、どこへ?
網戸を外し、植木を中へ。
お客様にキャンセルを促し、台風に立ち向かうために準備万端、、、
だったんですが、、。

おや?
これじゃ、、いつもの低気圧通過よりも穏やかなのでは?

雨は相変わらず降り続きますが(ときおり激しく降ります)
風がほとんどありません。
(あるけど、いつもの大山の暴風と比べるので、、ほとんどない、、というレベル)

この辺りは大きな被害がなくよかったです。

でも、他県では、被害があったようですね。
これ以上被害が拡大しないように願いたいです。



連休初日の明日はどうなるのだろうか、、。

台風一過に期待して、
回復して欲しいですね。

…………………………

さて、タイトルの「いとあん」さんは、昨日ブログにご紹介した、
出雲市の駅近くににオープンしたゲストハウスさんです。

オーナーのSさんは、珍しく地元が出雲、、という女性。
珍しく、、と書くとおかしいですけど、
ゲストハウスのオーナーさんって、旅が好きで、旅で回って気に入った場所へ宿を開く、、
そんなイメージを持ってました。

私も出雲出身。
じゃあ、今、大社さんの遷宮で賑わう出雲で開業したかったか?
と聞かれたら、
地元過ぎて、その発想がなかったかもしれません。

大山が好きだから、、
ただそれだけ、
大山の、しかも大山寺エリア、、登山口で開業したかったんです。
別の場所であればしてません。

そう、、
いとあんさんは本当に生まれ育った出雲で開業された、、
地元愛溢れる若き女性です。

宿のみならず、地元の活性に、尽力もされています。

わたしも、
大山寺の活性に、尽力している(つもり)!

どうしたら、よくなるのか、何をしたら、大山寺が盛り上がるのか、、、。

宿の仕事、地域の活性、
これは、切っても切れない関係性。

地域の活性なくして、宿の営業はできないのかもしれません。

女性同士、話はつきませんでしたね。

ってなわけで、
連泊のSさん。

IMG_5905.jpg


そこへ、大山町地域おこしのDも加わって、話(夢)はどんどんと膨らみます。
お酒を飲みながらSさんの作った鍋をつつく、、
ほんと、話がつきない、、、
いい刺激とアイデアと、わたしも、インスパイアーされました。

みんな、頑張ってるな、、、

田舎が、そして地元が、、自分の好きな土地が、
やっぱり、よくなって欲しい。
そして、そこでビジネスもきちんとできて、生活がうまく回って行く。
みんなの、理想の形なのではないでしょうか?




さて、「FBI」とは?

まぁ、とっさに思うのは、連邦捜査局ですよね。

この頃お客さんに聞かれるFBI、、
実は、「ファーストクラス・バックパッカーズ・イン」通称「FBI」なんです。

今日、台風の中(あんまり荒れてなかったので)
3人で様子を見に行って来ました。

雨の中だったので、外観を取らなかったのですが、
めっちゃオシャレな、キャンプ場、、、というのでしょうか?
海外でみたような、かっこいい、オートキャンプ場、、というのでしょうか?

広大な敷地の中に、テントやロッジのようなものが点在していました。

そして、

IMG_5906.jpg

おっしゃれ〜。
なんか、鳥取じゃないみたい、、、そんな気になれる素敵なバー。
もちろん、ランチもできました。

面白いものがどんどん出来ますね。


私も、みんなから
「面白いスポットが大山寺に出来たね!」
と言ってもらえるように、工夫しながら頑張っていこ〜!

…………………………

IMG_5901.jpg

さて、洗浄機の代わりにやって来たのは、
錆びだらけだった、流し台。

半日近く磨いて磨いて、
ようやくピカピカに!
連休前に、間に合ってよかった〜。

IMG_5909.jpg

あ、、でも、作業台がなくなっちゃったので、
連休明けに、何か探して来なければ、、。


ちょっとずつですが、リフォーム(?)中です。

ちゃんと、利益が出るようになったら、
もっともっと寿庵をよくして行きたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒメボタルが出て来ていますよー!

ちっちゃなちっちゃなヒメボタルが光っていますよー。
あんまり遅くなると光らないようで、
夕方以降、暗くなってすぐくらいが見時のようですねー。

山頂でのヒメボタルは全国でも大山が初めて!
生態調査が行われているようですね。

暗い中での登山になります。
装備、そしてマナーを守って、登りましょうね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お願い!

寿庵のFacebookに山の最新情報をできるだけ載せたいので、
山頂(弥山)・ユートピアの様子を是非とも教えてください!
気温、虫のこと、花のこと、、、
是非とも、大山大好き山仲間との情報を共有させてくださいませ!

……

7月13日(月)の

登山情報!

大山ガイドクラブさんの情報提供 ヤマケイオンラインへ。

*更新されてない場合もありますので、日付を確認しましょう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大山るーぷバス

公共交通機関でいらっしゃるお客様へ、お勧めです。
米子駅からの往復も「るーぷバスの1日券(日帰り)・2日券(お泊り)」がお得!!

詳しくは、こちらをチェック!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宿泊予約の方はこちらをクリック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寿庵FACEBOOK ページ♩
https://www.facebook.com/juan.guesthouse

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
ゲストハウス | Comments(-) | Trackbacks(-)